東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 26日

バラ開花&『園芸少年』のこと

2011/04/26(火)
晴れ時々曇り/20℃

2〜3日前からバラが咲きはじめている。
ことしの一番花はジャクリーヌ・デュ・プレ。
f0160063_1113112.jpg
我が家では親しみを込めて‘ジャッキー’と呼んでいる。
詳しくは(コチラ)

実はいちばん最初に開花したのは大好きな‘淡雪’だったのだけど、咲いたのは残念ながら奇形花だった。
f0160063_1151093.jpg
植物は葉が萼に変化し、さらに花、雄しべ、雌しべが形成されていくのだけど、どこかの遺伝子が傷つくとこんな事が起こるらしい。我が家の淡雪は花びらはあるのだけど、雌しべも雄しべもできず、そこからまた茎が伸びて、ツボミができている。不思議なことがあるものだ。

f0160063_1173678.jpg
f0160063_116371.jpg
f0160063_116509.jpg
いま、ベランダで盛りを迎えているのは、コデマリやシジミバナといった純白の花たち。
f0160063_117957.jpg
スノーボールもまだ緑っぽいけど、あと2〜3日もすれば、真っ白になるはず。


きのう、西郷山公園の芝生に寝っころがって本を読んだ。
育種家の竹下大学さんが「おもしろいよ」と、わざわざ送ってくれた『園芸少年』だ。
f0160063_1182666.jpg

ひと言でいえば、高校園芸部の3人の少年の成長記録。
日向ぼっこをしながら読むには最高の小説です。
爽やかな読後感も心地よいですねぇ。
園芸部を作りたくなりました。
[PR]

by novou | 2011-04-26 11:10 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://noveranda.exblog.jp/tb/15873097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ベランダ三昧の日々      目黒川お花見散歩 >>