2008年 11月 16日

色づくベランダと枇杷の花

2008/11/16(日)
雨のち曇り/16℃

f0160063_2015450.jpg昨晩の雨で
ベランダはしっとりとしていて
気持ちがいい。

紅葉した葉もきれいに洗われて、
今日はいちだんと鮮やかだ。













f0160063_20181792.jpg時々小雨の降るなか、
本日も完全装備で庭仕事。




model/novou
photo/osaru











f0160063_2021626.jpgイタヤカエデは
オレンジ色の手のひらを
空に広げ、
















f0160063_20231048.jpgコデマリは
主が姿を消した睡蓮鉢に、
黄金色の枝を
延ばしている。















f0160063_20263677.jpgヘンリーヅタは
軒下にツルを這わせ、
散り際の一瞬を
真っ赤に輝かせる。















f0160063_11525131.jpgふと、色づくベランダの隅に
目をやれば、
常緑の枇杷の葉が、
場違いな厚ぼったい葉を
晒している。

枇杷はこの庭でいちばん背の高い樹だ。

よく見ると枝先には
五弁の白い花を咲かせている。

小花が身を寄せあって、
寒さに耐えるように咲く姿は
けなげで、生命力に溢れている。

近づくと甘い香りも漂ってくる。

この花が咲くと1年も残り僅か。


枇杷の花今年も喪服よく着たり(草間時彦)

思い返すとそんな一年であった。

今年もあとひと月とちょっと。

毎年一年が早くなる。
[PR]

by novou | 2008-11-16 20:54 | ベランダ歳時記


<< 始末のいい暮らし      植替えと培養土造り >>