東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

2017年 10月 01日 ( 1 )


2017年 10月 01日

赤い実 黒い実

朝、ベランダに出ると、ローズヒップが熟して、ポロポロと床に落ちている。
ここ2〜3日は水まきの前に、栗拾いならぬ、ローズヒップ拾いが日課となった。

まだまだたくさんなっているので、いっぱい集めてローズヒップティーでも作ろうかと思ったが、お茶やジャムにできるのは、ドッグローズやハマナスといった実の大きな2種類の野生種のバラだけなんだそうな。残念。

f0160063_12114174.jpg
ちなみにまん中の大きめの実は「ジャクリーヌ・デュ・プレ」、真っ赤でいちばん小さいのは「のぞみ」、見分けがつかないだろうけど他に「キューランブラー」(いちばんたくさん収穫できそう)、「淡雪」、「ガラシャ」の5種類のバラの実が混じってます。

黒い実の皿は赤い皮に包まれたのが「ピンポンの木」、時計回りに「ヘンリーヅタ」、「イワナンテン」、「カベルネソーヴィニヨン」、「アロニア」。まん中の緑の実は熱帯時計草の「オリエンタル・サンセット」です。「カベルネソーヴィニヨン」と「アロニア」は食べられますが、おいしくはないので、スムージーに加えています。

f0160063_12114696.jpg


[PR]

by novou | 2017-10-01 12:14 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)