東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 14日

食用サボテンのその後

f0160063_16595879.jpg
f0160063_1744957.jpg


昨年の秋に食用のトゲナシウチワサボテン(流通名はステーキサボテン!)をいただいて、
そのうちの2枚を挿し木(?)にしたのですが、5ヵ月たって、ようやく新芽が出てきたようです。
かわいいでしょ。
f0160063_1704030.jpg

奥のサボテンがキズだらけなのは、ヒヨドリに食べられたからです。
鳥もおいしいものを知っているんですね。

トゲがあれば食べられずに済んだものを、
育種家のバーバンクさんにトゲなしに品種改良されたおかげで、
ちょっと残念な姿になっちまいました。

新芽が大きくなったら、また、ステーキにして食べる予定です。
ん?  どっちにしても食べられるわけね…。
[PR]

by novou | 2016-02-14 17:06 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://noveranda.exblog.jp/tb/24958018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2月のベランダ      東京ディズニーリゾート植物ガイ... >>