東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 06日

さくらんぼの呪い

今年もさくらんぼをいただいた。

紅秀峰。

さくらんぼの王様「佐藤錦」と、大粒の「天香錦」を掛け合わせて、両方のいいとこ取りをした品種らしい。

大粒で肉厚、頬張った時の弾けるような食感、甘くてジューシーで、ポイポイ食べてしまう(笑)。

f0160063_19592526.jpg

そういえば子どものころ、親戚のお見合いの席で、深鉢に盛られたさくらんぼを自分の元に引き寄せ、

ひとりでバクバク食べて、あとで父親に「いやしいことをするな!」と、ゲンコツをくらったことがある。


実はこの話には後日談がある。

ビロウな話で恐縮だが、翌日、ボクは便秘になったのだ。

たぶんサクランボに豊富に含まれている不溶性の食物繊維と渋味が原因なのだろう。

ふんばってもいきんでもウ○コは出ない。

イチジク浣腸をしても出ない。

辛くて痛くてトイレの床に涙の水たまりができたほどだ。

この先には母の愛を強く感じる素敵な物語があるのだが、きったねぇので割愛する(笑)。

ちなみにボクはいまでも便秘をすると、この時に切れたところがよく切れます。

さくらんぼの呪いでしょうかね…。

いただいたさくらんぼは少しづつ食べるようにします。

ありがとう。





[PR]

by novou | 2017-07-06 20:04 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://noveranda.exblog.jp/tb/27952729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 猫      朝のフルコース >>