2010年 10月 20日

スミレの不思議

2010/10/20(水)
曇り時々雨/22℃

f0160063_1214764.jpg
スミレ(二色アツバや純白スミレ)が季節外れのツボミをたくさんつけています。
「へんなの」と思いながらも、今かいまかと開花を楽しみにしていたのですが、
ちっとも咲きません。

f0160063_1222129.jpg
気がつくと花が咲くのを飛び越してタネが飛び散っていたりで、
「なんでやろ?」と頭の中が「???」でいっぱいになっていました。

そこで調べてみると、スミレ属は春に咲く花の他に、花が開かないまま自家受粉によって結実する「閉鎖花」というのがあるらしいのです。

閉鎖花には「おしべ」と「めしべ」が備わっていて、硬く閉ざされたつぼみの状態のまま、
「めしべ」が同じ花の「おしべ」の花粉で受粉し、そのまま結実して種子を作るのです。
そのため閉鎖花は自花以外の花粉を受けることがないので、純系に近い性質を保つのです。

なんだか聖書の処女懐胎みたい。いやぁ、植物ってホント面白いもんですねぇ…(水野晴郎か!)
[PR]

by novou | 2010-10-20 12:05 | ベランダ植物図鑑


<< ベランダのど根性植物      10月中旬のベランダ >>