カテゴリ:ベランダ歳時記( 317 )


2008年 05月 30日

5月のベランダ(1)


f0160063_15175145.jpg少し日が翳ってきたベランダで、
ムスクラン(チコリやエンダイブなどイタリアのサラダ七草)を摘むオクさん。
今月はサラダにしていっぱい食べました。
[PR]

by novou | 2008-05-30 15:18 | ベランダ歳時記
2008年 05月 27日

本日、快晴なり

2008/05/27(火)
快晴/28℃

f0160063_1453097.jpgなんて気持ちのいい天気だろう。
湿度は22%だ。
空が青い。
まるで“カリフォルニアの青い空”だ。
せめて午前中は仕事を忘れて、
この天気を楽しもう。

てなわけで、ハンモックを吊るし、
短パンに履き替えて、しばし日光浴。
こんな時はバドワイザーかオリオンビールが気分なのだが、あいにくウチの冷蔵庫にはハイネケンしかなかった。
まあよい。
プシュッとプルトップを引いてグビッとやる。
うまいなぁ。
ビールはこんな日の朝に限る。
[PR]

by novou | 2008-05-27 14:55 | ベランダ歳時記
2008年 05月 20日

雨音はショパンの調べ

2008/05/20(火)
雨のち曇り/26℃
朝のうち風強し

f0160063_17191631.jpg6時に目が覚めたが、降りしきる雨の音を聞いていると、
また、うとうとと眠ってしまった。
2度目に目が覚めたのは10時だった。
「ねぇ、もう10時だよ。雨の日はホントよく眠れるなぁ」とボク。
「だって雨音はショパンの調べやもん」とオクさん。

ボクがこんなに寝坊するのは珍しい。
目覚ましをかけなくてもいつも6時に目が覚めるからだ(老人かっ!)。
目が覚めたらまずはトイレに行って(老人かっ!)、新聞受けから新聞を取り出し、再びベッドに戻って、テレビでニュースや天気予報を見る。
7時半には「腹へったぁ…」と、隣で爆睡しているオクさんを起こす。
オクさんはいつも両手をあげ、バンザイをした格好で寝ている。
よほど楽しい夢を見ているようだ。

朝食は紅茶を入れて、オクさん自慢のベーグルを食べる。
グレープフルーツも食べる。

そのあとでオクさんは新聞を読む。
20〜30分かけて読む(オッサンかっ!)。
読者投稿欄まで読む(オバサンかっ!)。
ボクは隣にいて、面白そうな見出しがあれば、
「その記事読んでよ」とお願いする(幼稚園児かっ!)。
読めない漢字があると「これなんて読むの?」と聞かれるが、
難しい漢字は画数も多いので「見えないもん!」と誤魔化す(老眼かっ!)。
読んでもらうのは「東五反田の旧正田邸に植えられていたバラ(プリンセスミチコ)が、花を咲かせました」などという、とりとめのないものだ。
f0160063_17203539.jpg






←これがプリンセスミチコ(中目黒のミキモト装身具の庭にて5/9撮影)慈悲深さを感じさせるエレガントなバラだ



f0160063_17205682.jpg






←ちなみにこちらはプリンセスアイコ(同上)




こんな感じが我が家のいつもの朝なのだが、今日は寝坊したので、少しせわしない。
朝ごはんもちゃちゃっとカレーチャーハン。
辛いのでいっきに目が覚める。

ベランダに出てみると、大変なことになっている。
イタヤカエデが倒れ、ハランのコンテナは逆さまに落っこち、庭ボウキの革紐はちぎれ、ビワは床に転がって、大切な実を散乱させている。

強風はベランダガーデンの大敵である。
ベランダではこの強風の攻撃を耐え抜いたものだけが生き残る。

ビワの木は実生から育てたのだが、危機を何度も乗り越えている。
何度も倒れ、その度に鉢が割れたり、枝が折れたり、根が弱ったり、実が落ちたりする。
でも、2〜3週間するとまた元気になって枝を天に向けている。
「人生七転び八起きだぜ!」と教えられているような気にさえなる。

ビワは今年、四つの実をつけた。でも、今日の風で大きく育っていた二つの実が落ちた。残ったのは小さいのが二つ。人生何があるかわかったもんじゃない。生存競争に出遅れていた二つの実が、これからは養分を独占して大きくなる。ま、自然の掟といえなくもないが、運よく生き延びたとしても、最後は俺さまに食べられてしまうのである。合掌!
[PR]

by novou | 2008-05-20 17:43 | ベランダ歳時記
2008年 05月 06日

睡蓮鉢の大掃除

2008/05/06(火)
晴れ/24℃/夕方から北の風強し
f0160063_16583583.jpg

睡蓮鉢の水が濁って光を通さなくなったので、午後から水替え作業をした。
我が家はオクさんが大の睡蓮好きで、ベランダのあちこちに睡蓮鉢があるから、はじめると、これが結構たいへんな仕事となる。まず、ボウフラよけに飼っているメダカをすくってバケツに移して睡蓮鉢の水を捨て、汚れた鉢底をタワシで掃除。鉢底には落ち葉や泥がたまっているので、それが排水溝に流れないようにネットで受け止める。次に睡蓮の葉の泥汚れも落とし、水面と鉢との高さを調整して、そろ〜りと水を張る。これで作業終了。
f0160063_170651.jpg
鉢底にはヒルが何匹もへばりついていたりするので気持ち悪いけど、きれいな花を咲かせるためにはちゃんとやっておかなきゃね…。

●今日のベランダ通信
ホオズキ、かすみ草、ヒメツルソバの植え替え、土づくり
[PR]

by novou | 2008-05-06 22:15 | ベランダ歳時記
2008年 05月 04日

グリーンカーテン

2008/05/04(日)
曇り時々雨/21℃
f0160063_23195173.jpg朝からオクさんとゴーヤやアサガオといった蔓性植物のネット張り。夏には蔓がこのネットを伝ってたくさんの葉を茂らせ、強い日差しを遮ってくれる。ゴーヤは収穫も楽しみだ。

午後からは等々力のホームセンターと野沢の山手苑をのぞきに出かける。連休のためか道はガラガラ。ホームセンターでは花の終わったものや、茎が伸びて間延びした植物が半額で売られていた。中には30円や10円というものも。これは買うしかないだろう、ってことで、今日、新たに我が家のベランダに加わった植物は、オーブリエチア、シジミバナ、プルプレッセンス、ルリハコベ、オキナグサ、それに九条ネギの苗。全部合わせて1000円ほど。う〜ん、トクした気分! 見切り品の状態の良くない鉢でも、手をかけ、時間をかけて、きれいに再生させてあげるのがボクらの流儀。ま、要するに“けちけちガーデナー”ってことかな。
[PR]

by novou | 2008-05-04 23:08 | ベランダ歳時記
2008年 04月 27日

ワイン箱プランター

2008/04/27(日)
曇りのち晴れ/20℃/南東の風

 今年の連休はガソリンも値上りするようだし、どこにも出かけず、我が家のベランダで過ごすことに決めた。この季節は我らベランダーにとって1年で最も楽しい季節。野菜の苗や朝顔の種を植えたり、鉢物の植え替えをしたりと、わくわくする仕事がいっぱいある。とりあえず今日はゴーヤやトマトの苗を買いに、オクさんと等々力まで遠征だ。天気が良かったこともあり、ホームセンターの園芸コーナーは大賑わい。f0160063_20341742.jpgカートいっぱいにプランターや培養土を買い込む有閑マダムの姿が目立つ。ガーデニング人気はこんなお金も時間もいっぱいあるオバサンたちが支えているんだろなぁと思いつつ、ボクらも苗や鉢を物色する。今日の売り場にはいつもはいない「園芸相談員」のプレートを付けた白衣のオジサンも派遣されてきていて、ボクらに「園芸のことならなんでも聞きなさい!!」って視線をビシビシ投げかけてくる。「ゴーヤをたくさん実らせる方法」でも聞こうかと思ったけど、長くなりそうなので無視。さっさと買い物を済ませて帰ってきた。
 午後からはオクさんと二人でずっとベランダ遊び。ボクはワイン箱にキャスターを取りつけ、せっせとプランターを作る。f0160063_20421044.jpgこうしてキャスターを取り付けておくと移動も楽だし、風通しが良くなるので、床からの熱や蒸れも防ぐことができる。オクさんは完成したプランターに鉢底石を敷き、培養土を入れ、野菜の苗を植えていく。我が家のベランダにはすでにワイン箱プランターが20個ほど並んで大活躍だ。最近はワイン箱を1個1000円とか2000円で売っている酒屋もあるけど、我が家のはなじみの酒屋でもらったものなので、お金はかかっていない。物置にはまだ10個ほどストックがあるので、当分はこれを活用しようと思っている。
 
 ●今日のベランダ通信
ゴーヤ、トマト、バジル、アスパラなどの苗をワイン箱プランターに植える。これから夏にかけて我が家のベランダは野菜畑に変わっていく。今から収穫が楽しみだ。
[PR]

by novou | 2008-04-27 22:01 | ベランダ歳時記
2008年 04月 26日

アブラムシ退治

2008/04/26(土)
曇りのち雨/18℃/南東の風
熊ん蜂来襲

 連休の初日だというのに、外はどんよりしていて肌寒い。
厚手のフリースを着込み、帽子をかぶって、完全装備でベランダに出た。
今日の仕事は植物の名前を書いたプレートを作ったり、ベランダテーブルのレイアウトを変えたり、グミの葉についたアブラムシをとったり…と、やることはいくらでもある。でも、あまりにも寒いし、雨も降ってきたので、2時間ほどで部屋に逃げ込んだ。
ホントはイタヤカエデの植え替えやサキュレントの株分けもしたかったのに…。

●今日のベランダ通信

 アブラムシ退治は葉っぱにぎっしりついたアブラムシを、指で擦り潰すようにして殺していく。終わる頃には指が油でギトギトになる。かなり気持ち悪いが、殺虫剤は極力使いたくないのでしょうがない。てんとう虫が来てくれるといいんだけど…。
[PR]

by novou | 2008-04-26 20:30 | ベランダ歳時記