2010年 06月 24日

朝日と睡蓮と人の関係…

2010/06/24(木)
晴れ/30℃

じりじりとした陽射しの中で、睡蓮が涼しげに咲いています。
f0160063_21524948.jpg
南のベランダでは5時半頃から花が開きはじめますが、
f0160063_2158618.jpg
西のベランダの睡蓮は8時頃にゆっくりと目覚めます。

ということは、睡蓮の開花を左右するのは、朝日の当たる時間なんですね。

ちなみにボクも睡蓮と同じで、寝室に朝日が差し込んでくると、自然に目が醒めます。
いまの時期なら4時半ごろです。

光は睡眠ホルモンのメラトニンと密接な関係があるようで、朝いちばんの光を浴びると、
メラトニンが「起きなさい♡」と、脳にやさしく指令を送ってくれるのです。

だから、快適に目覚めるには朝日を浴びて起きればいいってこと。

なので、我が家では寝室のカーテンをしたことがありません(笑)。
[PR]

by novou | 2010-06-24 22:07 | ベランダ歳時記


<< 日陰の身、万年青(オモト)      東京ディズニーリゾート植物散歩 >>