東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:暮らしを考える( 14 )


2015年 05月 30日

のぶりんずBDパーティー@NOBURIN’S GARDEN

59歳になりました。
「還暦リーチ!」のオヤジですが、最近は‘のぶりん’と呼ばれるので、
庭も‘NOBURIN’S GARDEN’と名づけました。
そしたら「いいトシこいて…」と、世間の失笑をかっています(^_^)v。

思えば、あっという間の59年でした。
でも、還暦を前にして、やっと自分の求める‘しあわせのカタチ’が、みえてきたような気がします。

50代最後の1年は、よりわがままに(自分の好きなことしかやらない、という意味で…)、
よりやんちゃに(世間の失笑をおそれない、という意味で…)、
そして、よりハッピーに(ボクはしあわせの伝道師になりたいのです←失笑!)いきたいと思っています(^_^)v。

25日と28日はバラがいっぱいの‘NOBURIN’S GARDEN’で、BDパーティーをしていただきました。
楽しかった〜。しあわせだった〜。

ありがとう! 
そして、これからもよろしくお願いします。
LOVE♡

f0160063_6283767.jpg
f0160063_6283950.jpg
f0160063_6284362.jpg
f0160063_6381543.jpg

f0160063_6284563.jpg
f0160063_6284850.jpg
f0160063_6285058.jpg
f0160063_6285239.jpg
f0160063_629080.jpg
f0160063_629328.jpg
f0160063_629476.jpg
f0160063_629893.jpg
f0160063_6291065.jpg
f0160063_643274.jpg
f0160063_6484030.jpg

[PR]

by novou | 2015-05-30 06:56 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 19日

みどりのチカラ

2010/07/(月)
晴れ/35℃

朝、早起きして庭を掃き、草花に水を撒く。
花がらを摘んだり、暴れた枝を剪定したり、庭仕事は小1時間ほどだ。
f0160063_15321889.jpg
作業が終わると、ビオトープの前の小さな椅子に座り、ひと息入れる。
この場所に座って深呼吸すると、自分が目に見えない大きな自然の力とつながっていくような気がする。

かつての日本人は、花や鳥といった自然の風物の力を借りて、季節を生活の中に上手に取り込んでいた。そんな素朴な暮らしのスタイルを「花鳥風月」や「風流」と呼んだ。
それはきっと幸せを感じる方法論であり、日々の暮らしを通じて、より大きなものと繋がろうとする‘哲学’だったのだ。

考えれば考えるほど、自然の摂理は神秘的だ。
植物たちは季節が来れば、正確に花を咲かせ、実を結び、蔓や枝は明るい方へ、明るい方へと、伸びていこうとする。

植物たちに目を向けることは、自然の仕組みを通して、暮らしを考えることなんだと思う。
f0160063_15325424.jpg
ボクはきょうも、この庭からたくさんの元気をもらった。
[PR]

by novou | 2010-07-19 23:38 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 24日

伊東正明さんの小さな花器

2010/01/24(日)
晴れ/11℃

仕事場の本棚の空きスペースに、いつも植物を飾っている。
ほとんどがベランダからチョキンと切ってきたヘデラやシュガーバインといった葉ものである。それを伊東正明さんの小さな花器に放り入れる。

伊東さんの花器のいいところは、なにげない植物でも様になるところにある。
というか、なにげない植物を生けた方が味わい深いのだ。

花器が好きで、同じようなサイズのものをいくつか持っているけど、
一番使っているのが伊東さんのものである。

なんでかなぁって思う。

そりゃあ“好きだから”なんだけど、なんで好きなんだろうと考えてみたりする。
好きな理由は、たぶん“普通だから”なんだと思う。

陶芸家には自己主張の強い個性的な作品を創る人もいるけど、
伊東さんの作品にはこれみよがしなところがひとつもない。
あえて“普通”なのである。
それより、使いやすいことや、安全であることや、壊れないこと、
といった見えない部分に力を注ぐ。
ここんところが逆に伊東さんの自己主張、なのかもしれないなぁ。
普通であっても凡庸でないのはそのためだ。

午後のおだやかな日がきょうも窓から差し込んでいる。
伊東さんの人柄そのもののぬくもりのある花器は、我が家に小さな幸せを運んでくる…。

f0160063_15573545.jpg

[PR]

by novou | 2010-01-24 16:02 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 23日

エアコン要らず

2009/09/23(水)
晴れ/26℃

ことしの夏、我が家はエアコンを使わずに過ごした。
ただの一度も使わなかった。
無理をしたわけではない。

ちゃんと暑さ対策をして、部屋に風の通り道を作ったら、苦もなく夏を乗り切れたのだ。

東京はことし、猛暑日が一度もなく、いつもより涼しかったって事もあるけど、それにしても意外だった。

“エアコンいらず”の最大の要因は、寝室をいちばん風通しのよい部屋に替えたことにある。
ついでにベッドの高さも1m以上にした。まるで牢名主だ。

それまで我が家のベッドは、窓からいちばん遠い位置にあり、高さも30cmほどだった。
しかも三方向がピタリと壁に囲まれていたので、空気が澱んで寝苦しかったのだ。
だから、夏はエアコンと扇風機をつけっぱなしで寝ることが多かった。

いまの寝室は角部屋だ。頭とカラダの右側の二方向が窓だ。
しかも頭側の窓は、植物いっぱいのベランダに面しているから、
常に涼しい風が入ってきて、頭を冷やしてくれる。
去年まではアイスノン枕で寝ていたのに、ことしは一度も使っていない(笑)。


これ以外の暑さ対策はココに書いた。

あと、細かなことをいえば、テレビを見ないことかな。
我が家のテレビは初期のプラズマ式なので、消費電力が800Wもある。
まるで電気ストーブだ。だから、テレビを消すだけで、ずいぶん涼しくなるのだ。つまんないしね…。

さらに、ひとりサマータイムを実践して、朝晩、ベランダに水やり…。
これで光熱費は例年の3分の1だ。
CO2削減にもずいぶん協力したな…。
自分を誉めてやりたい気分だ(笑)。

やればできるじゃん…。
[PR]

by novou | 2009-09-23 23:29 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 22日

人は庭に暮らす

2009/09/22(火)
曇り時々晴れ/25℃
f0160063_7571236.jpg
朝の6時から「夕焼けこやけ」のチャイムが鳴るまで、ず〜っとベランダにいた。
ひたすら土をふるい、鉢底石を選り分け、雑草の根を捨てていく。
土がふるわれて下に落ちると、コガネムシの幼虫が現れる。
それをつまんで、ゴミ袋に捨てていく。

虫嫌いだったのに、ベランダガーデナーになったら、いつの間にかコガネムシも青虫も、
素手でつまめるようになっていた。
庭にはたくさんの虫がいる。箸や軍手では追っつかないのだ。

コガネムシや雑草を取り除いた土は消毒する。
消毒した土はビニールシートの上に広げ、
腐葉土や赤玉土や堆肥を加えて培養土に再生する。
これは春と秋のお彼岸の頃の恒例の庭仕事だ。

きのうやきょうみたいに、一日中、土や虫と格闘していると、
ベランダガーデンなんかやめちゃおうかな、とも思う。
だって、世間の人は連休で旅行に行ったり、家でのんびりしているのに、
こっちは朝からずっと泥だらけの肉体労働だ。しかも2日連続だ。
こうして祝日のほとんどが、庭仕事に費やされる。

毎日の管理だって大変だ。
夏は朝夕の水やりに1時間かかるし、秋は落ち葉の掃除に忙しい。
サボると排水溝がつまり、台風が来ると部屋は浸水する。
冬はバラやベリー類の剪定・誘引。春には植替えをして、また土をふるう。
肉体的にもヘロヘロになる。腕も腰も痛い。
庭仕事なんて“マゾ”のすることだ、と時々思う。

でもね、庭がなかったら早起きなんかしてないだろうし、おいしいトマトやキュウリやナスだって食べられない。
f0160063_7582834.jpg
f0160063_7595378.jpg

我が家ではよくベランダでお茶を飲んだり、ごはんを食べたりする。
見晴らしがいいだけのベランダだったら、すぐに飽きちゃうと思う。
そこが庭になっていて植物がたくさんあるから、季節のうつろいも感じられるし、
心も癒される。
だからベランダでごはんが食べたくなるのだ。
f0160063_804684.jpg

ことしの春、こんな事あんな事を書いた。

今もその気持ちは変わらない。
手入れは大変だけど、庭は手をかけただけの癒しと感動をボクらに与えてくれる。
つらさがやがて快感に変わるのだ(やっぱりマゾだ。笑)。

ベランダはボクらに幸福をもたらしてくれる暮らしの舞台装置。
「人は庭に暮らす」のだと改めて思う、きょうこの頃なのである。
f0160063_811974.jpg

[PR]

by novou | 2009-09-22 23:55 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2009年 06月 26日

増やしたら減らす…。

2009/06/26(金)
晴れ時々曇り/31℃

最高気温31.7℃。
東京は今年初めての真夏日を記録した。
気がつけば、あじさいの季節が終わり、ほおずきと朝顔の季節である。

ここ2〜3日、ボクは部屋の模様替えや片づけに明け暮れていた。
新しい仕事に取りかかる前や、いろんなことが錯綜して頭の中がこんがらかってくると、
ボクはいつも部屋の片づけをはじめる。

部屋を片づけると頭の中もきれいに片づくような気がするのだ。

それに東京の生活ではスペースがいちばん高くつくので、それを無駄に使うことは許されない。モノをなるべく持たない簡素な生活こそ都会的な暮らしだ。
f0160063_1147449.jpg

まず不要になった本や古い資料を捨て、
場所をとる割にたいして気持ちよくないマッサージ椅子を処分した。

押入れの奥には進化に取り残された過去の遺物のようなものもいっぱいあった。
フィルムの生産を終了したポラロイドカメラ、ビデオデッキ、BSチューナー、古いパソコン…。

さらに収納棚には冗談としか思えないようなモノもある。
結婚式の引き出物の夫婦の名前の入ったバスタオル、土産にもらったほら貝、チ○コの形をしたサンゴ…(^□^;)。
これらもみんな処分だ。
f0160063_11464132.jpg

何を持ち、何を持たないでおくか…。
結局、その繰り返しの中から少しずつ自分の暮らしの輪郭のようなものがハッキリしてくるように思う。いつも余白のある暮らし。余白があるから自分の中に新しいものを取り入れる余裕ができるのだ。
f0160063_11454149.jpg

スッキリとして風通しがよくなった部屋で昼寝をした。
心の部屋も身軽になったせいだろうか、寅さんになった夢を見た(^ロ^)~~♪。
[PR]

by novou | 2009-06-26 23:50 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(2)
2009年 06月 11日

3食きっちり…

2009/06/11(木)
雨のち曇り/25℃

新聞によると一日3食が崩れつつあるんだそうな。
朝食をまともにとらない人は20代女性の25%、
30代男性では30%にものぼるらしい。
お腹が減るつどスナック菓子や菓子パンを食べて、食事と間食の区別がない人たちも結構いるという。

人類の歴史で一日3食は新しい。それが本当に健康的なのか、まだはっきり証明されてはいないという。とはいえ我が家では3食、毎日規則正しく食べている。

日の出とともに起きて、3食きっちり食べるようになってから50日ほど経ったが、ボクは2kg、オクさんは1kg体重が減った。3食食べることで生活のリズムが整えられるから体調もすこぶるよろしい。体調がいいから機嫌もいい。機嫌がいいから笑顔になれるし、人にも優しくなれる。てな具合にモノゴトがいいほうにいいほうに回っている感じだ。

街や電車でささくれだったり、とげとげしかったり、ぎすぎすしている人を見るにつけ、
「この人ちゃんとごはん食べてるのかしらん?」と思う。
食の乱れは社会の乱れ…。せめて朝ごはんだけでもちゃんと食べると、少しは世の中に笑顔が戻ってくるような…そんな気がするきょうこの頃なのでありました。

あ、そうそう。ここ3〜4日の我が家のごはんをupしていないので、忘れないうちに載せときます。

                ●6/10の晩ごはん
f0160063_126248.jpg
          とろろごはん、マグロの角煮、いぶりがっこ
(とろろには香りのいい丸山の青のりが欠かせません。たっぷり振りかけると、ほんとウマイです)


                ●6/10の昼ごはん
f0160063_1264757.jpg
f0160063_1292415.jpg
              ちゃんぽんと皿うどん、焼売
(金王八幡前の長崎にて。ここは池波正太郎の「散歩の時に何か食べたくなって」にも登場する名店で、ちゃんぽんも皿うどんもウマイ)


                ●6/10の朝ごはん
       トースト、目玉焼き、トマト、ヨーグルト、カフェオレ(no picture)


                ●6/9の晩ごはん
f0160063_1210431.jpg
3種の生ハム、10種類の野菜のオーブン焼きとサルシッチャ、ラム肉のグリル、ピッツァ(池尻のイタリアン、パーレンテッシにて)


                ●6/9の昼ごはん
f0160063_12114763.jpg
             錦松梅とオジャコの焼き飯


                ●6/9の朝ごはん
f0160063_1213518.jpg
       トースト、ベーコンエッグ、グレフル&バナナ、カフェオレ


                ●6/8の晩ごはん
f0160063_121436.jpg
                ナポリうどん
(オクさんがこどもの頃に姉とよく作ったひと皿。昔は具材はなくケチャップだけだったそうです。ひぇ〜!)


                ●6/8の昼ごはん
f0160063_12145478.jpg
                四川冷めん


                ●6/8の朝ごはん
f0160063_12164152.jpg
トースト、目玉焼き、ソーセージ、トマト、フルーツ入りヨーグルト、アールグレー


                ●6/7の晩ごはん
f0160063_12182471.jpg
マグロづくし(竜田揚げ、塩焼き、角煮)、水茄子のドボ漬け、おあげさんとキャベツのお浸し


                ●6/7の昼ごはん
f0160063_12185710.jpg
      キムチ納豆チャーハン(キムチと納豆の究極のコラボ、臭いはウマイ!)


                ●6/7の朝ごはん
f0160063_11272286.jpg
トースト、コロッケ、キャベセン、トマト、フルーツ入りヨーグルト、カフェオレ
[PR]

by novou | 2009-06-11 12:24 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2009年 06月 08日

目玉焼きのこと

2009/06/08(月)
曇り一時雨/23℃ 満月

早起きクラブのみなさん、おはようございます。
今朝の東京は雨です。なかなかお天気は続きませんねぇ。
納戸の除湿器がそろそろ必要みたいです。

さて、きょうは目玉焼きについて書きたいと思います。

我が家の朝の食卓には毎日のように目玉焼きが登場します。
簡単だし、安いし、栄養があるし、美味しいし、パンにもごはんにもよく合います。
目玉焼きは料理として完璧。いうことなしです。

ただ、我が家の“朝の目玉焼き”にはこれ以外に、もうひとつだけちょっとした理由があります。それは目玉焼きをさらにおいしくする魔法でもあるし、一日を気持ちよくスタートさせるコツでもあるのです。そのことについて書きたいと思います。

おいしい目玉焼きを作るにはどうしたらいいでしょう?
バターは何グラムで、塩コショウはどのくらいで、何分ぐらい焼けばいいのでしょう。
答えは「そんなの関係ない!」です。

気にすべきは一点、心を合わせることです。
目玉焼きは美味しさのピークがとても短い料理です。
フライパンから皿に移したとたんに温度は下がっていくし、せっかく半熟で焼いた黄身も余熱でどんどん硬くなっていきます。カリカリに焼けたはずの白身の周囲もあっという間にしなっとなってしまいます。

ですから、最高の状態の目玉焼きを食べるには、作り手と食べ手が心を合わせて、美味しさのピークをつかまえる努力をしなくてはなりません。新聞を読んだり、顔を洗っている場合じゃないのです。美味しさのピークをつまえるには食べ手の協力が不可欠なのです。

フォークやナイフを食卓に並べましょう。お湯がシュンシュン湧いて紅茶の準備ができ、トースターのスイッチを入れたあたりがフライパンにたまごを落とす頃合いです。
すると香ばしいバターの香り、たまごを落としたときの「ジュッ!」という音が聞こえます。なんともうまそうです。たまりません。音や香りも味のうちです。これを味わわないと目玉焼きの美味しさは半減します。

さあ、出来上がりました。
こうして心を合わせれば、食卓には焼き立てのパン、淹れ立ての紅茶、そして出来立ての目玉焼きが最高のタイミングで並ぶのです。
我が家ではこれを“朝の三立て”と呼んでいます(笑)。

こうしてみると我が家の目玉焼きは、ボクらが心を合わせる朝の儀式でもあるのです。
朝の儀式がうまくいくと、なんだか一日が気分よくスタートできるのです。

         てなわけで、我が家は今朝も目玉焼き。\(^O^)/
f0160063_8193657.jpg
           さあ、きょうも元気にスタートです。
[PR]

by novou | 2009-06-08 08:23 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(4)
2009年 06月 03日

前川国男自邸

2009/06/03(水)
曇り/24℃

小金井公園にある「江戸東京たてもの園」に行ってきた。
ここは都内に実在した近世から現代までの文化的価値の高い建造物を、移築・復元した展示施設で、両国にある江戸東京博物館の分館でもある。

7haの敷地には現在25棟ほどの建物があり、その内部を見学することができる。
2時間半ほどかけて全部を回ったが、圧倒的に素晴らしかったのが建築家・前川国男の自邸である。
f0160063_5382730.jpg
スキーロッジのような大きな切妻屋根の木造建築。大谷石の門からエントランスに入ると、突き当たりに書斎、そして左側に居間。これがいい。吹き抜けのシンメトリックな格子窓からは穏やかな光りが差し込み、居間全体を神々しく包み込んでいる。この居心地のよさはなんだろう。まるでここに暮らすことを祝福されているような気分になる空間なのだ。
f0160063_5392432.jpg
居間にはふたつの応接セットとダイニングテーブル、そこにある4脚の椅子。奥にはロフトへと続く階段、その隣には寝室、そして台所、その間に風呂とトイレ。シンプルで無駄がない。暮らすこと、生きることのすべてがここに集約されていて哲学的ですらある。きっとこの空間の背後には「暮らし」や「人生」についての長い思考と計算の蓄積があるのだろうが、それを意識させない静謐と上質がある。
f0160063_5401038.jpg
他に見学者がいなかったので特別にロフトに登らせていただいた。居間を見下ろしてオクさんがポツリといった。「宝くじ当たんないかなぁ」…。
[PR]

by novou | 2009-06-03 23:55 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2009年 05月 17日

家でまったり

2009/05/17(日)
雨のち曇り/21℃ 強風波浪注意報

雨は上がったけどすごい風だ。
さっきからトネリコがしなりっぱなしだ。
まるで体側のストレッチでもしているみたいだ。
この風ではベランダには出られない。
日曜日だというのにつまんねぇの…。
ベランダに出られない日は、かえってベランダのことが愛おしく思えてくる。
ボクは一日に何回ベランダに出るんだろう…。

仕事で目が疲れたといってはベランダに出て、遠くを眺め、
消防車のサイレンが聞こえればベランダに飛び出す。
ビルすれすれに離発着する飛行機を眺め、
夜は高層ビルの赤い点滅を見てたそがれる。

雲の形が面白い、
夕日がきれい、
お月さんが出てる…、

春にはすみれを、
夏には花火を、
秋にはかえでを、
冬には星を愛でる。

天気が良ければベランダごはん
ハンモックを吊ってひなたぼっこ
友だちをよんでBBQ、
たこ焼きだってベランダでする。

キャンドルを灯して愛を語り、
焚き火にあたって夢を語る。

一年間、このブログを書いてきて思うことは、
ボクはベランダ(庭)を中心に暮らしている、ということだ。

そもそも「家庭」とは家と庭が合体した言葉。
でも、そこから庭が無くなってしまうと、
箱としての家が残るだけで、家庭にはならない。
ベランダ(庭)はボクらに幸福な家庭をもたらしてくれる暮らしの舞台装置だ。
「人はベランダに暮らす」のだと改めて思う、今日この頃なのである。


                ●今日の昼ごはん
f0160063_1252498.jpg
トーストとベーコンエッグ、ハッシュドポテト&グリーンアスパラのソテー(朝昼兼用)
[PR]

by novou | 2009-05-17 12:57 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)