東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 28日

ツルニチニチソウ

2010/01/28(木)
曇り時々雨/16℃
f0160063_18361074.jpg
あたたかいせいか、ベランダでは早くもツルニチニチソウが咲き出した。
いつもなら4月ごろに咲く花だ。
我が家のツルニチニチソウは葉の周囲に斑が入る“覆輪ツルニチニチソウ”という品種。
f0160063_18363611.jpg
ツルニチニチソウは花の形や色が似ている事からツルギキョウとも呼ばれ、花はぽつりぽつりと少しずつ咲いていく。
光沢のある斑入りの葉は1年中楽しめるし、薄紫色の小さな花も清楚で美しい。
ただ、キョウチクトウ科の植物なのでアルカイド系の毒がある。
そのせいだろうか、ヨーロッパでは「ツルニチニチソウを身につけていると、悪いものを寄せつけない」という言い伝えがあるみたい。

それにしても咲くのが早過ぎ…。
[PR]

by novou | 2010-01-28 18:37 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://noveranda.exblog.jp/tb/12738742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 今週の散歩から      ミモザの香り >>