2014年 09月 21日

ミノムシさんのこと

つるバラにぶら下がっているミノムシを見つけました。
ミノムシはミノガの幼虫です。

ミノガの仲間は日本に50種ほどいるようですが、
コイツはその中でも一番大きなオオミノガの幼虫のようです。

あまり知られてはいませんが、ミノムシはずっとぶら下がってるわけではなく、
あちこち動きまわって葉っぱを食い荒らします。
害虫なので、ゴミ袋にポイしたのですが、危険を察知して、いつの間にか脱走したようです。
f0160063_1518285.jpg


発見したのはボクの仕事机の下。
必死に逃げ回るミノムシをマクロレンズで激写しました。
拡大すると口から糸を吐いてたり、毛までみえてグロいです。
f0160063_15183861.jpg


ミノムシは近年、日本から急速に姿を消しつつありますが、
その原因は「オオミノガヤドリバエ」という中国からやって来た寄生バエにあるようです。
このハエが大量に発生してミノムシに寄生し、殺してしまうらしいです。

害虫とはいえ、絶滅が危惧されているようなので、しばらく観察することにしました。

とはいえ、いったい、どこにぶら下がるつもりなのかしらん、ミノムシさん…。
f0160063_15183550.jpg

[PR]

by novou | 2014-09-21 15:25 | ベランダ歳時記


<< グリーンハウスコレクション⑯      日本一の給食レシピ >>