東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ベランダ歳時記( 343 )


2008年 09月 09日

秋めくベランダ

2008/09/09(火)
晴れ/29℃

f0160063_19221456.jpgベランダに出てみると、
スッキリした秋晴れのいい天気。
湿気もなくカラッとしていて
気持がいい。

空気が澄んでいるせいか、
いつもの風景がクリアに見える。

f0160063_19234474.jpg代官山アドレスも
恵比寿ガーデンタワーも、
夏の間は溶けたロウソクのように
陽炎に揺れていたが、
今日は鉛筆のように
シャキッとしている。

気分がいいので、
いつもより時間をかけて
水やりしたり、
花がらを摘んで、
2時間ばかりベランダで過ごす。

f0160063_1926091.jpgベランダは少しづつ
秋めいてきている。
コスモスが咲き、
パープルファウンテンが
風に揺れている。

f0160063_19264690.jpg秋ナスもそろそろ
収穫できそうだし、
ど根性カボチャも、
砲丸投げの鉄球ほどの大きさに
成長している。

以前、紹介した
ジャック(タチナタ豆)も、
いつの間にか
ホントにナタのような
カタチになってきた。

そろそろインゲンやゴーヤの
コンテナを整理して、
秋植え球根の準備に取り掛かろう!


←ど根性カボチャ





















←タチナタ豆
[PR]

by novou | 2008-09-09 19:35 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(1)
2008年 08月 30日

今日もゲリラ豪雨

2008/08/30(土)
雨時々曇り/29℃

晴れたり降ったり曇ったりの、
おかしな天気だった。

f0160063_17551341.jpg午前中は晴天だったので
ベランダで花殻を摘んだり、
収穫の終わったトマトや
アシタバのコンテナを整理。

ヘンリーヅタやブドウについていた
黄金虫も10匹ほどやっつけた。

彼らは見ようによっては
宝石のようだが、
ホントはベランダいちばんの
嫌われ者だ。

幼虫のうちは地中で暮らし、
植物の根を食い荒らし、
成虫になると
今度は葉を食い荒らすので、
ベランダは毎年、
被害甚大なのである。

f0160063_17561622.jpgベランダ仕事で大汗をかいたので、
お風呂に入ってすっきりして
午後からはたまった仕事を
シコシコ片づける。

すると、にわかに南の空に
入道雲が湧き上がり、
あれよあれよという間に
真っ黒な厚い雲に覆われて、
大粒の雨が降ってきた。

テーブルやスチール製の椅子に
当たる雨音は、バラバラバラと
まるで機銃掃射のようで、
身がすくむほどだ。

「プライベートライアン」の
ノルマンディー上陸のシーンを
思い出す。

夕方からは曇り。
どんよりとしているし、
仕事もいっぱいなので、
気分が重い週末なのである。
[PR]

by novou | 2008-08-30 18:10 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2008年 08月 29日

8月のベランダ

2008/08/29(金)
曇り時々雨/28℃

f0160063_11144395.jpg雨上がりの
ベランダは
しっとりとしていて、
緑も鮮やかだ。

床も雨できれいに
洗われていて、
気持がいい。

f0160063_11152951.jpg
久しぶりに
屋上に上がって、
ベランダを見下ろすと、
夏の間に植物たちが、
ずいぶんと
大きくなって
緑が濃くなっていることに
驚かされる。

ちなみに
こちらは5月のベランダ。


f0160063_11203771.jpg万年青は
株が倍ぐらいに
大きくなったし、
葉も雨に洗われて
艶やかだ。


f0160063_11215046.jpgビオトープは
山吹に覆われて、
俯瞰で見ると、
そこが池になっているのが
判らないほどである。


f0160063_11225416.jpgオクさん担当の
ポタジェでは
ミントの仲間が
爽やかな香りを
まき散らし、
イチゴがふたたび
花を付けている。


f0160063_1123534.jpgそして、
驚くべきは
コンポストから
はえてきた
“ど根性カボチャ”だ。

いまやツルを
天井まで延ばし、
ハスのような美しい葉を
茂らせている。


f0160063_1125746.jpg気候も涼しくなってきたし、
そろそろ仲間を呼んで、
ベランダ・パーティでも
やりますか…。
[PR]

by novou | 2008-08-29 11:28 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(5)
2008年 08月 27日

ベランダに集まる蝶々たち

2008/08/27(水)
晴れのち雨/27℃

f0160063_16582718.jpgしばらく続いた雨も一段落。
久しぶりに朝から天気に恵まれた
東京である。

ベランダにはこの晴れ間を
待ってましたとばかりに
たくさんの蝶や蜂が飛来している。

とくに人気なのは
マウンテンミントだ。

この花、
他のミントの仲間とは違って
シソ科サルビア属なのだが、
ミントのような
清々しい香りがする。

そのせいか蝶や蜂や
ハナアブの仲間が
取っ換え引っ換えやって来て、
蜜を吸っていく。

f0160063_1659284.jpg写真上はツマグロヒョウモンの雌。
カメラを向けてもお構いなしで、
2匹仲良く夢中で蜜を吸っている。

写真中はナミアゲハ。
きれいな蝶だが、
こいつはグレープアイビーや
ユズの葉にとまって、
こっそりと卵を産み付けていく。
アゲハは柑橘系の植物が
大好きなのだ。

f0160063_1703290.jpg写真下はユズの葉に産み付けられた
ナミアゲハの卵。
よーく観察したら、
すでにたくさんの幼虫が
孵化していてユズの葉を
ムシャムシャ食べている。

虫との戦いが始まる秋のベランダ、なのである。
[PR]

by novou | 2008-08-27 17:08 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2008年 08月 23日

夏の終わりのベランダ(2)

2008/08/23(土)
曇り時々雨/24℃

f0160063_12522864.jpg暦の上では処暑である。
“処暑”とは「暑さが止む」、
という意味で、
この頃から、
朝夕に少しずつ涼気が
加わってくる。

ベランダの寒暖計は
24℃を差している。
暑さが止んで、
半袖では少し寒いくらいだ。

f0160063_1253878.jpg
西のベランダで
コスモスが咲き始めた。

南のベランダでは
サフランも咲いた。

蝉の鳴き声も
物悲しく感じる。

きょう、
夏が終わった。
[PR]

by novou | 2008-08-23 12:56 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2008年 08月 21日

夏の終わりのベランダ

2008/08/21(木)
晴れのち雨/29℃

朝、ベランダに打ち水をして、
窓を開け放つと、気持のよい風が吹き抜けていく。

エアコンを止めて、こうして窓を開けていると、
蝉の声が良く聞こえる。

今年は隣家の屋敷林が伐採されてしまったせいで、
蝉の鳴き声はいつもよりおとなしくなったが、
それでも下から湧き上がるように聞こえてくる。

ミンミンゼミの大合唱に、
ジジジジジィとアブラゼミの通奏低音が重なる。

我が家の専属オーケストラが、
「今日も暑くなるぞ!」と
教えてくれているようだ。

f0160063_115110100.jpg
ベランダでは
たくさんの植物が
実をつけはじめた。






イチジクが熟し、








f0160063_11515521.jpg





ヘンリーヅタが実をつけ、









f0160063_11524432.jpgf0160063_11533117.jpg










キンカンも






















トケイソウの実も鈴なりだ。








f0160063_11542815.jpg









キョウチクトウだって
タネの鞘(きっとそうだよね?)をつけている。



ベランダには、毎朝、
わくわくするような発見が
いっぱいだ。
[PR]

by novou | 2008-08-21 12:02 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2008年 08月 17日

月と花火と松葉牡丹

2008/08/17(日)
曇りのち雨/25℃

いつものTシャツと短パンでは、
寒いくらいの気温である。

今日で夏休みは終わりと、
天気が宣言してるみたいだ。

ボクの気分も今日の天気のように重たく灰色だ。
お盆休み前に安請け合いした仕事が、
ドカッとたまっているからだ。
高校野球とオリンピックを見過ぎたせいだ。

なんだか夏休み終了前の、
宿題がたまった小学生のようだ。
でも、今夜のハンマー投げの決勝は、見たいしなぁ…。

年甲斐もなく、徹夜で宿題を片づけることになりそうだなぁ。
ホントはブログを書いてる場合じゃないんだけど…。
ま、いいか。


f0160063_15282671.jpg昨日は屋上に上って、
遠くに見える多摩川の花火を見た。
といっても、
ここから見えるのは
5号玉以上の打ち上げ花火だけだ。

上空200m近くまであがる5号玉は
あがっていく時の
ヒュルルルル〜という音と軌跡が
いいのだが、
ここからではビルが邪魔して、
前置きなしに
いきなりドカンと花が開く。

イマイチ風情に欠けている。

f0160063_15293614.jpg風が気持ちよかったので、
花火が終わってからも
オクさんと屋上に寝転がって、
雲の切れ間から見える
満月を眺めた。

美しかった。

花火よりこちらの方が、
数段風情がある。

風はすでに秋の風である。

f0160063_15303051.jpg

ベランダでは
松葉牡丹が花を付けた。

この花、
日照草(ひでりぐさ)の
別名があるくらいで、
雨の日や曇りの日には
つぼみが開かない。

ボクはつぼみのままの方が、
可憐で美しいと思うのだが、
いかがだろう…。
[PR]

by novou | 2008-08-17 15:48 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(2)
2008年 08月 12日

東京で過ごす盆休み

2008/08/12(火)
曇り時々晴れ/30℃

f0160063_13524272.jpgお盆休みである。

人々が帰省やレジャーに
出かけているせいで、
東京の道が空いている。

近くのスーパーに
クルマで出かけたら、
旧山手通りはガラガラで、
代官山アドレスの駐車場も
ガラガラだった。

人もクルマも少ないと、
なんだか涼しく感じるから
不思議だ。

今年の我が家は帰省もせず、
旅行にも出かけず、
家でのんびりと
お盆を過ごしている。

f0160063_13534192.jpg今日のような気温で
少々風があると、
ベランダで過ごすのも気持がいい。

たっぷりと打ち水をして、
軒下に庇を張ると、
午前中であれば快適だ。

今日はオクさんもお休み。
今夜、涼しかったら、
久しぶりにベランダで
ごはんを食べようかな…。
[PR]

by novou | 2008-08-12 14:00 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2008年 08月 08日

灼熱地獄

2008/08/08(金)
晴れのち曇り/35℃
13時頃、震度4の地震
北京オリンピック開幕

暑い。気違いじみた暑さだ。

渋谷の谷底を歩くと、
澱んだ空気がまとわりついて、
カラダの自由を奪っていく。

太陽とその照り返しは、
容赦なく皮膚を焦がし、
汗を滴らせる。

谷底の異常なほどの混雑は、この暑さに拍車をかける。
苛立ちと諦めが谷底で沈殿し、空気はさらに澱んでいく。
スクランブル交差点を行き交う人々は、もはや発狂寸前だ。



今日は太陽が昇りきらないうちからベランダ仕事。
オーガスタの大鉢を直射日光の当たらない階段の踊り場に運び、
花オレガノやマウンテンミントをテラコッタに植え替えた。

大汗をかいたので、水風呂にザブンと浸かり、すっきりしてから朝食だ。

9時頃に再びベランダに出て見ると、たっぷり撒いたはずの水がすでに干上がって、床は裸足で歩けないほどの灼熱地獄になっている。床の熱と照り返しで植物が弱らないようにと、もう一度水撒きしようとしたら、ホースからは60℃くらいの熱湯が吹き出てきた。
f0160063_1584899.jpg

上の写真は仕事場から見た西のベランダ。
睡蓮鉢は日陰を作ってやらないと、
メダカが煮魚になってしまいそうだ。


f0160063_1593154.jpgさて、今日は直射日光対策の
アイデアをひとつ。
写真のとんがり帽子は、「イケア」でひとつ299円で買ったもの。
本来は竹製のケーキフードなんだけど、ハーブ苗の日除けにピッタリ!
これなら風通しもいいし、苗も元気に育ってくれそう…。
いかがですか。
竹製のケーキフード!?。
我が家は全部で3つ買いました。
[PR]

by novou | 2008-08-08 15:03 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(3)
2008年 08月 06日

槿花一朝の夢

2008/08/06(水)
晴れ時々曇り/32℃

f0160063_11143099.jpg昨日の雷雨でベランダは大洪水。
雨は4つある排水溝の処理能力を
軽く上回って、くるぶしあたりまで
水が溜まった。


この雷雨でビオトープの金魚が一匹流されたが、幸い発見が早かったので無事だった。
見落としていれば、
今ごろ干物になっていたはずだ。

f0160063_11154185.jpg
それにしても
最近のカミナリは凄い。
カミナリは昔、
夕立の前触れだったが、
いまでは朝、昼、夜とお構いなしに雷鳴をとどろかせ、
バケツをひっくり返したような雨を降らせている。

カミナリさまの虫の居所は
相当悪いらしい。

f0160063_11163286.jpg
さて、一夜明けての快晴で、
ベランダは水地獄から一転、
灼熱地獄となっている。

こんな過酷な環境の中で、
ムクゲが真っ赤な花を
咲かせている。

この花、お隣の韓国の国花で、
彼の国ではホテルの格付けを
あらわす星印も、
この花をデザイン化して
使っている。

ムクゲは早朝に咲き、
夕方には萎む一日花だ。

人の世のはかなさをいう
「槿花一朝の夢」の
“槿花(きんか)”とは、
このムクゲのことである。
[PR]

by novou | 2008-08-06 11:29 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)