東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 23日

秋の七草

2009/10/23(金)
曇り時々晴れ/20℃

きょうは二十四節気のひとつ、霜降(そうこう)。
北国や山間部では霜が降りて、朝には草木が白く化粧をする頃。
野の花の数は減りはじめ、変わって紅葉が山を彩る頃、である。
f0160063_7504276.jpg
我が家のベランダも秋めいて、萩やキキョウが咲いている。
萩もキキョウも秋の七草のひとつだけど、全部いえる?
春の七草はいえるけど、秋の七草は覚えづらいよね。
f0160063_75116100.jpg
春の七草は「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞ七草」って七五調の歌になっていて、リズムよく覚えられる。それに毎年1月7日に七草粥を食べるから、忘れていてもその時に思い出す。

だけど、秋の七草は「秋の野に 咲きたる花を 指折り(おゆびおり)かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」「 萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花」という万葉集に載っている山上憶良の二首の歌で覚えるのだけど、どうもリズムが悪くて覚えづらい。それに秋の七草は食べられないしね…。

しかも“朝貌(あさがお)の花”っていうのも、万葉集の時代には“朝顔”がまだ日本に入ってきていなかったので、これが何を指すかについては、木槿(むくげ)説、キキョウ説、ヒルガオ説などいろいろあってややこしい。現在ではキキョウとする説が最も有力だけどね…。

で、何かに書いてあったんだけど、秋の七草の簡単な覚え方。
「おおきな はかま はく」(おみなえし おばな ききょう なでしこ ふじばかま はぎ くず)っていうのはどうでしょう?

ううむ、ビミョー……。
[PR]

by novou | 2009-10-23 23:54 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://noveranda.exblog.jp/tb/12183423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< コスモス      秋めくベランダ >>