2009年 01月 02日

年明け最初に咲く花=「スノードロップ」

2009/01/02(金)
晴れ/11℃

f0160063_21301270.jpgベランダに出てみると
暮れに芽を出していたスノードロップが、
小さな白い花を咲かせていた。

スノードロップは英国の花暦では
「1月の花」で、
その年のいちばん最初に
咲く花とされている。

スコットランドには「新年を迎える前にスノードロップの花を見つけたら、新しい年は幸運に恵まれる」という言い伝えがあるようだが、残念ながら少し見つけるのが遅かったようだ。

スノードロップの花言葉は「希望」だ。

神話によると、アダムとイブが禁断の果実を食べてエデンの園から追放されると、あたりは花も散り、草も枯れて、あっという間に一面の吹雪となったんだそうな。
そして、二人が寒さで凍え、震えていると、空から天使が舞い降りてきて「春は近いよ」と耳元で囁いた。すると雪がとけ出し、雫がこぼれ、そこには可憐なスノードロップの花が姿をあらわしたんだそうな…。

つまり、雪にも寒風にも耐えて、じっと我慢していれば、いつかは春が来るし、花も咲くよってことなんだろうけど、辛抱にも限界があるからなぁ…。

今年1年が「希望」の持てる1年でありますように…。



f0160063_213345100.jpg●今日の昼ごはん

自家製パンとチーズ&ペッパーソーセージ
[PR]

by novou | 2009-01-02 21:27 | ベランダ植物図鑑


<< 8年ぶりの新年会      お正月を写そうっ♪ >>