東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 22日

フィロデンドロン・セローム

2010/01/22(金)
晴れのち曇り/9℃

きょうはセロームのお話。
正確にはフィロデンドロン・セロームというサトイモ科の植物です。

20年ほど前、事務所(その頃は初台)の引っ越し祝いに、コピーライターのAちゃんからいただいものです。(ず〜っと会ってないけど、Aちゃん元気かしら…)

いただいた時は50cmほどの鉢植えで、事務所に飾るにはピッタリの大きさでした。
でも、いまでは背丈が120cmにもなっています。
その上、葉も大きく広がって、場所をとり過ぎです。
で、とうとう事務所に置いておけなくなりました。
f0160063_23952100.jpg
新たな安住の地は、マンションの階段の踊り場。
ここなら冬の寒さもしのげるし、東側に窓があるので日当たりもちょうどいい感じです。
マンションの美観にも貢献できるしね…。
f0160063_23103367.jpg
実はこのセローム、20年間で何度も死にかけています。
寒さや水枯れで…。
でも、その度に復活した“ど根性プランツ”でもあります。
何年か前には子どももできました。
株分けしたのです。
その子どももいまは廊下で立派に育ってます。

もちろんベランダにも置いてみたのですが、セロームは直射日光が当たると、すぐに葉焼けをおこします。
やっぱり、踊り場や廊下の半日陰が好きみたい…。

けっして邪魔にしてるわけではないからね…。
[PR]

by novou | 2010-01-22 07:10 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://noveranda.exblog.jp/tb/12702556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 日の出、ムスカリ、クリスマスロ...      テディベアパーム >>