東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 23日

夏の水やり

きょうは二十四節気のひとつ大暑。
夏の盛りを迎え、うなぎが食べたくなる頃だ(笑)。

庭主はすでに夏バテ気味なのだが、ベランダの植物たちは暑さにめげることもなく、とても元気にしている。

それはボクがきちんと肥料を施し、害虫を退治し、こまめに花殻を摘んでいるからだ。
でも、生き生きしているいちばんの理由は水やりだと思う。

今年の夏、水やりはしゃがんでおこなっている。
その方が株元にしっかりと水をやれるし、鉢の乾き具合や、根の張り具合を観察して、
ひとつひとつの鉢の状況に合わせた水やりができるのだ。

たとえば、子どもと話をする時、しゃがんで目線を合わせて話をするように、
植物だってちゃんと向き合って、植物の声を聞きながら世話をして欲しいに違いないと思うのだ。

水は鉢底から溢れるまで、たっぷりと与える。
とくに夏場はこれが鉄則だ。
中途半端だと、夕方にしおれてしまう植物が多くなる。

高い位置からの水やりだと鉢底から溢れているのか、
こぼれているだけなのか、判断がつかないことが多いのだ。

去年の夏、ボクは朝晩2回の水やりをしていた。
でも、今年は朝の1回だけで植物たちはいきいきしている。

ボクは水やりのコツをつかんだ気になっている。



今日の収穫。
ブルーベリーとプチトマト少々。
f0160063_16260518.jpg
f0160063_16261064.jpg
イチジクとゆずはずいぶんと大きくなってきました。
f0160063_16261699.jpg
f0160063_16262111.jpg
こちらはカボチャの花と沖縄スズメウリの花。
f0160063_16262807.jpg
f0160063_16263394.jpg
夏も楽しみいっぱいのベランダです。








[PR]

# by novou | 2017-07-23 16:43 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 11日

7月のベランダ

f0160063_08455457.jpg

きのうは一日中ベランダにいた。

根詰まりしていたノリウツギやトクサ、紫陽花を植え替え、

つるバラやグミの木を剪定し、

ミモザやジャクリーヌ・デュ・プレについたカイガラムシを退治した。

そしてレイアウトを少し変えた。

f0160063_08461305.jpg

ベランダは夕方4時を回ると日陰になって涼しくなる。

ここは標高が高く、尾根のような地形なので風もよく通る。

水まきをし、庭掃除を済ませ、簀の子の上を素足で歩いた。

気持ちいい。庭仕事の後のささやかな楽しみ…。


f0160063_08463819.jpg

そういえば一昨日、蝉の初鳴きを聞いた。

ベランダではプルメリアやデュランタが咲いている。

寿司屋では新子が出はじめた。

これを食べたらボクの夏は始まる(笑)。


f0160063_08470248.jpg
f0160063_08470820.jpg
f0160063_08471224.jpg
f0160063_08471625.jpg
f0160063_08472264.jpg
f0160063_08472752.jpg
f0160063_08473390.jpg
f0160063_08473777.jpg




[PR]

# by novou | 2017-07-11 08:50 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 08日

f0160063_06240419.jpg

ちょっと〜、なにの撮ってんのよ〜。

あたしは岩合光昭にしか撮らせないのよぉ〜。

100年早いんじゃないの〜。


f0160063_06241218.jpg
f0160063_06242091.jpg
f0160063_06242884.jpg
f0160063_06243348.jpg
f0160063_06243972.jpg
f0160063_06244404.jpg
f0160063_06245040.jpg
f0160063_06245585.jpg
f0160063_06250155.jpg
f0160063_06250759.jpg
f0160063_06251455.jpg
f0160063_06251924.jpg
f0160063_06252519.jpg

[PR]

# by novou | 2017-07-08 06:29 | 町内散歩 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 06日

さくらんぼの呪い

今年もさくらんぼをいただいた。

紅秀峰。

さくらんぼの王様「佐藤錦」と、大粒の「天香錦」を掛け合わせて、両方のいいとこ取りをした品種らしい。

大粒で肉厚、頬張った時の弾けるような食感、甘くてジューシーで、ポイポイ食べてしまう(笑)。

f0160063_19592526.jpg

そういえば子どものころ、親戚のお見合いの席で、深鉢に盛られたさくらんぼを自分の元に引き寄せ、

ひとりでバクバク食べて、あとで父親に「いやしいことをするな!」と、ゲンコツをくらったことがある。


実はこの話には後日談がある。

ビロウな話で恐縮だが、翌日、ボクは便秘になったのだ。

たぶんサクランボに豊富に含まれている不溶性の食物繊維と渋味が原因なのだろう。

ふんばってもいきんでもウ○コは出ない。

イチジク浣腸をしても出ない。

辛くて痛くてトイレの床に涙の水たまりができたほどだ。

この先には母の愛を強く感じる素敵な物語があるのだが、きったねぇので割愛する(笑)。

ちなみにボクはいまでも便秘をすると、この時に切れたところがよく切れます。

さくらんぼの呪いでしょうかね…。

いただいたさくらんぼは少しづつ食べるようにします。

ありがとう。





[PR]

# by novou | 2017-07-06 20:04 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 05日

朝のフルコース

台風3号は関東の東の海上に抜けていった。

渋谷は晴れている。



きょうもいつもと同じ朝食をとる。

酢にんにくミルク
f0160063_08004690.jpg

スムージー
f0160063_08011051.jpg
コーヒー(けさはアオトのエチオピア。安定のうまさだ)

f0160063_08005348.jpg

イギリスパンのトーストに目玉焼き

f0160063_08010109.jpg

お手製杏仁豆腐に梅ジャム

f0160063_08011901.jpg
これがボクの朝のフルコース(笑)。



ベランダでは琉球朝顔が鮮やかに咲いている。

f0160063_08012861.jpg


きょうも一日お元気で…。


f0160063_08013513.jpg




[PR]

# by novou | 2017-07-05 08:06 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 02日

おさるの梅仕事

f0160063_21584698.jpg
f0160063_21592029.jpg

きのう梅が届いた。

毎年、恒例となっている梅仕事がことしも始まった。

おさるさんが作る梅干しはとてもすっぱい。
昔ながらの作り方で、完熟した梅の実と塩だけを使って仕込む。

使う梅は杉田梅だ。
近ごろの梅は食べやすいように酸っぱさを抑えた品種改良が行われているようだが、
おさるさんがこだわる杉田梅は品種改良されていない、日本古来の貴重な品種だ。

最大の特徴はクエン酸含有量の多さ。
クエン酸は体内でエネルギーの代謝を助け、疲労回復を促す。
血液を浄化する作用もある。
酸っぱい梅干しが健康にいいとされる理由はここにある。

f0160063_21594321.jpg
f0160063_21595254.jpg
f0160063_22001382.jpg
f0160063_22003168.jpg
f0160063_22004481.jpg
f0160063_22010244.jpg
f0160063_22011546.jpg
f0160063_22012425.jpg
きょうは友人二人がやってきて10㎏の梅を仕込んだ。

塩が溶けて梅酢が上がってきたら赤紫蘇を入れ、土用干しをし、
1年ほど寝かせたら食べごろを迎える。

f0160063_22014392.jpg

(左はカンパリで仕込んだ梅酒。手前は友人が持ち帰りやすいようにジプロックに仕込んだ梅干し)



[PR]

# by novou | 2017-07-02 22:11 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 01日

ブドウ生長記

ブドウ(巨峰)が大きくなってきた。

これが現在の写真。

f0160063_11345844.jpg

そして10日前。

f0160063_11350499.jpg

20日前。

f0160063_11350765.jpg

30日前。

f0160063_11351061.jpg

たったひと月でこんなに大きくなるんだね。

去年は12房ぐらいなったんだけど、ことしは裏年なのか、たったひと房。

大事に育てなくちゃね。

ヒヨドリに食べられないように、そろそろ袋がけしとこっと。




[PR]

# by novou | 2017-07-01 11:39 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)