東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ベランダ植物図鑑( 146 )


2011年 05月 28日

雨の日の植物

2011/05/28(土)
雨/19℃
f0160063_9235739.jpg
週末はずっと雨模様。最高気温も19℃と4月並みの寒さだ。
こんな天気じゃ予定していたBBQはお流れだけど、植物とじっくりと向き合うには、
このぐらいの雨はまた愉し、なのだ。
先日買ったエーグルの長靴もあるしね…。


で、きょうは雨の雫をいっぱいに湛えた植物たちをご紹介します。
f0160063_9241270.jpg
まずはデショウジョウモミジ。日本のカエデの代表品種で、イロハモミジの一種です。
若葉が美しい赤で、大きくなるにつれて葉の色が緑になっていきます。
葉の形も端正ですね。
f0160063_9242339.jpg
こちらはツルハナナス。5月頃から秋にかけて、薄紫色の清楚な花が咲き続けます。
花は時間の経過とともに白く変化していきます。
このブログの右上の写真にもこの花が使われていますね。
f0160063_9243869.jpg
こちらはトランペット・ハニーサックル。突抜忍冬の和名もあるように、花にいちばん近い葉同士がくっ付き、その葉の真ん中を茎が貫くという生長の仕方が面白いです。茎の先にトランペット形をした小花を10~12個ほど集合させた花を咲かせます。
f0160063_9245166.jpg
こちらはフランネルフラワー。雨の重さで首を垂れていますが、かわいいですねぇ。
今月のはじめに一度刈り込んだのですが、間髪開けずに次の花が咲いてくれます。


               こちらはきのうの朝ごはん。
f0160063_9251991.jpg
               クロックマダムでした。
[PR]

by novou | 2011-05-28 09:28 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 27日

二ゲラ(黒種草)

2011/05/27(金)
曇り時々雨/20℃

f0160063_19305999.jpg
天気予報を見ていて、ず〜っと晴れマークがないなぁ、なんて思っていたら、東京も梅雨入りしたみたいですね。5月中の梅雨入りなんて、なんかとっても損した気分。
f0160063_19312769.jpg
ただ、朝夕の庭の水やりは楽になるなぁ。
それに、葉を伝う雨の雫を眺めているだけで、気持ちが落ち着くしね。


f0160063_19313988.jpg
さて、ベランダではニゲラがメドゥーサの頭のような果実を付けはじめています。
この果実が熟すると、中から黒くて小さなタネがたくさん出てきます。
f0160063_19315249.jpg
ニゲラの名はラテン語のニガー(黒い)に由来し、熟したタネが黒いことにちなみます。
和名では黒種草(クロタネソウ)、英名ではツノ状の突起がある果実のイメージからか、デビル・イン・ア・ブッシュ(devil in a bush:茂みの中の悪魔)とも呼ばれているようです。
[PR]

by novou | 2011-05-27 19:34 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 22日

スイレンとスイレンボク

2011/05/22(日)
晴れのち雨/29℃
f0160063_22444942.jpg

4〜5日前からスイレンが咲いています。
f0160063_2245089.jpg
それと時を同じくして開花したのが、スイレンボク(スイレンの上の小さな花)です。

睡蓮鉢の上で咲いていると、大小ふたつのスイレンが咲いているようにも見えます。
名前はスイレンに似ているから‘スイレンボク’となったようです。

スイレンボクはシナノキ科グルーイア属の非耐寒性常緑蔓性低木で南アフリカ原産です。
花びらと萼がそれぞれ5枚あり、一見すると10枚の花びらがあるように見えます。

植物図鑑などでは原産が南アフリカなので、寒さに弱く、10℃以下では越冬しないとありますが、我が家ではもう何年も屋外で越冬しています。

濃い緑色の葉も、照りがあって美しく、盆栽としてもとても人気のある植物です。
日当たりさえよければ、今ごろから12月下旬まで、次々と花を咲かせます。



               きょうの朝ごはん。
f0160063_22474655.jpg
f0160063_2248148.jpg
あさりの味噌汁、塩鮭、納豆、お新香、常備菜各種。



               きょうの昼ごはん。
f0160063_22481326.jpg
おにぎり(おじゃこ、塩鮭)、ルッコラの卵焼き。

最近、激辛の塩鮭にハマっています。
焼くと塩が浮かんできてジャリっとするくらいのを、少しずつほぐしながら、熱々のごはんの上にのっけて食べるのが好きです。当然、しょっぱ過ぎて、朝だけでは食べきれないので、お昼もおにぎりにします。お茶漬けにしてもうまいですよ。最近は甘口全盛で、激辛にはなかなかお目にかかれませんが、スーパーで見つけると、即、買いです(^o^)。
[PR]

by novou | 2011-05-22 22:57 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 20日

ミントいろいろ…

2011/05/20(金)
晴れ/26℃

f0160063_138030.jpg
夜もまだ明けきらない頃の、仄暗い庭が好きだ。
その頃の庭は、ヤモリが壁に貼り付いていたり、ナメクジがビオトープの煉瓦を這っていたりと、なにやら奇っ怪な趣があるのだ。

それに少々悪趣味ではあるが、植物たちの寝顔をこっそりと覗くのも刺激的である。
睡蓮は花をすぼめてかわいい寝息をたてているし、
f0160063_138346.jpg
ジャスト・ジョーイはデカダンスな寝顔と香りを漂わせていて、年甲斐もなく興奮させられる。
f0160063_1382173.jpg
暁の頃は、秘密の花園の秘密の時間、なのである。

話が怪しい方に向かいそうなので、きょうは爽やかなミントについて…。

ミントはシソ科ハッカ属の清涼感のあるハーブの総称だ。

朝、ベランダに出ると、ボクはまず、ミントの葉を1〜2枚つまんで口に放り込む。
そうして奥歯ですりこ木のようにして噛んでいると、メントールの清涼感が眠気を覚ましてくれるし、口の中もスッキリする。
f0160063_1310545.jpg
我が家には5種類のミントがあるけど、ガムの替わりにするならブラックミントがいちばんだ。葉脈が紫色をしているのが特徴で、香りが強く、他のミントに比べて清涼感が長持ちする気がする。

そういえばフリスクに「ブラックミント」ってフレーバーがあったっけ…。
なんでも「シリーズ最強の刺激」で、ストロング系の最高峰という位置づけとなるらしい。
f0160063_131115100.jpg
こちらはアップルミント。葉が丸く、明るい緑色で、りんごの甘い香りがするらしいが、メントールの刺激が強すぎてボクにはよく解りません (^o^)! 。
f0160063_13113187.jpg
そしてこちらはオレンジミント。葉に光沢があり、オレンジの強い香りがします。
f0160063_13114591.jpg
こちらはペパーミント。ピリッとするほど強い清涼感があるミントの代表選手ですね。
我が家ではよくこの葉っぱで、ミントティーを作ります。
f0160063_13115938.jpg
最後はマウンテンミント。こちらはミントとつきますが、同科別属(サルビア属)で、1mぐらいの大きさになります。手でワサワサすると何ともいえない爽やかな香りがあたりに漂います。蜜源植物で、花は地味で目立たないのですが、ミツバチがたくさん集まります。


f0160063_13235347.jpg
きょうのモーニングセット。きのうからトーストはペリカンのパンなのですが、毎日食べるにはおいしすぎます。ボクはKINOKUNIYAさんのイギリスパンのトーストがいちばん好きです。パンやうどんのような毎日食べるものは、おいしすぎてはいけません。よろしゅうおまんなぁ、っていうぐらいが、ちょうどいいのです。(大阪の松葉家さんの先代のご主人の受け売りですが…)

f0160063_13231755.jpg
きょうのランチはパッタイ(タイの焼そばみたいなもんですね)。オクさんの料理はなんでもおいしいけど、とくにエスニックは絶品です。ライムを搾っていただきます。自家製のニラをたっぷり使ってます。

ごちそうサマー!!!
[PR]

by novou | 2011-05-20 13:39 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(2)
2011年 05月 19日

月のまなざしがまだ残る空

2011/05/19(木)
晴れ時々曇り/25℃

f0160063_771790.jpg
月のまなざしがまだ残る頃に起き出して、月が消えていくまで、ずっと眺めていた。
ベランダの楽しみは花だけじゃなく、月を愛でることにもあるのです…。

f0160063_774284.jpg


きょうは我が家の果樹を紹介します。
f0160063_77563.jpg
先日、オクさんが摘果したビワは早くも色づきはじめました。
そろそろ袋掛けをしてあげなくちゃね。このビワは実生から育てた15年もので、我が家の庭ではいちばんの古株です。
f0160063_7881.jpg
こちらはイチジク。苗から育てて4年ほど経ちます。
イチジクは人類最古の栽培食物で、小麦よりも古くから栽培されていたといいます。
そういえばアダムとイブが、あそこを隠すのに使ったのもイチジクの葉っぱでしたね。
花も咲かないのに実をつけるから、漢字で書くと‘無花果’です。
f0160063_782342.jpg
こちらは白桃。去年、植えたばかりなので、今年の実は小さいです。桃栗3年だから、来年は食べられるかな…。ちなみに「桃栗3年柿8年」のあとは「ゆずは9年で成り下がる、梨の馬鹿めは18年…」と続くって知ってました。
f0160063_785621.jpg
こちらはグミ。毎年たくさんの実を付ける優等生。オクさんがジャムや果実酒をつくります。あと1週間もすると実も膨らんで、赤く色づきます。食べると独特のえぐみがあるので‘グミ’となったという説もあるようです。
f0160063_783623.jpg
こちらはブルーベリー。花もきれいで、実もおいしい、それに紅葉まで楽しめる育てる満足度No.1の植物です。我が家は3本のブルーベリーを育てていますが、こちらはブルードロップ。
f0160063_791925.jpg
巨峰も軒下まで蔓を這わせて、蕾をたくさん付けました。今年は豊作の予感。

他にブラックベリーやワイルドストロベリー、ラズベリーなどのベリー系がありますが、それはまた今度…。
[PR]

by novou | 2011-05-19 07:14 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(2)
2011年 04月 19日

ヤマフジ

2011/04/19(火)
雨のち曇り/20℃
f0160063_11225295.jpg
西のベランダでフジが咲き始めています。
我が家のフジは蔓が左巻きなのでヤマフジです。
ヤマフジはフジに比べ、花色が淡く、花穂が短いです。
f0160063_11232114.jpg
これは3/30頃のつぼみ。まんまるです。
f0160063_11234985.jpg
それが10日後にはガマの穂のように長くなって、
f0160063_112486.jpg
3日後には花穂の根元のほうからバラバラに咲きはじめるのです。
f0160063_1124276.jpg
さらに5日後には花穂の先まで花開いて、
f0160063_1125272.jpg
4/18にはご覧の通り。
ひとつひとつのつぼみが豆の形に似ているのは、マメ科の植物だから?
薄紫色の花穂が春風にそよぐ姿は優雅で、たまんないですね。

業務連絡

拙著『東京ディズニーリゾート植物ガイド』がAmazonや楽天ブック、TSUTAYAオンラインなどのネット書店で、数日前から在庫切れになっているようです。なにせ初版部数が少なかったもので、ご迷惑をおかけしています。
今月の25日頃には増刷分が流通すると思われるので、もう少々お待ちください。
なお、HMVオンラインには若干の在庫があるようです。
よろしくお願いいたします。
[PR]

by novou | 2011-04-19 11:26 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(2)
2011年 04月 17日

フランネルフラワー‘フェアリーホワイト’

2011/04/17(日)
晴れ/17℃

朝からずっとベランダにいます。
いつものように水やりをして、勢いよく伸びはじめたクレマチスやバラやトケイソウの蔓をフェンスに結束したり、オクさんがタネから育てた隠元豆の苗を定植したりと、この季節はなにかと忙しいのです。

きょうは天気がよかったので、お昼ごはんもベランダで済ませました。
f0160063_16241176.jpg
オクさんが焼いたリュスティック(素朴なフランスパンです)に自家製のオイルサーディンやピクルスをのっけてガブリとやります。
f0160063_16245327.jpg
ベランダだから少しくらいパン屑やオイルをこぼしたってへいっちゃら。ワイルドに食べて飲んで、ボクは山羊のように「ぅめぇ〜!」を連発するのです。

きょうは夜もギャラリー無垢里のオカちゃん夫妻とベランダごはんの予定。
テーマは「東北の産品を食べる会」です。詳細はあしたアップします。

さて、きょう紹介するのは最近人気のフランネルフラワー‘フェアリーホワイト’です。
f0160063_16253411.jpg
オーストラリア原産でセリ科の多年草です。花や葉が細かい毛で覆われていて、触るとフランネルのような手触りなので、このような名前がついています。
f0160063_1626913.jpg
花弁の先が緑色なのがチャーミングでしょ。花もちもよく、次から次へと秋までずっと咲いてくれるお勧めの植物です。
[PR]

by novou | 2011-04-17 16:26 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(2)
2010年 10月 20日

スミレの不思議

2010/10/20(水)
曇り時々雨/22℃

f0160063_1214764.jpg
スミレ(二色アツバや純白スミレ)が季節外れのツボミをたくさんつけています。
「へんなの」と思いながらも、今かいまかと開花を楽しみにしていたのですが、
ちっとも咲きません。

f0160063_1222129.jpg
気がつくと花が咲くのを飛び越してタネが飛び散っていたりで、
「なんでやろ?」と頭の中が「???」でいっぱいになっていました。

そこで調べてみると、スミレ属は春に咲く花の他に、花が開かないまま自家受粉によって結実する「閉鎖花」というのがあるらしいのです。

閉鎖花には「おしべ」と「めしべ」が備わっていて、硬く閉ざされたつぼみの状態のまま、
「めしべ」が同じ花の「おしべ」の花粉で受粉し、そのまま結実して種子を作るのです。
そのため閉鎖花は自花以外の花粉を受けることがないので、純系に近い性質を保つのです。

なんだか聖書の処女懐胎みたい。いやぁ、植物ってホント面白いもんですねぇ…(水野晴郎か!)
[PR]

by novou | 2010-10-20 12:05 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(4)
2010年 10月 08日

セージいろいろ

2010/10/08(金)
晴れ時々曇り/24℃

東京はカラッとした秋らしい天気が続いています。
ベランダに出るにも朝晩はパーカーが必要なくらいです。
ずいぶん涼しくなりましたねぇ。

暑さに弱いハーブ類も、この涼しさでずいぶん元気を取り戻したみたい。
とくにセージ類はいきいきとして、可憐な花を咲かせています。

セージのいいところは、丈夫で手間がかからず、花の時期が長いところ。
それに香りもいいですよね。
しかもほとんどの品種が、さし芽で簡単に増やすことができます。

我が家のセージを少し紹介しましょう。

f0160063_1622524.jpg
これはメキシカン・ブッシュセージ(サルビア・レウカンサ)。
いつの間にかこんもりと大株に育ち、我が家の庭ではこの時期の中心的な存在です。
ビロードのような長い花穂が素敵でしょ。

f0160063_16222453.jpg
こちらはコバルトセージ。
とても濃いコバルトブルーの美しい花で、サルビア・レプタンスの立ち性のタイプです。
細い茎が立ち上がり、風に揺れる様子はいかにも涼しげです。

f0160063_1623752.jpg
そしてこちらはチェリーセージ。ホットリップスともいいますね。
季節により赤と白の複色になったり、赤一色になったりと花色が変化します。
開花時期が長く、我が家ではほとんど一年中咲いています。
ほのかな甘い香りもたまりません。

他にもラベンダーセージやマウンテンセージなどがありますが、また、開花したら紹介しますね。


きょうは爽やかな天気なので、これからベランダで炭を熾して、オクさんと炉端焼きごっこです。
[PR]

by novou | 2010-10-08 16:26 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(3)
2010年 09月 28日

ゼフィランサス

2010/09/28(火)
雨のち曇り/20℃

f0160063_21263529.jpg
雨上がりのベランダでゼフィランサスがきれいだ。
和名はタマスダレ。公園や道端でもよく目にするありふれた花だ。

f0160063_21273181.jpg
雨が上がったあとにぱっと花が咲くような感じがあり、英国ではレインリリーと呼ばれているらしい。
[PR]

by novou | 2010-09-28 21:28 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)