2010年 03月 14日

三寒四温とシジミバナ

2010/03/14(日)
晴れ/13℃

きのうの東京は最高気温が21℃。
渋谷では道ゆく人がコートや上着を脱いで歩いていました。
外人の観光客や若い子たちはTシャツ姿…。
そんな暖かい一日でした。

日記を振り返ると、先週は日月火と10℃以下の寒い日が続き、水木金土と暖かくなって、三寒四温の典型のような一週間でした。
f0160063_7271993.jpg
さて、ベランダでは、きのうの暖かさでシジミバナが咲きはじめました。
なんでシジミバナっていうのかというと、花がシジミ(蜆)の内臓(肉)に似てるからなんだそうです。

内臓ですか…。そういわれれば似ていなくもないけど、もっときれいな名前を付ければいいのにね。

ボクはエクボバナという別名の方が、かわいらしくて好きです。
こちらは花頭がへこんでいるからだそうです…。

早春のこの時期、ユキヤナギ、シジミバナ、コデマリと白くて小さい花が後を追うように咲いていくのですが、これらはみなバラ科シモツケ属の植物。
どーりでよく似ているハズです。
[PR]

by novou | 2010-03-14 07:30 | ベランダ歳時記


<< マーシュのサラダ      焼きそば、ラーメン、スパゲティー…。 >>