東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ベランダ植物図鑑( 159 )


2008年 07月 22日

ジャックと豆の木のその後

2008/07/22(火)
曇り時々晴れ/32℃


6月24日に芽を出した魔法の豆が、ひと月足らずでこんなに大きくなった。
とはいっても、子供の頃に読んだ「ジャックと豆の木」では、庭に捨てられた豆が、たった一晩で天まで届く大木になったんだから、それに比べれば我が家の豆は成長が遅いかも…。ジャックのようにはやく空に登って、人食い鬼の城から金の卵を産むニワトリや金の竪琴を取ってきたいぞ!
f0160063_11372974.jpg

[PR]

by novou | 2008-07-22 11:32 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(2)
2008年 07月 19日

あるじなしとて…

2008/07/19(土)
晴れ時々曇り/32℃
3日連続の熱帯夜
午前中に梅雨明け宣言

f0160063_1520714.jpg

















主人が留守だというのに、
ベランダはなにやら花盛りのようである。

今朝、オクさんから届いた写真では睡蓮が咲き、
朝顔が咲き、安物のワインクーラーに入れておいた
ホテイアオイまで咲いている。
一度花が終わったかに見えたルリマツリも、
いまごろになって二番花が狂い咲きだ。
ホント、自分勝手で間の悪い花たちだ。

f0160063_15205964.jpg







f0160063_15214267.jpgf0160063_182365.jpg





























































それにしても
朝顔、でかっ! 

オクさんの足より
大きいぞ!
[PR]

by novou | 2008-07-19 15:30 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2008年 07月 17日

遅ればせながら、睡蓮

2008/07/17(木)
晴れ時々曇り/32℃

訳あってしばらく我が家を留守にすることになった。
とはいっても留守中のベランダの様子は知りたいので、
オクさんに毎日、写メールでベランダの様子を送ってもらうことにした。

今日、届いたのは睡蓮の写真である。

f0160063_1917596.jpg今年は株分けしたのが遅く、
我が家の睡蓮はいつまでたっても
花芽をつけなかったのだが、
ここ4〜5日の暑さで、
やっと小さな蕾を見せはじめた。

で、いちばん大きく成長しているのが
西のベランダの睡蓮鉢だ。
ちょっと前まで株元で小さくなっていた蕾が、
いまでは水面から顔を出すまでになっている。

南のベランダにあるワイン箱の水槽でも
熱帯睡蓮がたくさん蕾をつけているらしい。

真夏に咲く睡蓮は格別に美しい。
うだるような暑さのなか、
涼しげな顔で凛と咲く姿は感動すら覚える。

オクさんはこの花が好きで、毎年株分けをして増やすので、
いまではベランダに7つの睡蓮鉢や水槽がある。
今年はどんな花を見せてくれるのやら。
[PR]

by novou | 2008-07-17 19:21 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2008年 07月 15日

青い蝶々

2008/07/15(火)
曇り時々晴れ/30℃

f0160063_21122163.jpg第一園芸で一目惚れして買った
クレロデンドロム・ウガンデンセ。
ちょっと舌を噛みそうな名前で、
覚えづらいけど、
花は一度見たら忘れられないでしょ。
正面から見ると、
青い蝶々がとまっているようです。

この花、西アフリカ原産で臭木の仲間です。
[PR]

by novou | 2008-07-15 21:14 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2008年 07月 14日

ホテイアオイ、咲いた…。

2008/07/14(月)
曇りのち雨/32℃

f0160063_827274.jpgビオトープでホテイアオイが花を咲かせた。
薄紫色のヒヤシンスに似た花だ。

水面から20㎝ほど立ち上がった花茎は、
たった1日で萎れて、水中に没する。

この花、名前はホテイアオイと日本っぽいが、
原産は熱帯アメリカ。
[PR]

by novou | 2008-07-14 08:29 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(3)
2008年 07月 12日

リュウノヒゲ

2008/07/12(土)
晴れのち曇り/33℃

f0160063_12115312.jpg朝、水やりしていたらビオトープのレンガの上で、リュウノヒゲが淡い紫色の花を咲かせていた。小さすぎて、ちっとも気がつかなかったけど、スズランのようなかわいい花だ。

リュウノヒゲは丈夫で、踏まれてもよく育つことから、最近は芝生代わりによく使われているけど、こんなに可憐な花を付けるとは、知らなかったなぁ。調べてみると秋には瑠璃色の美しい実もつけるらしい。
それまでには一眼のデジカメ、欲しいなぁ〜。
[PR]

by novou | 2008-07-12 12:14 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2008年 07月 11日

スィート・アリッサム

008/07/11(金)
曇りのち雨/29℃

f0160063_1253079.jpg「渋谷ふれあい植物センター」でいただいた
アリッサムが花を咲かせた。
種蒔きしたのが6月7日だから、
1カ月余りで花が咲いたことになる。
ずいぶんと成長が早い植物である。

アリッサムは寒冷地をのぞいて、
秋風が立ちはじめる頃に種を蒔き、
早春に花を咲かせるのが一般的らしいが、
こうしてみると、蒔き時はあまり
関係ないようだ。
公園の花壇ではこの花が、
絨毯を敷き詰めたように
1年中咲いている気がする。

我が家のアリッサムは、
まだ株がしっかりしていないせいか、
茎も葉も弱々しく、はかなげな印象だ。

しかもポット植えなので、白い絨毯とはいかず、まばらに咲いている。花弁はアブラナ科の特徴でもある4弁花。顔を近づけると仄かに甘い芳香がある。
ニオイナズナ(匂薺)とも呼ばれる所以である。
[PR]

by novou | 2008-07-11 12:58 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2008年 07月 09日

白花三兄弟

2008/07/09(水)
曇り/27℃

さて、問題です。
下の写真はナンの花でしょう?
すでに何度か登場した花もあります。

f0160063_11495040.jpgf0160063_11502921.jpgf0160063_11504527.jpg











 




答え
(左)トウガラシ(フクミミ)
(中央)ホオズキ
(右)ツルハナナス

似たような花で難しかったですか? 実は三枚ともナス科の植物です。似てるのは当たり前ですね。ホントはトマトもナス科なので撮りたかったのですが、我が家のベランダでは花はもうとっくに終わってました。

トウガラシは先月、すでに実がたくさんなっている苗を買って、一度収穫したのですが、また、たくさんの花を咲かせています。2度目の収穫が楽しみです。
フクミミトウガラシは万願寺トウガラシのような大きなトウガラシですが、それほど辛くありません。おじゃこと炒めて食べたら美味しかったなぁ。

ホオズキは我が家ではまだまだ小さくて、実がなっていません。そういえば今日から浅草寺では、「ほおずき市」ですよ。夏ですねぇ。もう10年近く行ってないので、今年こそは行ってみたいなぁ…。

ツルハナナスは4月からずっと咲き続けています。花屋さんでは“ヤマホロシ”という名で売られていることが多いでしょうか。実は「東京ベランダ通信」の最初に出てくるロゴ画像はこの花なんです。ベランダのフェンスにしがみついて健気に咲いている姿は何ともいえない美しさです。

てなわけで、ナス科三兄弟、かわいいでしょ!
[PR]

by novou | 2008-07-09 12:36 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2008年 07月 08日

ヒメツルソバ

2008/07/08(火)
曇り一時雨/27℃
午前中土砂降りの雨。
排水溝が枯れ葉や花殻で詰まり、ベランダは洪水状態。
仕方なく、ずぶ濡れになって排水溝の掃除をした。

f0160063_18542652.jpgヒメツルソバが金平糖のような小さな花を咲かせている。
先月、林試の森公園を散歩した時、近所の民家のブロック塀の隙間から、この花がたくさん顔を出していた。
それを見るまで、我が家のベランダではかなりエコヒイキしてこの花をかわいがっていたのだが、なかば雑草化して咲いてる姿をみて、なぁ〜んだ、こんなに生命力が強いんだ、と以後、エコヒイキするのをやめた。
といっても、鉢をベランダの隅に移しただけである。
するとヒメツルソバは、みるみる元気を無くして、枯れそうになった。
なかば諦めて、しばらく放ったらかしにしていたら、こぼれ種が芽を吹いて鉢いっぱいになっている。花を咲かしているのは僅かに生き残った先代の株である。
この分では先代は淘汰されて、こぼれ種が大きくなるんだろうなぁ。
すごいぞヒメツルソバ!
[PR]

by novou | 2008-07-08 18:58 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(1)
2008年 07月 06日

フウセンカズラ

2008/07/06(日)
曇りのち雨/31℃
蒸し暑さに耐えきれず、今年初めて冷房ON!

f0160063_14512266.jpg4月の終わりにタネを蒔いたフウセンカズラがボクの背丈(178㎝)くらいに成長して、風船をつけはじめた。

といっても、まだまだ膨らみが小さくて、
ちゃんとした風船になるには、
あと1カ月くらいかかるかも…。

(←花の後ろのピンボケなのが風船です)

フウセンカズラは茎が細く、
葉も繊細で弱々しいけど、
成長が早くてとても丈夫。
小さな白い花や黄緑色の蕾も愛らしいし、
我が家のベランダの優等生なのです。
[PR]

by novou | 2008-07-06 14:53 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(2)