2008年 08月 08日

灼熱地獄

2008/08/08(金)
晴れのち曇り/35℃
13時頃、震度4の地震
北京オリンピック開幕

暑い。気違いじみた暑さだ。

渋谷の谷底を歩くと、
澱んだ空気がまとわりついて、
カラダの自由を奪っていく。

太陽とその照り返しは、
容赦なく皮膚を焦がし、
汗を滴らせる。

谷底の異常なほどの混雑は、この暑さに拍車をかける。
苛立ちと諦めが谷底で沈殿し、空気はさらに澱んでいく。
スクランブル交差点を行き交う人々は、もはや発狂寸前だ。



今日は太陽が昇りきらないうちからベランダ仕事。
オーガスタの大鉢を直射日光の当たらない階段の踊り場に運び、
花オレガノやマウンテンミントをテラコッタに植え替えた。

大汗をかいたので、水風呂にザブンと浸かり、すっきりしてから朝食だ。

9時頃に再びベランダに出て見ると、たっぷり撒いたはずの水がすでに干上がって、床は裸足で歩けないほどの灼熱地獄になっている。床の熱と照り返しで植物が弱らないようにと、もう一度水撒きしようとしたら、ホースからは60℃くらいの熱湯が吹き出てきた。
f0160063_1584899.jpg

上の写真は仕事場から見た西のベランダ。
睡蓮鉢は日陰を作ってやらないと、
メダカが煮魚になってしまいそうだ。


f0160063_1593154.jpgさて、今日は直射日光対策の
アイデアをひとつ。
写真のとんがり帽子は、「イケア」でひとつ299円で買ったもの。
本来は竹製のケーキフードなんだけど、ハーブ苗の日除けにピッタリ!
これなら風通しもいいし、苗も元気に育ってくれそう…。
いかがですか。
竹製のケーキフード!?。
我が家は全部で3つ買いました。
[PR]

by novou | 2008-08-08 15:03 | ベランダ歳時記


<< 東京で過ごす盆休み      槿花一朝の夢 >>