東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 20日

雨音はショパンの調べ

2008/05/20(火)
雨のち曇り/26℃
朝のうち風強し

f0160063_17191631.jpg6時に目が覚めたが、降りしきる雨の音を聞いていると、
また、うとうとと眠ってしまった。
2度目に目が覚めたのは10時だった。
「ねぇ、もう10時だよ。雨の日はホントよく眠れるなぁ」とボク。
「だって雨音はショパンの調べやもん」とオクさん。

ボクがこんなに寝坊するのは珍しい。
目覚ましをかけなくてもいつも6時に目が覚めるからだ(老人かっ!)。
目が覚めたらまずはトイレに行って(老人かっ!)、新聞受けから新聞を取り出し、再びベッドに戻って、テレビでニュースや天気予報を見る。
7時半には「腹へったぁ…」と、隣で爆睡しているオクさんを起こす。
オクさんはいつも両手をあげ、バンザイをした格好で寝ている。
よほど楽しい夢を見ているようだ。

朝食は紅茶を入れて、オクさん自慢のベーグルを食べる。
グレープフルーツも食べる。

そのあとでオクさんは新聞を読む。
20〜30分かけて読む(オッサンかっ!)。
読者投稿欄まで読む(オバサンかっ!)。
ボクは隣にいて、面白そうな見出しがあれば、
「その記事読んでよ」とお願いする(幼稚園児かっ!)。
読めない漢字があると「これなんて読むの?」と聞かれるが、
難しい漢字は画数も多いので「見えないもん!」と誤魔化す(老眼かっ!)。
読んでもらうのは「東五反田の旧正田邸に植えられていたバラ(プリンセスミチコ)が、花を咲かせました」などという、とりとめのないものだ。
f0160063_17203539.jpg






←これがプリンセスミチコ(中目黒のミキモト装身具の庭にて5/9撮影)慈悲深さを感じさせるエレガントなバラだ



f0160063_17205682.jpg






←ちなみにこちらはプリンセスアイコ(同上)




こんな感じが我が家のいつもの朝なのだが、今日は寝坊したので、少しせわしない。
朝ごはんもちゃちゃっとカレーチャーハン。
辛いのでいっきに目が覚める。

ベランダに出てみると、大変なことになっている。
イタヤカエデが倒れ、ハランのコンテナは逆さまに落っこち、庭ボウキの革紐はちぎれ、ビワは床に転がって、大切な実を散乱させている。

強風はベランダガーデンの大敵である。
ベランダではこの強風の攻撃を耐え抜いたものだけが生き残る。

ビワの木は実生から育てたのだが、危機を何度も乗り越えている。
何度も倒れ、その度に鉢が割れたり、枝が折れたり、根が弱ったり、実が落ちたりする。
でも、2〜3週間するとまた元気になって枝を天に向けている。
「人生七転び八起きだぜ!」と教えられているような気にさえなる。

ビワは今年、四つの実をつけた。でも、今日の風で大きく育っていた二つの実が落ちた。残ったのは小さいのが二つ。人生何があるかわかったもんじゃない。生存競争に出遅れていた二つの実が、これからは養分を独占して大きくなる。ま、自然の掟といえなくもないが、運よく生き延びたとしても、最後は俺さまに食べられてしまうのである。合掌!
[PR]

by novou | 2008-05-20 17:43 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://noveranda.exblog.jp/tb/8142834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 旧正田邸とねむの木の庭      ボタニカルライフ満喫の週末 >>