東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ベランダ歳時記( 334 )


2017年 05月 20日

月が消える頃

f0160063_09380262.jpg
月のまなざしがまだ残る頃に起き出して、月が消えていくまで、ずっと眺めていた。
ベランダの楽しみは花だけじゃなく、月を愛でることにもあるんだなぁ…。
f0160063_09380025.jpg
アジサイが咲きはじめた、土曜日の朝…。


[PR]

by novou | 2017-05-20 09:40 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 16日

5月のベランダ

f0160063_10271329.jpg
5月は1年でいちばん美しい季節。
ベランダではバラやクレマチスやジャスミンが咲き乱れ、
それを目当てにチョウやハチやハナアブたちがやってくる。
2〜3日前にはビオトープにトンボだってやってきた。

5月のベランダは毎日新しい発見と出会いがあり、
ボクはうきうきがとまらず、落ち着いていられなくなる。
f0160063_10271885.jpg
起床は4時半から5時の間だ。
朝はキジバトやアオゲラの鳴き声で目が覚める。
起きたらすぐにパジャマから野良着に着替え、長靴を履いて、ベランダに出る。

まずは植物たちにたっぷりと水をやる。
300鉢あると水やりだけで小一時間かかる。

水やりが終わると次はベランダの掃除。
この時期はバラが散って、毎朝、床が花びらのじゅうたんだ。

花びらは箒で排水溝に掃き集める。
排水溝には銅製の細かながネットを被せてある。
そこにバラの花びらと水が溜まる。
つまり、毎朝大量のローズウォーターができるのだ。

ボクはそれを両手ですくって香りを楽しみ、
一斗缶で作ったゴミ箱に捨てる。
ボクの手はしばらくバラの香りがしている。
f0160063_10272150.jpg
庭仕事が終わってから朝食までの時間が、ボクの至福の時だ。
ボクはきれいになった庭を行ったりきたりして、植物たちを観察する。

グミの実がそろそろ膨らんできたぞ。
ことしはきっとブルーベリーが豊作だ。
メダカは赤ちゃんを産んでないかしらん。
などといいながら庭を見てまわる。

そんな、うれしい、楽しい、5月のベランダ…。
f0160063_10272412.jpg
f0160063_10272863.jpg
f0160063_10273222.jpg
f0160063_10273664.jpg
f0160063_10274001.jpg
f0160063_10305316.jpg
f0160063_10275147.jpg
f0160063_10275997.jpg
f0160063_10280228.jpg
f0160063_10280494.jpg
f0160063_10504331.jpg



[PR]

by novou | 2017-05-16 11:34 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 06日

いちばん美しい時間…。

きょうの東京の日の出は444分。

でも、ビルの谷間から太陽が顔を出し、わが家のベランダに日が射すのは5時を2030分まわってからだ。

しかも、太陽は頭から出るのではなく、高層ビルの側面から、こちらを覗きこむように、少しずつ出てくる。

まるで「家政婦は見た」の市原悦子だ。

ベランダに日が射すと、葡萄の葉先の夜露は宝石に変わり、オダマキのシベは金色に輝き、

クレマチスのつぼみは開いて、花となる。

一日でいちばん美しく、いちばん好きな、ボクだけの時間…。

f0160063_08401014.jpg
f0160063_08401312.jpg
f0160063_08401579.jpg


[PR]

by novou | 2017-05-06 09:10 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 17日

さえずりの正体

このところ、夜明にピョー、ピョーと大きなさえずりが聞こえてくる。
そのさえずりは澄んでいてよく通り、街中に響き渡る。

なんて鳥だろう?

しばらく謎だったが、けさ、やっとその正体がわかった。

向かいの教会のケヤキに留まって、さえずっているのを目撃したからだ。
肉眼ではよくわからなかったけど、カメラに300mmをつけてズームしたら
尾羽や翼は黄緑色で、頭が赤い。アオゲラだ。
「日本の鳥百科」で鳴き声(http://www.suntory.co.jp/eco/birds/encyclopedia/detail/1373.html)も確認した。

どうやらオスが求愛しているようだ。
f0160063_13555245.jpg
朝からなんか幸せな気分。
あなたが最近、カラスやスズメ以外の野鳥の姿を見たのはいつですか?


[PR]

by novou | 2017-04-17 13:57 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 16日

4月のベランダ(ステイン塗り替え)

f0160063_08435869.jpg
きのう渋谷の気温は24.2℃。5月初旬の暖かさだった。
あまりにも陽気がいいので、ボクのやる気スイッチが入った。

で、せっせとベランダの簀の子の塗り替え作業をしたのだ。
ステインを塗るのだが、毎年、ちゃんと塗り替えをすると
撥水・防腐効果が復活して持ちがいいのだ。

一方、木部をとめている鉄釘は錆びて3〜4年でダメになる。
で、わが家では鉄釘もステンレス製の釘に打ち替えている。

しばらくはきれいになった簀の子の上をはだしで歩いたり、
寝転がったりして遊ぶのだ。
f0160063_08441068.jpg
f0160063_08441670.jpg
f0160063_08445022.jpg
西のベランダではハトヤバラが咲きはじめました。
f0160063_08450414.jpg
                      朝の光とキボウホウヒルムシロ





[PR]

by novou | 2017-04-16 08:53 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 13日

ヤマブキ開花

f0160063_917272.jpg

おはようございます。
ベランダではカロライナジャスミンが満開、ヤマブキもちらほら咲きはじめました。
ヤマブキには八重のものや、白花のものもあるようですが、
ボクは楚々としたひと重が好きです。

七重八重 花は咲けども 山吹の みのひとつだに なきぞ悲しき

山吹の季節になるといつも思い出す歌です。
これは太田道灌が鷹狩に出て、急な雨に遭い、蓑を借りようと民家を訪れた際、
若い女が黙ってひと枝の山吹を差し出した。
でも、道灌にはその意味がわからなかった。
後に「簑ひとつだになきぞ悲しき」という意味だと知り、
自分の無学を恥じたという有名な逸話です。

若い女は山吹に実がないことと、蓑がないことをかけたのですね。

中学や高校で覚えたことは何年経っても忘れることはありません(笑)。
f0160063_9172443.jpg
(カロライナジャスミン)
[PR]

by novou | 2017-04-13 09:20 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 06日

庭仕事再開

f0160063_793911.jpg
f0160063_7948100.jpg
f0160063_795138.jpg

やっと最低気温が10℃を下回らなくなった。
冬の間、熱帯植物を入れておいた温室をたたみ、
室内で管理していたプルメリアやピンポンの木をベランダに出した。
今週から本格的に庭仕事再開だ。

実はわがマンションでは大規模修繕の計画が進行中で、
たぶん、今年の終わり頃から来年にかけて工事が行われそうなのだ。

そうなるとベランダの防水シートを張り替えたり、手すりの塗り替えがある。
ベランダの植物はいったんどこかに移動しなければならなくなる。

300鉢もあるけど、どうしよう…。
屋上の工事が終わったら、そちらに置かせてもらおうかしらん。

とにかく、これまでのような庭を楽しめるのはあと半年ほど。
バラもクレマチスもたくさんの果樹たちも、今年は愛情をいっぱいそそいで、
有終の美を飾らせてあげたい。
f0160063_795692.jpg
(カロライナジャスミン)
f0160063_71008.jpg
(シジミバナ)
f0160063_71023.jpg
(バイカカラマツ)
f0160063_710633.jpg
(フジの花芽)
f0160063_710978.jpg
(バラ)
f0160063_710113.jpg
(クレマチス)
[PR]

by novou | 2017-04-06 07:14 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 25日

9月のベランダ

f0160063_1110229.jpg

筋肉痛である。
長雨でベランダの防水シートがカビや汚れで黒ずんだので、
きのう、四つん這いになってタワシがけをしたのだ。
デッキブラシもあるのだが、これはデッキのような広いスペースに向く掃除用具なのであって、
鉢の間や排水溝といった狭いところを掃除するには不向きだ。
で、昔ながらの亀の子タワシ(大中小)を使って、這いつくばって掃除をした。
格闘すること3時間。庭は見違えるようにきれいになったが、
おかげで、きょうは筋肉痛という訳だ。
f0160063_11103414.jpg
f0160063_11102841.jpg

9月のベランダは花が少ないが、それはそれで、落ち着いた風情を見せている。
今年の夏、バラたちは暑さと雨が多かったせいで、いつもより黒星病やうどん粉病の被害が多く、
状態がよくなかった。でも、9月に入って気温が下がったせいで、病状はかなり回復している。
四季咲きや返り咲きのバラたちは、ちらほらつぼみも付け始めている。
来月は秋バラも楽しめそうだ。
f0160063_11103170.jpg

f0160063_11104913.jpg
f0160063_11105242.jpg

ホトトギス、ニラの花。
f0160063_11103875.jpg
f0160063_11104044.jpg

亀の子タワシ(大中小)。
f0160063_11112436.jpg

[PR]

by novou | 2016-09-25 11:21 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 11日

夜明けのベランダ

f0160063_1044579.jpg
f0160063_10445912.jpg
f0160063_1045811.jpg
f0160063_1045241.jpg
f0160063_10452942.jpg
f0160063_1048299.jpg


夜明け前に目が醒めた。
いつものように庇に登って街を見下ろす。
4時20分、街がぶどう色に染まっている。
蝉たちが鳴きはじめるのは、あと1時間ほどしてからだ。

ベランダではデュランタや琉球アサガオが涼しげに咲き、
プルメリアが甘い香りを漂わせている。
きょうもボクは、静かで官能的な夜明けを独り占めにする。
[PR]

by novou | 2016-08-11 10:48 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(1)
2016年 07月 23日

梅雨はまだ明けないの?

f0160063_8585285.jpg
f0160063_8585412.jpg
f0160063_8585671.jpg

東京はこのところ肌寒い日々が続いています。
きのうは二十四節気の大暑だったのに、最高気温は22,9℃。
平年よりも7℃も低かったのです。
関東はいつもの年なら大暑の頃に梅雨が明けるのですが、
今年は少々遅れそうな気配です。

ベランダではいまプルメリアやハイビスカス、ムクゲといった真夏の花が開花中ですが、
この気温と日照時間では夏気分もイマイチ盛り上がりません。
真っ青な空に向かって咲く姿をはやく見たいものです。
[PR]

by novou | 2016-07-23 09:00 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)