2008年 08月 06日

槿花一朝の夢

2008/08/06(水)
晴れ時々曇り/32℃

f0160063_11143099.jpg昨日の雷雨でベランダは大洪水。
雨は4つある排水溝の処理能力を
軽く上回って、くるぶしあたりまで
水が溜まった。


この雷雨でビオトープの金魚が一匹流されたが、幸い発見が早かったので無事だった。
見落としていれば、
今ごろ干物になっていたはずだ。

f0160063_11154185.jpg
それにしても
最近のカミナリは凄い。
カミナリは昔、
夕立の前触れだったが、
いまでは朝、昼、夜とお構いなしに雷鳴をとどろかせ、
バケツをひっくり返したような雨を降らせている。

カミナリさまの虫の居所は
相当悪いらしい。

f0160063_11163286.jpg
さて、一夜明けての快晴で、
ベランダは水地獄から一転、
灼熱地獄となっている。

こんな過酷な環境の中で、
ムクゲが真っ赤な花を
咲かせている。

この花、お隣の韓国の国花で、
彼の国ではホテルの格付けを
あらわす星印も、
この花をデザイン化して
使っている。

ムクゲは早朝に咲き、
夕方には萎む一日花だ。

人の世のはかなさをいう
「槿花一朝の夢」の
“槿花(きんか)”とは、
このムクゲのことである。
[PR]

by novou | 2008-08-06 11:29 | ベランダ歳時記


<< 灼熱地獄      裏見の朝顔 >>