「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ベランダの道具たち( 12 )


2016年 04月 27日

アフリカの古民具

去年の夏の終わりにアフリカの古民具(たぶん栃の実のような木の実を洗う道具なんだと思う)をいただいた。しばらくはベランダのテーブルとして使っていたのだけれども、プリミティブな味わいがあって雨ざらしにしておくのはあまりにももったいない。
f0160063_17532285.jpg

なにかいい使い方はないかと考えて、思い浮かんだのが、花活けのベース(?)として使うこと。
で、早速、BRIWAXできれいに修復し、壁に取りつけてみた。
活けたのはきょう咲いたばかりのクレマチス。なんかいい感じだ。
f0160063_17531560.jpg

玄関ドアを開けると、この花活けがすぐに目に飛び込んでくる。
毎日のようにやって来る宅急便のおねえさんやハハに、この花で季節を感じてもらえたら嬉しいな。
f0160063_17531879.jpg

[PR]

by novou | 2016-04-27 17:59 | ベランダの道具たち
2015年 06月 28日

garden clipper

f0160063_1152588.jpg

右は兵庫のTajika製作所とVALLICANS(東京を中心にガーデニング活動をしている集団)とのコラボで生まれたgarden clipper。
バリカンをモデルにしているので剪定バサミというより剪定バリカンといった感じ。
柄が太く、刃が厚いため、太い枝もザクザク切れる。
嬉しくなって、今朝、バラもアジサイも強剪定した。
5分刈りが得意な床屋のオヤジになった気分だ。

左は同じTajika製作所のIronシリーズ。
去年、オサルさんがプレゼントしてくれた。


f0160063_1153018.jpg


それまでは、ずっと100均のガーデンバサミを使っていたので、ずいぶん出世した気分だ。
オトコはやっぱり道具、からだな。

琉球アサガオのオーシャンブルーがぐんぐん伸びてきた。
このアサガオ、宿根の多年草なので、放ったらかしでも毎年咲きます(^_^)v


f0160063_1153247.jpg

[PR]

by novou | 2015-06-28 11:55 | ベランダの道具たち
2014年 03月 21日

庭仕事と剪定バサミ

種をまいた。
春まきの野菜やハーブなど10数種類…。
いつもよりちょっと早めの種まきだ。
f0160063_14563324.jpg

種のなかにはスペイン土産でいただいた「アルハンブラ宮殿の庭の種」(写真左)なんていうロマンチックなものもある。
どんな花が咲くのだろう。いまから楽しみ。


f0160063_14564336.jpg
f0160063_14563940.jpg



一生懸命庭仕事をしていたらオクさんが「ハイ、プレゼント!」と素敵な剪定バサミをくれた。
恵比寿のファーマーズテーブルで見つけたらしい。
いままでは100均のガーデンバサミを使っていたので、切れ味がイマイチだったのだ。
f0160063_14564984.jpg

でも、これは鋼でできた高級品なので、チョッキン、チョッキンと面白いように切れる。
なんかプロのガーデナーになった気分だ。
ありがとう。大切に使います。
[PR]

by novou | 2014-03-21 15:02 | ベランダの道具たち
2011年 09月 14日

鋳鉄のバーベキューグリル

2011/09/14(水)
晴れときどきくもり/32℃

15年ほど前に買ったバーベキューグリルが、真っ赤に錆びてしまった。
ずっと放ったらかしにしていたからなぁ。
f0160063_1842636.jpg
ここ4〜5年はキャンプにもいっていないし、ベランダごはんもオクさんと2人で、
こじんまりと食べることが多い。
それで、小さくて扱いやすい水火鉢の登場回数が増え、バーベキューグリルの出番がなくなってしまったのだ。

でも、秋から冬のBBQはやっぱり鋳鉄のグリルに限る。
全体がぶ厚くできているので、ダルマストーブのようにあったかいのだ。
それに一度温まると冷めにくく、炭や薪といった燃料の節約にもなる。

で、アウトドアシーズンに備えて、きょうはBBQグリルのメンテナンスをしたというわけである。

丁寧に金ブラシをかけて、ウエスで磨いてから、油を塗り込む。小1時間かかった。
f0160063_1851598.jpg

f0160063_17515128.jpg
メンテが終わったBBQグリルは、なんか見違えるようだ。
f0160063_1861451.jpg

週末はこれで分厚いステーキを焼いてみたい。
[PR]

by novou | 2011-09-14 18:07 | ベランダの道具たち
2011年 07月 05日

シェード&ハンモック

2011/07/05(火)
晴れ時々くもり/32℃

梅雨はまだ明けていないけど、太陽はギラギラしていて、もう夏の太陽だ。
これでは日差しが強くて、ベランダでお茶もできない。
それでガーデンテーブルの上に日除けを張った。
f0160063_14151733.jpg
写真を見るとお判りのように、実はコレ、ハンモックなのだ。
つまり、日差しが強い時はシェードとして使い、暑くない時にはロープを緩めてハンモックとして使うつもり…なのだ。

ホントは風通しがいいネットタイプのメキシカンハンモックが欲しかったのだけど、ネットじゃ日除けにならないもんね。

で、コットン100%の布製になったとゆーわけ。

でもね、布製は風が強いと、ロープを回転軸にして、クルクル回っちゃうんだよね。
そこが難点かな。

うーむ、一石二鳥と思ったけど、もしかして、虻蜂取らずか…(T_T)。
[PR]

by novou | 2011-07-05 14:18 | ベランダの道具たち
2011年 05月 26日

ガーデンチェア&餌台

2011/05/26(木)
曇り時々雨/22℃

バラの写真を撮ろうとして椅子に乗ったら、バキバキッと座面が抜けた。
いままでも、こうして写真を撮っていたのに、ナンデダ???
最近、食べ過ぎで体重が2〜3kg増えたからなぁ。ショック!
f0160063_10131327.jpg
で、グランピエによさげなガーデンチェアがあったのを思い出し、チェックに出かけた。
f0160063_10133888.jpg
ここんところ、週に2回はこの店に来ている。
f0160063_10132826.jpg
世界中のガラクタ(失礼)が所狭しと置いてあるし、なんといってもバザール風の中庭が気持ちいい。

f0160063_1014319.jpg
で、悩んだ末に連れ帰ったのがコチラ。
f0160063_10145195.jpg
f0160063_1015371.jpg
インドのスチール製の折りたたみ椅子。
f0160063_10152590.jpg
イギリス統治時代が長かったインドからは、いまでも英国テイストな家具や古道具が骨董市場に出るらしい。この椅子も英国風でコンパクトだし、色も気に入っている。


もうひとつはこちらの鳥の餌台。
f0160063_10155268.jpg
ベランダにはシジュウカラやメジロがよくやってくるので、この餌台にオレンジの切れ端でも置いてみようと思う。食べてくれるかなぁ…。
[PR]

by novou | 2011-05-26 10:19 | ベランダの道具たち
2008年 12月 15日

庭の小物たち

2008/12/15(月)
晴れ/11℃

f0160063_2216178.jpg「真冬並の寒さ」との予報だったが、
南向きのベランダは陽射しが強く、
意外なほどポカポカとして暖かかった。

てなわけで今日も午前中は
いそいそとベランダ仕事。

今日のようなピーカンだと、
コントラストが強すぎて、
いい写真が撮れないのが目下の悩みだ。

先週末から今週にかけて、
少しずつベランダの模様替えをしている。
ここではすべての植物を
コンテナとプランターで育てているので、
その気になればいつでも移動できる。



f0160063_22335577.jpg地上部分が枯れた宿根草の類いは、
西のベランダに引っ越ししていただき、
替わりにトネリコやミモザや
キョウチクトウといった常緑の樹木を、
南のベランダの
目立つ場所に移動した。
季節や気分で簡単にレイアウトを
変えられるのが、
ベランダ園芸のいいところだ。










f0160063_22173311.jpg以前、ウォーターマッシュルームが植わっていた紹興酒の壺には今、姫トクサが植わっている。先日、「ジョイフル本田」で買ったものだ。
冬の間、ウォーターマッシュルームは涸れてしまうので、春までビオトープで寝かせている。












f0160063_221893.jpgオクさんが生ゴミと一緒に蓋を捨ててしまった南部鉄の急須には、斑入りヤブランを植えた。鉄製の虫のオブジェも錆びて味がでてきている。うしろの織部焼きの瓦は青山の古道具屋で見つけたもの。














f0160063_22191183.jpgカエルの小さな水盤はオクさんがおふらんすへ行った時のお土産。これがトランクから出てきた時は正直呆れた。重たいので漬け物石の代りにだってなる。








午後からは「IKEA港北店」まで、お買い物。
目黒通りも第三京浜もすいていたので30分で到着。






f0160063_2220122.jpg
●今日の昼ごはん

IKEAの定番「ホットドッグ」&ソフトドリンク飲み放題付き(180円)。
ソフトクリーム(50円)。いつものように、先に腹ごしらえをしてから買い物スタートだ!
[PR]

by novou | 2008-12-15 22:47 | ベランダの道具たち
2008年 11月 26日

デジカメ買い替えの顛末

2008/11/26(水)
曇りのち雨/14℃

とうとうデジカメを買い替えた。
サイバーショットの画像モニターがついに映らなくなったのだ。
しばらくオクさんのデジカメを借りて、
ブログをアップしていたが、オクさんも仕事で使うし、この際、清水の舞台から飛び降りるつもりで、新しいデジカメを買うことに決めたのだ。

ずっと前から次のカメラは、デジタル一眼レフにしようと思っていた。でも、いろいろ考えた末、やっぱりまたコンデジ(コンパクト・デジタルカメラ)を買うことにする。散歩や旅行に大きくて重いデジイチを持って歩くのは邪魔だし、スナップショットを撮るにしても、デジイチでは大袈裟すぎて、お気楽感がないような気がするのだ。

で、いそいそと新宿西口のヨドバシカメラに行ってきた。

候補はLUMIX DMC-LX3RICOH GX200の2機種である。
双方ともボクが使うには十分過ぎるほどの表現力と機能を持った、コンデジのハイエンド機種である。

店頭で実機を試したが、LX3は「どんな被写体もお気楽に美しく」というコンデジの楽しさが満載で、片やGX200は「デジイチに負けないプロっぽさ」が魅力だ。ボクのまわりでは、これをサブ機として使っているカメラマンが結構いる。

1時間ほど迷った末に結局買ったのはGX200だ。
決め手は手にした時のホールド感と、チルト式の液晶ビューファインダーが取り付けられることだ。花を撮影するにはローアングルで撮ることが多いので、このチルト式ファインダーは実に便利なのである。

で、「カメラ本体とファインダーとレンズキャップとSDカードで〆ていくら?」と店員さんに聞いたら目ん玉が飛び出た。予算の倍以上の金額なのだ。デジイチより高いぞ! ファインダーだけで2万円以上もするのだ。20%のポイント還元があるとしても、この出費は痛い。

「不景気で仕事も減っているのに、こんな高いカメラ買っていいのかよ」とか「サイバーショットを直して使えばいいじゃん」と、頭の中でささやく声がする。

ボクの横では「いまなら使えなくなったカメラを3000円で下取りしますよ」とか「いつもは10%か15%のポイント還元で、20%は今だけですよ」と店員さんがクロージングにかかる。

「もう少し安くなんないの?」とか「レンズキャップぐらいおまけしてよ!」と粘ったけど、店員さんは「ビタ一文まかりまへん!」というような顔で首を横に振る。

しょうがないので今まで溜めたヨドバシのポイントを使い、さらにアメックスのポイントをヨドバシのクーポンに替えて苦悶の末のご購入だ。
これで財布もポイントもすっからかんである。

それにしてもアメックスのポイントって、どうしてこんなに還元レートが低いんだろう。年会費が上がってバカ高くなったのに、使っていてもちっともお得感がない。
それに、以前のようなステータスの高さもなくなった。

ま、アメリカの金融資本主義が終焉を迎えようとしているいま、アメックスもボクのお財布から消えてなくなる運命だな。百貨店系のカードの方がよっぽど使いやすいもん。次の年会費が引き落とされる前に解約しよっと!

ん!? ショックのあまり、話が横道にそれた。許せ!

GX200のレビューはまた後日。

じっくりマニュアルを読み込んで、
使いこなせるようになってからアップします。
[PR]

by novou | 2008-11-26 16:42 | ベランダの道具たち
2008年 11月 23日

オプティマス123R

2008/11/23(日)
晴れのち曇り/16℃
勤労感謝の日/新嘗祭

f0160063_21514118.jpg物置を整理していたら、
古い携帯用ストーブが出てきた。
懐かしくなって
ベランダでお茶を沸かした。

山歩きやキャンプに
明け暮れていた30代、
この小さなストーブを
リュックに入れて、
ひとりで日本中を旅した。

紅葉が終わった
ちょうど今ごろの季節は、
山は登山客も少なく、
下山するまで誰にも会わないことも
しばしばだった。



f0160063_21523669.jpgボクは仏道修行に励む修験者のように
黙々と歩き、
山が持つ自然のエネルギーや
霊力を吸収した。

圧倒的な自由と孤独があった。

夜気に包まれると、
五感が研ぎ澄まされているせいか、
谷の底から地鳴りのような山の音が
聞こえる。

孤独と恐怖と寒さに
押しつぶされそうになると、
テントの中でこのストーブを出して
お茶を沸かした。



f0160063_21533594.jpgストーブは「オプティマス123R」という。
スウェーデン製でホワイトガソリンを
プレヒートで気化させて燃焼させる。

火をつけるとブボォボォボォボォーと
物凄い音を立てて燃え上がる。
このストーブに
どれだけ勇気づけられたことか。
炎と轟音が恐怖と孤独を消し去り、
熱いお茶が寒さを和らげた。

いまこのストーブを持って
山を旅することはない。

ピッケルもアイゼンも
ずいぶん前に売ってしまった。

真鍮製のストーブをピカピカに磨いて使うことが、山男の誇りだったが、机に飾られたそれに、昔の輝きはない。
[PR]

by novou | 2008-11-23 21:49 | ベランダの道具たち
2008年 09月 03日

意外といいかも、100円ショップの園芸用品

2008/09/03(水)
晴れ時々曇り/33℃

9月に入ったというのに、この暑さはどういう事だ。
アマノジャクすぎるぞ、近ごろの天気!

ベランダではギラギラする直射日光を浴びて、
満開の松葉牡丹がクタッとしている。

真っ赤な花が、テラコッタに溶けたようにへばりついている。
醜悪な姿である。

シャキッとしろ松葉牡丹! 
と、いってるボクも汗まみれでデロデロである。


f0160063_1446301.jpg一昨日、オクさんと
クルマで環状8号線を
走っていたら、
100円ショップの
ダイソーを見つけた。

入ってみると
意外に園芸用品が
充実しているのにビックリ。

ミニ盆栽用の鉢や
ガーデングローブなど
10点ほど買い込んだ。
これで〆て1050円也。
ちょっと得した気分だ。
[PR]

by novou | 2008-09-03 14:56 | ベランダの道具たち