2008年 07月 29日

遅まきながら、寒冷紗…

2008/07/29(火)
晴れ時々曇り/34℃

約2週間ぶりのご帰還である。
留守中、強烈な直射日光に晒されていた我がベランダでは、
アジサイやイタヤカエデが葉焼けを起こして瑞々しさを失っている。
水やりバケツに入れていたメダカの子供は、
ホテイアオイが水面を覆い尽くしたため、
酸素不足(たぶん)で全滅していた。(すまん。許せ!!)
日なたが大好きなオーガスタは、
ちょっと見ない間に生い茂り、
場違いなトロピカルムードを醸している。
ちょっと留守にした間に、
朝顔のピークは終わり、
キキョウも花が終わっている。
しかし、これからは睡蓮の季節だ。
ベランダのあちこちにある睡蓮鉢からは、
ふっくらとした蕾がたくさん顔をのぞかせている。
すべての睡蓮鉢で一斉に花が咲いたら、
どんなにきれいだろう。
そして、どんなに涼しげだろう…。

f0160063_1621785.jpg
東京は
18日連続の
真夏日である。

今日、
遅まきながら、
寒冷紗を張った。

植物たちも
これで少しは
しのぎやすくなるハズだ。

立秋までは
あと8日。
[PR]

by novou | 2008-07-29 16:26 | ベランダ歳時記


<< カボチャの花      熱帯睡蓮、咲いた。 >>