「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ビオトープ通信( 8 )


2012年 06月 03日

ドワーフ・フロッグビットのその後

2012/06/03(日)
くもり/22℃

朝、ビオトープをのぞいて見ると、ドワーフ・フロッグビットの雌花が咲いていた。
手前のクラゲを逆さにしたようなのが雌花で奥が雄花。2つの花は水中で、ランナーで繋がっているようだ。
f0160063_13122681.jpg



他にも水面からひょろりとした花茎を伸ばして、たくさんの雄花が咲いている。
f0160063_13122941.jpg

いままでフロッグビットは増えすぎるので、ビオトープの雑草扱いだったけど、花はなかなか愛らしい。これからは少し大切に扱ってあげなきゃね(^O^)。
[PR]

by novou | 2012-06-03 13:15 | ビオトープ通信
2011年 05月 11日

ビオトープのリニューアル

2011/05/11(水)
雨/14℃
f0160063_2051379.jpg
きのうは最高気温28℃、午後から雨。5月にしては蒸し暑い1日でした。
めずらしく天気予報が当った1日でもありました。

きのうはビオトープのビニールクロスを張り替えました。
f0160063_2053583.jpg
ビオトープをベランダに作って3年たちます。
3年もたつとビニールクロスが劣化して、プラスチックみたいに硬くなり、角が割れて水漏れするのであります。
水位が下がって金魚もメダカも干上がりそうだったのです。
で、さぁたいへんと朝イチバンにホームセンターへ行って、新しいビニールクロスを買ってきたのであります。
f0160063_2055695.jpg
ビオトープは簡単に作れます。
ベランダの躯体からビニールクロスをU字に敷いて、四つ角をたたんで、煉瓦で押さえるだけ。安上がりだし、工夫をすれば、どこにでも作れます。

リニューアルしてきれいになったせいか、トンボもやって来ました。
f0160063_206253.jpg
たぶんシオヤトンボの♀のようですが〔自信なし…〕、ビオトープで産卵してくれるといいのにね…。
f0160063_2064486.jpg
こちらは和風コーナーの睡蓮鉢。
f0160063_2065872.jpg
ここには小学校の時に、裏山で発掘したアンモナイトと、オクさんが前にプレゼントしてくれた虫のオブジェを飾ってみました。

子どもの頃は、このアンモナイトと矢じりと土器の破片が宝物でした。
ノブ王であるための3種の神器が、この三つの宝物だったのです(なんのこっちゃ…)。
f0160063_2073312.jpg
こちらはカエルの水盤に飾ったトキワシノブ。
中国南部原産の常緑性(トキワ=常磐は常緑の意味)のシダです。
銀白色の毛で覆われた根茎が長く伸びて、ちょっとグロいところが気に入っています。

カエルさんはオクさんがおふらんすから連れてきました。
重いので漬け物石にもなります(^o^)!。
[PR]

by novou | 2011-05-11 05:03 | ビオトープ通信
2010年 06月 13日

6月のビオトープ

2010/06/12(土)
晴れ/28℃
f0160063_8135278.jpg
2〜3日前から睡蓮が咲いています。
f0160063_8142518.jpg
春先に植替えをしなかったせいか、今年はずいぶん遅い開花です。
f0160063_8145262.jpg
ビオトープもなにやら賑やかになってきました。
ここには睡蓮、ヒメ睡蓮、アサザ、ホテイアオイ、アマゾンフロッグビット、ウォーターマッシュルーム、ハンゲショウ、サギソウなんかが植わっています。
f0160063_815356.jpg
金魚もメダカも沼エビもいるし、タニシやヒルやイトミミズもいます。

朝、ビオトープの生き物たちをずーっと観察している自分がいます。
小学生に戻って、夏休みの自由研究からやり直したい気分になります。
[PR]

by novou | 2010-06-13 08:17 | ビオトープ通信
2009年 04月 26日

ビオトープや睡蓮鉢の様子

2009/04/26(日)
晴れ時々曇り/22℃

f0160063_13301945.jpg
水温が上がってきたせいか睡蓮やウォーターマッシュルーム、アマゾンフロッグビットなどの水生植物が元気です。
f0160063_13312462.jpg
熱帯睡蓮を入れているワイン箱の水槽には、昨日の雨で散ったコデマリの花筏が浮かんでいます。
f0160063_1332131.jpg
古道具屋で買った大きなお櫃の水槽では枯れたと思っていたトクサがみごとに復活しています。
f0160063_13323210.jpg
手桶の水槽の睡蓮は日当たりがよいせいか元気です。花芽が三つも付いています。
f0160063_13331464.jpg
f0160063_13343945.jpg
f0160063_1335685.jpg
f0160063_14233181.jpg
睡蓮鉢をよーく観察したら早くもメダカの子どもが泳いでました。ここには熱帯ヌマエビもいるのですが、恥ずかしがり屋なのか、カメラを構えているとなかなか出てきません。


                ●今日の昼ごはん
f0160063_1430513.jpg
ホワイトアスパラのミモザソースがけ、ローメインレタスとロースハムのソテー&オニオンベーグル(朝、スーパーに買い出しに行ったら、新鮮でおいしそうなホワイトアスパラが並んでました。値段も安かったので、お昼は茹でて1人4本ずついただきました。うまいっす! 春の味です!!)
[PR]

by novou | 2009-04-26 13:34 | ビオトープ通信
2008年 08月 14日

ビオトープのその後

2008/08/14(木)
晴れのち曇り/34℃

f0160063_15595794.jpg4月の下旬に造ったビオトープが、
たった3カ月で
ジャングル化している。

完成当初は殺風景だった水面も、
いまではアメリカハンゲショウや
アサザ、ホテイアオイなどが
生い茂って、
見えなくなりそうだ。

水生植物の成長の速さは
ホント、凄い!

f0160063_1604855.jpg水中では金魚や
メダカの2世たちが泳ぎまわり、
いつの間にやらビニールシートに
タニシも張り付いている。

そろそろトンボが産卵に来ても、
いい頃なんだけどなぁ…。
f0160063_1622872.jpg

(写真上)完成当時のビオトープ

(写真中)5月末のビオトープ

(写真下)ジャングル化した現在のビオトープ

こうしてみるとトクサやヤマブキも
ずいぶん大きくなったもんだ。
[PR]

by novou | 2008-08-14 16:15 | ビオトープ通信
2008年 06月 30日

ラブラブ金魚

2008/06/30(月)
曇り時々晴れ/25℃

f0160063_18144533.jpg4月にホームセンターで買った金魚が元気だ。
ビオトープでいつも寄り添うように仲良く泳いでいる。
この2匹、若いせいか、かなりラブラブ、アツアツで、ボクが見ているというのにカラダを摺り寄せ、お互いの尾びれで絶妙な愛撫を繰り返し、口をアヘアヘパクパクさせている。
なんともエロい金魚だ。
ホントは3匹買ったのだが、この2匹がすぐに恋仲になったため、もう1匹は世を儚んで、
一週間で死んでしまった。

体長も2ヶ月半で1.5倍ほどになった。
餌はルッコラやミントについている
小さな青虫だ。
オクさんが割りばしでつまんで
水面にポトリと落とすと、
大きな口でずずずぅ〜と丸のみする。
佐賀の正月の行事に「啜り餅」というのがあるが、そんな感じだ。

同じ日に10匹買ったメダカは次から次に産卵し、いつの間にやら睡蓮鉢や水溜めバケツが稚魚だらけになっている。みなさんお盛んねぇ…♡
[PR]

by novou | 2008-06-30 18:19 | ビオトープ通信
2008年 05月 30日

5月のベランダ(3)


f0160063_15235910.jpgビオトープの水生植物はこんなに大きくなりました。
メダカも金魚も元気です。
[PR]

by novou | 2008-05-30 15:24 | ビオトープ通信
2008年 04月 20日

ビオトープ作り

2008/04/20(日)
曇り/18℃/北東の風7〜10m

f0160063_22125864.jpg

 古いビニールクロスを使って45㎝×170㎝×15㎝のビオトープ(といっても単なる池なんだけど)を作る。水底には前からあったエンジ色のタイルを敷き詰め、床面からの熱の影響を防ぐ。ベランダには排水のための傾斜があるので、深さが左右で5㎝も違う。でも、この傾斜のおかげで、いい具合に浅瀬ができて、メダカが棲むにはとてもよい環境となった。ビオトープには睡蓮、ウォーターマッシュルーム、オモダカ、オリヅルランなどを植える。これらが成長してより自然に近い環境になれば、トンボが産卵にきてくれるかも…。うひょひょ楽しみだ!
[PR]

by novou | 2008-04-20 20:30 | ビオトープ通信