東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:いつもふたりで( 22 )


2012年 11月 21日

大山詣

f0160063_0515654.jpg

オサルさんとふたりで大山(1252m/関東百名山)に登ってきました。
学生時代に登って以来、実に37年ぶりです。

当時、ボクは大山の麓の伊勢原(神奈川県)というマチに住んでいました。
アパートの窓を開けると、ひろ〜い梨畑の向こうに、なんの障害もなく、大山がすそ野からてっぺんまで、ドーンとその山容をさらしていました。

最北のマチから都会を目指して出てきたつもりが、エライ田舎に越してきちゃったなぁと、当時は悲嘆に暮れたものでした(T。T)

なんてったってアパートの家賃は1万円。
37年前とはいえ、どんだけ田舎かわかるというもんです。


19歳の大晦日でした。
帰省するお金もなく、おんぼろアパートで年越しをするハメになったボクを哀れに思ったのか、親元暮らしの友人たちがおせちを持って遊びに来てくれたのです。嬉しかったですねぇ。

で、夜中まで酒を飲み、「よーし、これから大山に初日の出を見に行くぞ!」って、酔った勢いで誰かがいい出し、懐中電灯で登山道を照らしながら頂上を目指しました。

いま思うと無謀ですが、若かったんですねぇ。
体力も筋力もあったんですねぇ。
駆け上がるような勢いで登った記憶があります。

ただ、山頂に早く着きすぎて、日の出を待っている1時間ほどが、寒くて寒くて、奥歯をガタガタいわせて震えていたのを覚えています。

それだけに太陽が昇ってきたときは「ああ〜、あったかい〜!」と、明るさよりも暖かさに感動したものです。

で、37年後、駆け上がったはずの山道は、いまや10歩足を進めるたびに息を整えなければならないほどの急坂になっていました。トホホ…。

夫婦杉あたりで山ガールの一団が追い越していきました。
楽しそうにおしゃべりしながら、すいすい登っていく彼女たちが、眩しく見えました。

若いっていいなぁって、つくづく思った山行でした。


大山阿夫利神社下社の紅葉
f0160063_0525518.jpg
ケーブルカーに乗って670mの下社まで標高を稼ぎます。
f0160063_0533027.jpg
登山道の入口はこの急な階段。ここで早くも膝が笑っちゃいます(T。T)
f0160063_0533829.jpg
下社駅からは江ノ島が見えます。
f0160063_053427.jpg
樹齢五、六百年といわれる夫婦杉。2本の杉が下部で合体しているので夫婦円満、ということらしいです(^_^)v
f0160063_0534537.jpg
阿夫利神社上社の鳥居。ここをくぐると頂上です。
f0160063_0534937.jpg
大山には鹿がたくさんいますが猿もいます。
f0160063_0535981.jpg
谷あいの宿坊や茶店が小さく見えます。
f0160063_054377.jpg
見晴らし台で一服する猿と猿。
f0160063_054512.jpg
見晴らし台から振り向くと大山の頂上が見えました。
f0160063_054917.jpg
針葉樹の杉と広葉樹が結合している御神木。「絆の木」と呼ばれ大山のパワースポットらしいです。
f0160063_0541516.jpg
頑張ったご褒美に茶店で味噌おでんと大山名物の湯豆腐をいただきました。オサルさんはご褒美をあげないとなかなか一緒に山に登ってくれません。
f0160063_0554692.jpg

f0160063_054186.jpg
お土産は柿。やす〜い。おばちゃんが2個おまけしてくれました。原木シイタケも買いました。
f0160063_0542444.jpg

[PR]

by novou | 2012-11-21 01:41 | いつもふたりで | Trackback | Comments(2)
2012年 10月 26日

曾原湖アルバム②風景編

曾原湖ではずっと湖を見て過ごします。

ここには十回以上来ているけど、まだボートで遊んだことも、釣りをしたこともありません(^_^)。
キャンプ場にいるときは焚き火にあたりながら、ずっと湖面を眺めているのです。

寒い日は朝もやが立ったり、対岸の山並みが夕日に真っ赤に染まったり、
朝まずめ、夕まずめには釣り糸を垂れるバスフィッシャーたちを眺めたり、
曾原湖はボクたちにいろいろな表情を見せてくれます。

f0160063_7383146.jpg

f0160063_7383371.jpg
こちらは曾原湖を一周する遊歩道。4kmのジョギングコースにもなっています。
f0160063_7383689.jpg

f0160063_7383895.jpg
キャンプ場からは磐梯山も見えます。
f0160063_7384175.jpg
夕日に染まる対岸の山々がきれいです。日没の瞬間は赤から紫色に変わります。
f0160063_7384454.jpg

f0160063_7384862.jpg

f0160063_7385083.jpg

f0160063_7385417.jpg
湖の水温より気温がグーンと低くなると朝もやがかかります。幻想的な風景です。
f0160063_7385848.jpg

f0160063_739191.jpg

f0160063_739549.jpg

f0160063_7391037.jpg

f0160063_7391380.jpg

f0160063_7391658.jpg
曾原湖の紅葉のピークは今週から来週にかけてです。対岸の山々が錦繍に彩られます。
そして、キャンプ場は11月4日の日曜日でクローズ。長い冬休みに入ります。
その前にぜひ一度お出かけください。(HPはコチラ
ボクらは来年のGW前にまた出かけるつもりです。
[PR]

by novou | 2012-10-26 09:35 | いつもふたりで | Trackback | Comments(2)
2012年 10月 25日

曾原湖アルバム①キャンプめし編


f0160063_1775525.jpg

たき火をするためにキャンプに行くといってもいいくらい。
暖をとるのも、料理をするのも、お茶を沸かすのもみんなたき火です。
火を眺めながら語らうと、時間を忘れてしまいます。たき火の魔法ですね。
f0160063_177591.jpg
キャンプ初日はポトフを作ります。最初に汁物を作っておくと、翌朝のスープにもなったり、パエージャのお出汁にもなったりで便利です。
f0160063_178254.jpg
二日目の夜は、ダッジーオーブンでローストチキンをつくりました。
f0160063_17856.jpg
鍋ぶたの上にも火を置けるのがダッジオーブンのいいところ。
f0160063_178826.jpg
野菜ゴロゴロのローストチキンの完成です。
f0160063_1781152.jpg
アヒル口で食べるオサルさん。
f0160063_1781453.jpg
田中邦衛か…。
f0160063_1781766.jpg
たき火を囲んで飲むワインは格別です。
f0160063_1782287.jpg
ベーコンとカチョカヴァロを焼いてオープンサンドに…。
f0160063_1782525.jpg
カマンベールにレーズンがワインのおとも…。
f0160063_1782850.jpg
鍋の上にヤカンを置いて保温します。こうしないと気温が低いのでお茶がすぐに冷めてしまうのです。
f0160063_1783034.jpg
鮎も焼きました。ホクホクの焼き上がり。
f0160063_1783340.jpg
朝からパエージャと豚肉ゴロリのポトフ。アウトドアでは腹が減るのです(^_^)v
f0160063_1783518.jpg

f0160063_1783817.jpg

[PR]

by novou | 2012-10-25 17:37 | いつもふたりで | Trackback | Comments(3)
2012年 10月 23日

安達太良山

天気予報は晴れ時々くもり。
最高気温は17℃。
まずまずの登山日和だ。

「きのうテレビで安達太良山が紹介されていたけど、最高だったわ。今が紅葉のピークだってさ。きょうは土曜日だから山はすごい人だぞ」とはキャンプ場の管理人・小林さん情報だ。

安達太良山は高村光太郎の『智恵子抄』で全国的に有名になり、深田久弥の『日本百名山』や、田中澄枝の『花の百名山』にも紹介されているから、1年を通してたくさんの登山客が訪れる。
とくに紅葉の季節やシャクナゲが咲く頃は「人のお尻を見て歩くようだ」(小林さん)というくらい混雑するらしい。

安達太良山はゴンドラを使えばいっきに標高を稼げるし、登山道もよく整備されているので、地元の小学生が遠足に登るほどの初心者向けの山なのだけれど、山頂付近は風の通り道になっているので、よく事故が起きる。

それに活火山なので、場所によっては硫化水素ガスが噴出しているところもあって、15年前には沼ノ平火口付近で4人が亡くなる事故も起きている。
つまり、初心者でも登れる山だけど、道に迷ったり、気象の判断を誤るとたいへんな事故につながることもある山なのだ。まぁ、どんな山でもそうだけどね。

前置きが長くなった。

曾原湖から安達太良山のゴンドラまでは磐梯吾妻レイクライン経由で約1時間。
小野川湖や秋元湖など裏磐梯の湖を眼下に眺めながらのドライブは気持ちよく、あっという間に着いてしまう。

が、しか〜し、8時半に到着したのに第1駐車場はすでにいっぱい。
ゴンドラには長〜い行列ができていた。とほほ…。
f0160063_2155446.jpg


こちとら土日や休日にはあまり出歩かない主義なので、行列や人ごみは大の苦手。
でも、麓から登るのよりはマシかと、しぶしぶ行列に並びましたよ。

で、並ぶこと20分。やっとゴンドラに乗り込み、山頂駅まで約10分の空中散歩を楽しみました。天気がよかったので、遠く阿武隈山地や蔵王連峰まで見渡せました。
f0160063_21555299.jpg


9時10分、いよいよ登山開始。オサルさんと雄国山に登って以来、5年ぶりの登山です。ジジイだし、貧血もあるし、膝も痛いのでマイペースでゆっくりゆっくり登ります。お急ぎの方はお先にどうぞ (^_^)v。

表登山道は木道があったり、ツツジやシャクナゲのトンネルがあったりで、混雑さえしていなければとても気持ちがいいコースです。
96年に皇太子御一行さまが登っているので、道標など登山道の整備も万全です(^_^)v。
f0160063_2156674.jpg


仙女平分岐あたりまで来ると、ゴンドラの山頂駅が小さく見えます。
ここから頂上まではあと1時間ほど。
f0160063_21562248.jpg


シラタマノキやナナカマドの赤い実がきれいです。
写真を撮りながらゆっくりゆっくり登ります。
f0160063_21563788.jpg


そして、頂上直下までやって来ました。
安達太良山の頂上はなだらかな稜線にポツリとつき出た突起物のようです。
またの名を「乳首山」と呼ばれる所以です。


その乳首にたくさんの登山者が貼り付いていて、大渋滞を起こしています。
最後の10mほどが鎖場なので、子どもや初心者は足場の取り方で少々難儀をします。
f0160063_22112051.jpg


山頂は風が強いので、渋滞で突っ立ったままでいるとカラダがいっきに冷えていきます。

山では1000m登ると気温が6℃下がります。
安達太良山は1699mなので、麓の気温が17℃だとすると、山頂付近では7℃以下で、冷蔵庫並みの寒さということになるのです。

それに風が強ければ体感温度はもっと寒く感じます。この日の山頂付近の風速は8.5mほど。体感温度は一般的には風速1mにつき1℃ 冷たく感じるといわれているので、体感温度は氷点下です。

ボクはダウンの重ね着で寒さをしのぎ、オサルさんは雨具を着込んで風を防ぎます。

そして30分かかってやっと山頂へ。
頂にはなぜか「八紘一宇」の石碑。
昭和15年に建立されたもののようで、ちょっと異様な感じがします。
f0160063_21574749.jpg


石碑の下でスマホでツーショット。
f0160063_21575724.jpg


岩場でヤッホーな写真も一枚。
f0160063_2158641.jpg


結局、乳首に登って下りるまでに1時間ほどかかりました。
イヨッ! チクビ好きっ!! イヤ〜ん…。

こちらは「牛の背」と呼ばれるなだらかな尾根道。
下りはここを通り、くろがね小屋を経由して、ゴンドラを使わずに駐車場まで歩きます。
安達太良山周回コースと呼ばれるもっとも人気のある登山コースです。
f0160063_21582512.jpg


沼ノ平火口。火山性ガスで草木も生えてません。尾根道を歩いていても硫黄の臭いがします。
f0160063_21584411.jpg


峰の辻あたりの紅葉はピークを迎えていました。きれいでした。
f0160063_21592783.jpg


こちらは鉄山の山頂付近。岩山と紅葉のコントラストがみごとです。
f0160063_21585573.jpg


こちらはくろがね小屋の横にある立ち入り禁止のルート。
温泉を引くパイプが延々とのびています。
f0160063_2201751.jpg


くろがね小屋の裏には温泉が湧いていて、岳温泉まで引き湯されています。
もちろん、くろがね小屋のお風呂も源泉かけ流しの温泉です。

うしろに見えているのがくろがね小屋。さらにうしろが牛の背。
f0160063_221778.jpg


くろがね小屋からは緩やかな下りが続きます。

でもこの頃には膝はガクガク…(^_^;)。トレッキングポールに支えられながら、ゆっくりゆっくり下りました。

小学生にも抜かれ、ジイさんバアさんにも抜かれましたが、いいんです。
若い頃はボクも競うようにして山に登っていましたが、いまは地図に書かれているコースタイムの1.5倍くらいの速度で登ります。

昔はボクのリュックにつかまって登っていたオサルさんが、いまはボクの先を歩いています。

でも、それでいいんです。

景色を楽しみ、好きな写真を撮り、山に登れる健康と、支えてくれたオサルさんに感謝しながら、ゆっくりゆっくり登るのです。

前回は天候に恵まれず、登頂を果たせなかった安達太良山。
三度目の正直でやっとやっと登りました。

日の丸を掲げたい気分でしたが、八紘一宇の石碑に日の丸じゃ、ちょっとヤバいか…(^_^)v  

てなわけで、涙がちょちょ切れるほど感動の山旅でした。
来年も必ず行くから、まってろよ〜!

長々と書いてしまいましたが、読んでくれてありがとう。
[PR]

by novou | 2012-10-23 22:12 | いつもふたりで | Trackback | Comments(5)
2012年 10月 22日

朝靄のバスフィッシャー

気温3℃
水温14℃
曾原湖に朝靄立つ。
f0160063_14185035.jpg


15年前にこの風景に感激して、春と秋には必ず訪れていた曾原湖オートキャンプ場。
早起きする甲斐があります(^_^)v。

2泊3日のキャンプ&登山のプロローグです。
[PR]

by novou | 2012-10-22 14:32 | いつもふたりで | Trackback | Comments(2)
2012年 04月 26日

おふろ旅 。スナップ

2012/04/26(木)
くもり時々雨/21℃

きのう載せきれなかった写真を少々…。
っていうか、きのう、きょうと、雨で引きこもっているので、ネタがないのです。
f0160063_1913891.jpg
f0160063_1914598.jpg
f0160063_1915639.jpg
f0160063_192298.jpg
f0160063_192931.jpg
f0160063_192177.jpg
f0160063_1922839.jpg
f0160063_1923389.jpg
f0160063_1923873.jpg
f0160063_1924376.jpg
f0160063_1924873.jpg
f0160063_1925426.jpg
f0160063_193192.jpg
f0160063_193759.jpg

[PR]

by novou | 2012-04-26 19:04 | いつもふたりで | Trackback | Comments(2)
2012年 04月 25日

おふろ旅。修禅寺編

2012/04/25(水)
曇りのち雨/21℃

ひと月近くもブログの更新が滞ってしまいました。

今月のはじめにインフルエンザにかかって以来、体調がなかなか戻らないのです。

いまも貧血気味で、息切れがします。
富士山の頂上で暮らしているような感覚です。

散歩するのも辛いので、足の筋肉もすっかり衰えてしまいました。

2週間ほど前、六本木ヒルズのエスカレーターで、足がもつれて転びました。
怪我はなかったけど、この時は、なんだか情けなくて、かなりヘコみました。

先月、ハハの杖を買ったばかりだけど、ひと月もたたないうちに、自分の杖を買うハメになるとは思いもしませんでした。
f0160063_21342773.jpg

暫くはコイツの世話になりながら、リハビリって感じですかねぇ…。



で、リハビリっていったら、やっぱ温泉でしょう(^_^)。

オクさんと2人、2泊3日で癒されに行ってきました。

場所は湯河原と修禅寺。

新緑に包まれ、
f0160063_21345691.jpg

滝のそばでマイナスイオンを浴び、
f0160063_21345742.jpg
f0160063_2135999.jpg


温泉に浸かり、
f0160063_21352395.jpg
f0160063_21352960.jpg


おいしい料理を食べ、
f0160063_21354360.jpg


カジカガエルの鳴き声をききながら、ふかふかの布団で眠りました。

極楽な極楽な3日間でした。
f0160063_2145521.jpg

f0160063_2136213.jpg
f0160063_21361533.jpg
f0160063_21362215.jpg




少し元気を取り戻せたかも…。


人生、たまにはエスケープが必要ですねぇ。
f0160063_21365457.jpg


明日から、また頑張らなくっちゃ!
[PR]

by novou | 2012-04-25 21:42 | いつもふたりで | Trackback | Comments(7)
2011年 09月 04日

2人だけの晩ごはん

2011/09/04(日)
くもり時々雨/31℃

夫婦2人だけでゆっくりと食事をすることが、めっきり減ってしまった。

日本酒やワインを傾け、会話を楽しみながら、時間をかけて食事を楽しむことが、
できなくなったのだ。(←ベランダごはんは別…)

理由はいろいろある。
ハハがいるし、不景気だし、あまり飲めなくなったし、
朝型の生活だし、太り気味だし…w。

でも、最大の理由は、我が家にダイニングテーブルがないからだ。

チチハハが北海道から出てきて以来、ボクらは自宅を明け渡し、仕事場に住んでいる。
仕事場にはダイニングテーブルはあるにはある。
だけど、事務机が嫌いなので、このテーブルで夫婦向きあって仕事をし、
食事は打ち合わせ用のカフェテーブルを使っているのだ。しかも、ソファに横並びで…。

カフェテーブルは高さがないので、食べづらい。←姿勢も悪くなって、ほとんど犬食い状態だ。それに横並びだと、顔が見えないので話をする気にもならない。
ガツガツ食べて、ハイ終了、って感じ…。

早食いはデブの元だ。
その証拠に、仕事場に暮らしはじめて5kg太った。

先日、区の健康診断でウエストを測られ、「あと、1.5cmでメタボですね」と、
顔馴染みの看護師に笑われた。
当然、測る時には腹をヘコませたので、たぶん、実際はメタボである(泣)。

本来なら、ダイニングテーブルをもうひとつ買えば解決する問題なのだが、
それを置く場所はどこにもない。

食事は家族にとって、もっとも大切な時間だと思う。
その質がこのまま低下したままだと、夫婦の危機だ。

会話も減っているし、2人ともどんどんデブになっている。

で、このままでは問題が解決しないので、週末は外で食事をする事にした。
夫婦の危機を脱出するには、カネがかかるのだ…。

で、「昔みたいにレストランでゆっくり食事をしましょうよ、ダーリン」ってなことを
オクさんがいい、「最近見つけたうまそうな店をリザーブしとくよ」と、ボクは近所の
イタリアンに電話。
「今夜6時に2人。ハニーのために最高の席とスペシャルな料理を頼んだぜ!」とリクエストしておいたのだ。←ウソw

↓で、スペシャルな料理はこちら(^o^)。
f0160063_1616685.jpg
(サマーポルチーニのグリル)
f0160063_16165865.jpg
(リングイネ、シラスとアオジソのジェノベーゼで)
f0160063_16185262.jpg
(ハンガリー国宝豚マンガリッツアのロースト、リゾット添え)
f0160063_16291696.jpg

(パルミジャーノ・レッジャーノのせんべいをパリパリつまみながらゆっくりワイン)
f0160063_1623468.jpg
(ドルチェは大きめのカットがうれしいティラミス)

てなわけで、久しぶりにワインを飲みながら、向かい合って食事をしたのでありました。

台風が接近中だったので、お店は我々の他に30代くらいのカップルが1組だけ。
レストランを貸し切ったような贅沢な時間を過ごしたのでありました。

おしまい。
[PR]

by novou | 2011-09-04 16:45 | いつもふたりで | Trackback | Comments(4)
2010年 06月 18日

盛りだくさんな一日…。

2010/06/18(金)
曇りのち雨/29℃

きのうは朝からオクさんとお出かけ。
清澄庭園→奈良美智展→(ババグーリ)→(Café Hai)→フセイン・チャラヤン展→(コーナン江東店)→うんこさん展→(利庵)
という盛りだくさんな一日でした。

清澄庭園で胃腸のウォーミングアップをして、Café Haiで野菜をたっぷり食べ、フセイン・チャラヤンに刺激され、最後はうんこさん展でスッキリしました。(詳しくは オクさんのブログで)

うんこさんは、「ツイている人にしか見えない妖精」。
うんこまみれになって、うんこ話を連発すると、ストレスも吹っ飛んで、人は幸せになるみたい。

人は意味のあることに価値を求めたがるけど、完全にくだらないことをするのも、たまには必要だよね。ウチのオクさん、とっても幸せそうでした。


f0160063_6152837.jpg
清澄庭園には、句会や写生会のおばさまたちがたくさんおりました。
f0160063_6165042.jpg
「アレ〜ッ! 落っこちるぅ〜」。こういう場所に来ると必ず小芝居をします。
関西人なもので…。
f0160063_6193646.jpg
アイスを食べながら、なにやら楽しそうにツイート中。
f0160063_6201555.jpg
ツタが絡まってこの一角だけは涼しそう。ヨーガン・レールのショップ「ババグーリ」。
f0160063_621694.jpg
Café Haiは東京都現代美術館にあります。
フォーやまぜまぜご飯といったベトナム料理がおいしいです。
f0160063_6215239.jpg
友だちのYちゃんも、とても楽しそうに働いていました。
f0160063_6223159.jpg
バゲットサンドのプレートをいただき、
f0160063_623527.jpg
デザートにプリンや
f0160063_623483.jpg
チェー(ベトナム風かき氷)をいただきました。
おいしかったです。
f0160063_6485193.jpg
で、〆はうん子とばば夫…楽しいっ!!! もりもり、盛りだくさんで、ウンをたくさんいただいた一日でした。
[PR]

by novou | 2010-06-18 06:33 | いつもふたりで | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 10日

結婚記念日

2010/06/10(木)
晴れ/27℃
f0160063_11195050.jpg

きのうは18回目の結婚記念日でした。
チチハハに夜は2人でごはんを食べに行ってくるから、そっちも2人で食べてねと言い残して、いそいそと出かけました。(詳しくはコチラ

久々にお寿司を食べたかったのです。
2人だけでごはんを食べたかったのです。
神泉の「小笹」に振られて、はじめて行ったのが赤坂の「喜久好」。
6時のあけハナに、予約してお邪魔しました。

近ごろ流行りの、お菓子のような可憐な握り寿司ではなく、
江戸前の本懐を見るような、気っ風のいい寿司でした。
男ずしの鑑のような寿司でした。
トリガイ、アジ、シャコ、ウニ、穴子…秀逸でした。
よい素材には、何ともいえないよい香りがするものです。

ガイドには主人がストイックすぎてくつろげないって書いてありましたが、
そんな事はありません。ご主人ともいろいろお話しして、ボクらは十分くつろぎました。

屋号の「喜久好」はご主人の清水喜久男の‘喜久’と、おかみさんの好恵さんの‘好’を合わせて藤本繁蔵(銀座の伝説の名店‘きよ田’の初代親方)さんが付けてくれたそうです。

人情ばなしに出てきそうな、いい屋号です。
夫婦2人で切り盛りする結婚記念日にぴったりの寿司屋でした。

家に帰って父の部屋に行って見ると、台所にコンビニ弁当のプラ容器がふたつ置いてありました。あらあら…悪かったねぇ…(笑)。
[PR]

by novou | 2010-06-10 23:28 | いつもふたりで | Trackback | Comments(0)