2008年 11月 27日

キキョウ

2008/11/27(木)
曇りのち雨/9℃

11月も終わりだというのにキキョウがしぶとく咲いている。

キキョウのツボミは薄紙で作った紙風船のようだ。
それが日増しに大きく膨らんで、パカリと花開く。

f0160063_039851.jpg花は五弁の星形だ。
その端正な容姿からか
花は家紋としても用いられ、
明智光秀の紋所であったことは
よく知られている。

秋の七草のひとつで、

秋の野に
咲きたる花を
指折り(おゆびおり)
かき数ふれば 七種(ななくさ)の花
萩の花 尾花葛花 撫子の花
女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花

と山上憶良が詠んだ歌の
「朝貌(あさがお)の花」が
キキョウの花だといわれている。

本来は秋の花の代表なのだが、いまは早咲き種がほとんどで、
現実には初夏の花となっている。

我が家のキキョウは夏からぽつりぽつりと咲き始め、
秋にはほとんど花をつけず、
冬になってまた思い出したように咲くようだ。

容姿は端正だが、性格はかなり偏屈だ。
[PR]

by novou | 2008-11-27 23:36 | ベランダ植物図鑑


<< キャンドルナイト      デジカメ買い替えの顛末 >>