東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 01日

歩く姿は百合の花

2008/07/01(火)
曇り時々晴れ/26℃

f0160063_21321828.jpg3月にオクさんが植えた百合根がぐんぐん成長して、今日、花を咲かせた。
百合根は5個入りのパックを買って、オクさんが茶わん蒸しにしたり、卵とじにしたのだが、冷蔵庫の奥に一個だけ残っていたらしい。

食材として買った百合根だったので、
どんな花が咲くのかわからなかったけど、
見たところ「コオニユリ」のようだ。
葉の根元にムカゴができてないし、
茎に紫斑がないものね。

コオニユリは北海道の実家の庭にたくさん咲いていた花だ。
遊んでいると花粉が洋服について、よく母親に叱られた。

華やかなカサブランカや大きな花を咲かせるヤマユリが人気だが、ボクは小振りで食べても美味しいコオニユリが好きだ。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」とは美しい女性のたとえだが、ボクはコオニユリくらいの美人がもっとも愛らしく思う。
[PR]

by novou | 2008-07-01 21:35 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://noveranda.exblog.jp/tb/8519646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by そらまま at 2008-07-03 01:33 x
百合根!!
本当に植えたら育つなんて。。。
びっくり〜!
美味しくてきれいだなんて本当に凄いですね。

私も今日からアボカドに挑戦してます。
毎日撫で撫で可愛がります。←予定



Commented by novou at 2008-07-04 08:51
ウチも食べ終わったアボカド育ててます。芽が出るまで1ヶ月以上かかりました。もう少し大きくなったらブログにアップしますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 西の魔女が死んだ      ラブラブ金魚 >>