2011年 05月 15日

週末の庭仕事

2011/05/15(日)
晴れのち曇り/25℃
f0160063_1803781.jpg
ベランダがいちばん楽しいのは5月です。
f0160063_1813113.jpg
f0160063_181599.jpg
次から次へと新しい花が咲いて賑やかだし、野菜の種蒔きや苗を植えつける楽しみもあります。もちろん、ベランダでごはんを食べる回数も5月はぐっと増えるのです。

きょうも穏やかな天気だったので、朝も昼も我が家はベランダごはんです。
春の柔らかな陽射しを浴びながらいただくゴハンは、格別です。
朝はトーストにポテサラ、昼はぴょんぴょん舎の盛岡冷麺でした。
f0160063_1834579.jpg
食後にスイカも食べました。ベランダで食べると汁をこぼしても平気だし、
タネをペッペッと飛ばしても平気です。
あとで水を流して掃除すればいいのですからね…。
スイカはワイルドに食べるのがおいしいっすね。


さて、週末はずっと庭仕事でした。
f0160063_1852319.jpg
コンポストのたい肥を土に混ぜ込んで、まずは培養土を作ります。
f0160063_1853861.jpg
f0160063_18212075.jpg
きのうはズッキーニやチコリの種蒔きをしました。
タネは庭友のKさんからいただきました。ちょっと珍しい品種のようです。
Kさん、いつもありがとう (^o^)!。


f0160063_186025.jpg
ビワの摘果もしました。
もったいないけど、おいしい実を成らすためには必要な作業です。
f0160063_186171.jpg
ひと枝に2つか3つ残して、あとは摘み取ります。
f0160063_1864116.jpg
こちらが摘み取った未成熟の果実。なにかに使えるといいんだけどね。
f0160063_187146.jpg
九条ネギも掘り上げて軒下に干しました。
こうして、ひと月ほど干してからまた植えつけると、丈夫でおいしいネギになるんですねぇ。

割れたモスポットも修理しました。
モスポットとは鉢に苔のタネが吹きつけてあって、使っているうちにだんだん苔むしてくる鉢です。ただ、我が家では多肉植物を植えちゃったので、乾燥気味なせいか、まったく苔が生えてきません。

割れた鉢の修理は前は接着剤を使っていたのですが、大きめの鉢だと接着剤が1本必要になって、新しい鉢を買った方が安上がりだったりするのです。
f0160063_1872056.jpg
f0160063_1875647.jpg
で、こうしてドリルで穴をあけ、銅線で締めていく方法にしました。
この方が丈夫だし、味が出るってもんです。

チャン・ツィイーの映画『初恋のきた道』で、割れてしまったドンブリをこうして修理するシーンがあったでしょ。それを真似てみたわけです。
f0160063_18842.jpg
どうです? 「まるでフランケンシュタインだね」って、オクさんが言ってましたが、
ボクは気に入っています。

てなわけで、朝から晩までベランダ三昧の週末でした。
f0160063_18132980.jpg
あれっ! 足の甲になにやら水玉模様が…。ゲッ、クロックスの穴のあとでした…。
トホホ…!
[PR]

by novou | 2011-05-15 18:29 | ベランダ歳時記


<< シティ・オブ・ヨーク      鶏すき >>