東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ベランダ歳時記( 325 )


2012年 11月 21日

11月のベランダ

だいぶ色づいてきたベランダですが、今年は暖かかったせいか、紅葉のピークは12月にずれ込みそうです。

トシをとると紅葉を見ても、山に登っても、老人性××になっても、自分の人生を重ねてしまいセンチになります。秋っていやぁ〜ね(^_^)。
f0160063_12562113.jpg
f0160063_1256339.jpg




カベルネソービニヨンの紅葉。
f0160063_12564384.jpg


ヘンリーヅタも実をつけ、紅葉しています。
f0160063_1256587.jpg


こちらはナンテンの実。今年は鳥に食べられることもなく真っ赤に色づきました。
f0160063_1257623.jpg


多肉ちゃんも紅葉しています。
f0160063_1257596.jpg


こちらは苔盆栽から伸びてきた木。まだ小さいのでなんの木かわかりません。
f0160063_12571593.jpg


ブラックベリーの葉っぱ。
f0160063_1257478.jpg


水鉢に落ちたブルーベリーの葉っぱ。真っ赤で金魚みたいです。
f0160063_1258082.jpg


こちらはホスタ(パトリオット)。これが黄葉と感じるか、枯葉と感じるかが園芸好きかどうかの分かれ道…。
f0160063_1259048.jpg


バッタも秋仕様!?
f0160063_1259101.jpg

[PR]

by novou | 2012-11-21 13:02 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 14日

ローズヒップ

今年の春は花がら摘みをサボったので、ローズヒップがたくさんついた。
ホントは株の体力を奪うので、実のつけすぎは好ましくないのだけど、できてしまったものは仕方がない (^_^)v 。
f0160063_134478.jpg
f0160063_134129.jpg
f0160063_1335843.jpg




もう少し赤くなって実が成熟したら、摘み取ってローズヒップティーやジャムにしようと思う。
f0160063_134638.jpg
f0160063_1341088.jpg
f0160063_1342014.jpg


ちなみに写真は時計回りに、ローラアシュレイ(緑色の熟していない実)、のぞみ、ナニワイバラ、キュー・ランブラー、ジャクリーヌ・デュ・プレ、ガラシャ、淡雪のローズヒップです。
f0160063_1342973.jpg

同じバラでも品種によって、実の大きさや形が違うところが面白いですね。


ついでに、こちらはヘンリーヅタの実。
f0160063_1343113.jpg


こちらはおなじみのナンテン。
f0160063_1343623.jpg


で、これはぶどう酒にし損ねたカヴェルネ・ソーヴィニヨン。
f0160063_1343374.jpg


ベランダではここのところの寒暖差で、アロニアやブルーベリーが色づきはじめています。

10月中旬のベランダでした。
[PR]

by novou | 2012-10-14 13:09 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 05日

10月のベランダ

2012/10/05(金)
はれ/28℃

f0160063_8461132.jpg

気持ちのいい朝です。
きのうの雨がベランダの落ち葉をきれいに洗い流してくれました。
水やりもしなくていいので、余裕の朝でもあります(^_^)v
なので、‘10月のベランダ’、お決まりの定点撮影です。
f0160063_8455922.jpg

f0160063_8463487.jpg

f0160063_846469.jpg


9月最後の日の台風で崩壊したベランダですが、葉は傷んでいるものの、植物たちはなんとか復活しています。
植物の力はすごいね。
心配してくれたみなさん、アリガトウ!

バラもノボタンもこの秋はダメだったけど来年に期待です。

白萩が咲いています。
きのうの雨で、ビオトープの上に米粒のような花びらが散っています。
f0160063_8473531.jpg

萩は秋の七草。覚え方は「ハスキーなおふくろ」(^_^)。
ハは萩。以下、ススキ、桔梗、ナデシコ、女郎花、フジバカマ、葛です。

台風でやられて植え直したヒューケラも日に日に大きくなっています。
葉っぱの色合いがたまりません…。
f0160063_8475366.jpg


てな感じの、10月のベランダでした。





                                 (↓これは台風でやられた時のベランダの様子(ioi))
f0160063_850759.jpg

                             
[PR]

by novou | 2012-10-05 08:48 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(6)
2012年 09月 27日

9月のベランダ

f0160063_7293249.jpg


ずいぶんと秋めいてきたきょうこの頃。
朝、パジャマでベランダに出るのが、ちょっと寒く感じられます(^O^)v。

f0160063_7293899.jpg


9月のベランダはムクゲやキョウチクトウが終わり、かといって、秋バラの季節にはまだ早い、華やかさにかけるベランダです。

f0160063_7294377.jpg


でも、セージやサルビアがチラホラと咲きはじめ、ノボタンがツボミを膨らませ、開花の準備をしています。

f0160063_72952100.jpg



西のベランダでは夏の名残を惜しむようにアメリカノウゼンカズラやプルメリアが咲いています。

f0160063_7295698.jpg


f0160063_730197.jpg



舞台の幕間のような、季節の変わり目のベランダでした…。
[PR]

by novou | 2012-09-27 07:34 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(2)
2012年 08月 21日

朝顔

2012/08/21(火)
はれのちくもり/34℃

朝顔は太陽の申し子。

f0160063_6311232.jpg


日の出とともに、コヨリのようなつぼみが、朝露をまとって、ゆるゆると解けていく。

f0160063_6312550.jpg


それがこの花の、いちばん美しい瞬間…。
[PR]

by novou | 2012-08-21 06:34 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 20日

8月のベランダ

2012/8/20(月)
晴れのちくもり/33℃

ひと月以上も更新をサボってしまいました。

花を愛でるという風流を寄せつけない暑さに辟易して、
小さな入り江に避難していたのです(笑)。

f0160063_2181811.jpg


相も変わらずのベランダではありますが、
いまはムクゲが咲き、ハイビスカスも咲いています。

f0160063_218223.jpg


ハイビスカスは夏の象徴のような花です。

f0160063_2161185.jpg


暑さに強く、花を摘んでもすぐには萎れないため、
ハワイではレイを作るのによく用いられます。

学名はHibiscus rosa-sinensisというそうです。

一方、ムクゲも暑さに強い夏の花です。

f0160063_2175438.jpg


学名はHibiscus syriacusです。

学名はどんな植物にもついている万国共通のラテン語の名前で、
それはボクたちにいろんなことを教えてくれます。

どの植物と親戚で、どんな性質を持っているのか…、
学名を知れば、およそのことがわかるのです。

さて、ムクゲはどうでしょう。
学名をみるとわかるように、ハイビスカスの仲間です。

さらに種小名 syriacus は「シリアの」という意味で、中東のシリアあたりが原産なのだなぁと想像できます。
どーりで暑さに強いわけです。

話はちょっと脱線しますが、シリアの首都はダマスカスです。

ダマスカスと聞いて、なにか思いつきませんか?

そう。バラ好きだったらすぐに「ダマスクローズ」を思い浮かべると思います。

ダマスクローズはダマスカスから十字軍を通じて、
ヨーロッパ中に広められたバラです。

芳香は「ダマスク香」とよばれ、バラの香りの代表的なもので、
今ではローズ・オイルやローズ・ウォーターの原料として栽培されています。

そして、ダマスクローズはシリアの国花でもあるのです。

ムクゲの原産地で、ダマスクローズを国花に持つシリア…、
そしてダマスカス(旧市街)は世界遺産にも登録されてる美しい町です。

いつかは旅してみたいと憧れていた国、シリア…。

そんなシリアが内戦で無惨に破壊されていくのを見ると、残念でなりません。

美しいダマスカスの市街が、また花で飾られる日が1日も早く来ることを願ってやみません。
[PR]

by novou | 2012-08-20 21:19 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(6)
2012年 07月 19日

梅雨明けのベランダ

2012/07/19(木)
はれ時々くもり/33℃

暑い暑いと思っていたら、
東京は、おととい梅雨が明けたそうです。

きょうも最高気温は33℃の予報が出ています。
ボクもベランダの植物たちも、ゲンナリって感じです。

ただひとつ元気なのは睡蓮でしょうか。

f0160063_1059211.jpg


初夏の咲きはじめより、花の色が一段と赤く、鮮やかになった気がします。


琉球アサガオも咲きはじめています。
宿根なので毎年越年して、たくさんの花を咲かせます。

f0160063_10592555.jpg


この花、生命力旺盛なので、蔓をこまめに刈り込まないと、
すぐに屋上まで延びてしまいます。


こちらはきょうの収穫。

f0160063_10593384.jpg


この時期、トマトもブラックベリーも毎日少量ですが収穫できます。
2人で食べるには十分です。

f0160063_10592910.jpg



けさは桃とアメリカンチェリーをプラスしていただきました。

f0160063_10593751.jpg


朝はフルーツとお茶だけです。


最近、食べ物のエントリが少ないのは、ボクがダイエット中だから…です(^_^)。
すでに3kg痩せたのですが、お腹まわりは痩せません。
たまった内臓脂肪をなんとかしなくちゃね。
まいったなぁ(^_^;)。
[PR]

by novou | 2012-07-19 11:04 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(5)
2012年 07月 16日

7月のベランダ

2012/07/16(月)
はれ時々くもり/33℃

きのう1日かけて伸びすぎたスイレンボクやシジミグサの剪定をし、クレマチスやカイガラムシだらけのハーデンベルギアを切り戻しましたが、それでもベランダはギュウギュウの超過密状態です。
f0160063_75320100.jpg


f0160063_753440.jpg


f0160063_753772.jpg


f0160063_7531762.jpg


f0160063_7532441.jpg


f0160063_7532762.jpg


それなのにオクさんが出張先の茨城のホームセンターから、カベルネソービニオンの大苗を買ってきました。
ワインでも作る気かしら…。

f0160063_814241.jpg

置く場所がないので、カジイチゴさんとサヨナラしました(j_j)。



予報では東京の最高気温は33℃。
暑くなりそうです。
日焼け対策、水分補給をお忘れなく。
[PR]

by novou | 2012-07-16 08:03 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 28日

きょうのベランダ

2012/05/28(月)
はれのち雨/25℃

昨日のエントリにも少し書きましたが、
週末、せっせと鉢を動かして、庭のレイアウトを変えました。
で、その全貌がコチラ。でも、写真じゃちょっとわかんないよなぁ。
f0160063_942750.jpg


4つの睡蓮鉢を中心に、その周囲を紫陽花やモミジやコデマリといった和花で囲んでみました。
よーく見ると、紫陽花がチラホラ咲きはじめていますねぇ。
俯瞰すると、緑のバリエーションの豊かさに驚かされます。

まん中の竹の椅子に座って、花やメダカを眺めるのが至福の時、です (^O^) 。←ジイさんか!




[満開情報]

庇の下ではつるバラののぞみが満開です。
f0160063_9515565.jpg


こちらはアガパンサス。
f0160063_9441681.jpg

ギリシア語のアガベ(愛)とアンサス(花)で ‘アガパンサス’ 。「愛の花」です(照)。
[PR]

by novou | 2012-05-28 09:53 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 02日

春よ こい!

2012/03/02(金)
雨/10℃

東京はおとといは大雪、きのうは最高気温14℃で3月下旬の暖かさ、そして、きょうは冷たい雨の1日でした。
なんだか、春と冬が綱引きしてるみたいです。
もうひと踏ん張りで、ぐぐっと春の陣地に引き込めそうなのですが、今年の冬は粘り強いですねw。

ベランダの花たちの開花も、去年よりずいぶん遅れています。
ミモザもハーデンベルギアも、まだ、ツボミのままです。

なにか花の写真をと思ったのですが、我が家のベランダに花が咲くのはあと1週間ほどかかりそう。

こちらはアスパラガス・プルモーサスです。
鑑賞用のアスパラガスなので食べられませんw。

f0160063_23583538.jpg


細かく密生して葉のように見えるのは、枝が退化したもので、仮葉といいいます。こころ休まる緑ですね。
[PR]

by novou | 2012-03-02 23:59 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)