2008年 12月 11日

雪虫と月明かり


2008/12/11(木)
晴れのち曇り/19℃
午後から風強し

朝、ベランダに出て見るとふわふわと雪虫が飛んでいる。
北海道で暮らしていた頃は、寒くなって空気がぴんと張りつめてくると、
この虫をよく見かけたが、東京で見るのは初めてだ。
一匹、そうっと両の手のひらで挟むようにして捕まえて、オクさんに見せた。
「お尻に雪がついているみたいやなぁ」。
オクさんは人生最初のご対面だったらしい。

雪虫が飛ぶと、雪が降るというけど、確かにその通りだったと思う。
北海道には雪虫が現れると10日ほどで雪が降る、という言い伝えがあった。
っていうことは、今年の東京の初雪は12月21日頃となる。
もしかするとクリスマスはホワイトクリスマスってことになるかも…。
そうなるといいなぁ…。

f0160063_2213234.jpg夜、ベランダは月の光に青々と照らし出されている。まわりの家々はそうでもないのに草木が茂るこの庭だけが、ぽっかりと青い。
都会で暮らしていると月夜が青いと感じることはまずない。街に光が溢れているからだ。どこもかしこもライトに照らされて、影や闇がなくなった。
「月がとっても青いから 遠回りして帰ろう」と菅原都々子が唄ったのは
もう50年も前のことだ。
せめてこの庭には闇を残しておきたい。
庭に木々の緑があれば、外からの光を防ぎ、
闇を作ってくれる。
暗闇があるからこそ、
月夜は青く見えるのだ。

ところで最近、
空を見上げたことはありますか?






f0160063_2221563.jpg
●今日の昼ごはん

メンチカツサンド
(トーストに水泳の北島クンの実家がやっているお肉屋さんのメンチカツとキャベツの千切りをのせてつくります。トンカツソースとマヨネーズとマスタードをたっぷり塗っていただきます! 北島のメンチカツは安くて旨いので、代官山アドレスのピーコックに行くと3回に1回は買っちゃいます。)
[PR]

by novou | 2008-12-11 22:07 | ベランダ歳時記


<< トトロの森=狭山丘陵をハイキング      ケメックスとお点前珈琲 >>