東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 13日

ピンポンの木

ピンポンです。
ピンポンといっても卓球のことではありません。
アオギリ科の植物で、中国南部の原産です。
f0160063_001199.jpg

12年前に鉢植えを買って、部屋の中で育てているのですが、5年ほどで花を咲かせるようになりました。

3月になると円錐花序を下垂させ、白い竹かごのような小さな花を咲かせます。
花は秋にまた返り咲きします。
f0160063_001930.jpg

香りはチョコレートのような甘い香りです。
朝に強く香り、夜になると微かに感じるくらいです。

で、なんで「ピンポン」という名前が付いたのかというと、原産地中国ではこの木を「頻姿(ピンポー)」というそうで、その音から英名がpingpong tree になったようです。
卓球とはぜんぜん関係ないですねぇ(^O^) 。

この木を手に入れた時は、ボクもピンポンの玉のように白くて丸い花が咲くとばかり思っていました。予想とはまったく違う花でしたが、大好きな花です。

黒い実も付くようですが、我が家ではまだ実が成ったことはありません。
東南アジアでは実を食用にするそうで、クリに似た風味があるようです。
食べてみたいもんです。
実がなるまで大切に育てます。
[PR]

by novou | 2014-03-13 00:02 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://noveranda.exblog.jp/tb/21553607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ことしのサクラ      春めくベランダ >>