東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 30日

チチ、緊急入院

2010/07/29(木)
曇り時々雨/28℃

夜、チチが吐いた。
微熱もあるようだ。
吐き気は一昨日からだし、当然、食欲もない。
心配なのでかかりつけのN病院の救急センターに電話をする。
症状を説明するとすぐに連れて来なさいといわれる。

夜10時。
パジャマのままのチチと狼狽えるハハをクルマに乗せて病院へ急ぐ。
15分で病院に到着。

救急センターの医師は聴診器でチチの胸の音を聞き、腹部を触診する。
傍で見ていてもお腹が張っているのが解る。

採血をし、胸と腹部のレントゲンを撮る。
レントゲンの結果はすぐに出る。
医師に呼ばれてコンピュータ上の画像を観ながら、説明を受ける。
医師は腸閉塞特有の症状が現れているので、さらにCTで詳しく調べるという。

CTの順番がくるまで、待合室で小1時間ほど待たされる。
その間にも救急車で3人の患者が搬送されてくる。
まるでNHKで放送していた「ER」だ。

点滴のチューブでつながれたチチが車椅子で運ばれてくる。
CTが終わったのだ。不安そうな顔をして再び救急センターのなかに運ばれていく。

すぐに医師に呼ばれる。
今度は消化器内科の専門医だ。

すい臓ガンが進行して十二指腸に閉塞が起きている。
さらに腫瘍に接している胆管にも炎症が見られるという。
とりあえず、きょうは鼻から管を入れて胃の内容物を吸い出し、抗生物質と栄養剤を点滴して、手術ができるかどうかは、後日、外科と相談するので、きょうはこのまま入院してくださいとのことだ。7月7日のCT検査ではまったく異常がみられなかったのに、たった3週間で癌は腸閉塞を起こすまでに進行したということか…。

すでに時計は夜中の1時を回っている。
暗く長い廊下に車椅子の音が響く。
唯一空いていた4人部屋の廊下側のベッドにチチは寝かされた。

ベッドでもチチは吐いた。
栄養剤の点滴の中には吐き気止めも入れられているのだが、まだ効いていないようだ。

「お母さんティシュくれるかい」
チチは鼻をかみたいのだが、鼻にはチューブを入れられているのでうまくかめない。
鼻の下が鼻水で濡れている。鼻水垂らしたハナ垂れ小僧だ。
オシッコも、看護婦に支えられて尿瓶を使う。いい年して小便小僧だ。
‘いい恰好しい’のチチとしては散々である。

「あした、お腹切るのか?」
おびえた目をしてチチがきく。
「大丈夫。切らなくてもいいんだよ」

処置が終わり、入院の色々な手続きをし、チチが少し落ち着いたのは深夜2時だった。
帰り際、チチは「お母さんありがとう。ノブヤありがとう」と一人一人にありがとうをいい、
「みーやんに無理させるなよ」といった。
チチは自分の死期が近いのを悟っているのだ。

帰りのクルマの中でハハは、
「お母さんは食べないと死んじゃうと思って、無理やり食べさせようとしたんだけど、あれ以上無理させると、お父さん、死んじゃうとこだったねぇ」と、あっけらかんとしている。

この人は、まだ奇跡を信じているのである。
[PR]

by novou | 2010-07-30 03:58 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 29日

アゲハの幼虫と九条ネギとニラ

2010/07/29(木)
曇り時々雨/28℃
f0160063_11551989.jpg
今年は蝶の飛来が少ないなぁと思っていたら、いつの間にやらタネから育てた大切なレモンの木で、アゲハの幼虫がムシャムシャと葉っぱを食べていた。

いつもならギロチンにして金魚の餌にするのだが、今年は蝶が減ってかわいそうなので、
しばらく観察することにする。
f0160063_11331968.jpg
さて、この木にはいったい何匹の幼虫がいるでしょう? 
よーくみるとカイガラムシまで発生している。
アゲハの幼虫は食欲旺盛なので、2匹とも育てるとレモンの木が弱ってしまう。
どちらか1匹には死んでもらわなければいけないなぁ。さぁて、困った。
f0160063_1134850.jpg
先日植えた九条ネギが、もうこんなに育っている。
f0160063_11343342.jpg
株元2cmでバッサリと刈り取ったニラも、いまでは2度目の収穫ができるほどに育った。
スタミナ野菜の生命力は凄いな。

               [きょうのおやつ]
f0160063_11345942.jpg
牛乳白一。ソフトクリームの形をしているけど、ここのアイスは生クリームもタマゴもバターも使っていないので、さっぱりと食べられる。最近、週に3回は食べているボクのお気に入り…。
[PR]

by novou | 2010-07-29 11:43 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 27日

ここんところ…

2010/07/26(月)
晴れ/33℃
f0160063_5524942.jpg
ここんところヒマなのだ。
抱えている仕事はポンポンと前に進まず、停滞気味だし、
こう暑くては庭仕事もする気になれない。
毎日、水やりして、アイスを食べて、水風呂に入ると、日が暮れる(笑)。

ここんところチチの体調があまり良くない。
暑さのせいで食欲が落ち、ごはんはほんの一口しか手を付けない。
めん類なら食が進むだろうと思って、冷や麦や冷やし中華も出すのだけど、
ちょっとだけ食べて、すぐに箸をおく。
だいたい、握力が落ちてきているせいか、手が震えて箸自体、うまく使えなくなってきている。
果物だけは少しは食べられるようで、先日、京都から送られてきた桃をいつも2〜3切れ食べる。それで生きているようなものだ。

ハハは食欲が落ちたチチを心配して、食事しながらシクシクと涙をこぼす。
いちばん楽しかったはずの食事時が、いまはいちばん辛い時間なのだ。

きょうは土用の丑の日。
「ウナギでも食べに行くかい?」とチチハハに聞いたら、
「暑いし、脂っこいからいらない!」と拒否された。

お昼はいつもの棒パン(スティックパンのこと)と牛乳が面倒がなくていいらしい。
2人とも食べること自体に興味がないし、食べることが面倒臭くなってきているのだ。

ひとりで家を出て、渋谷の松川でうなぎが2匹も載った「うな重」をヤケ食いした。
f0160063_553811.jpg
                 (朝の満月)
[PR]

by novou | 2010-07-27 06:05 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
2010年 07月 25日

網戸

2010/07/25(日)
晴れ/34℃
f0160063_1249257.jpg
あぢぃ〜!!!
きのうは暑さのせいで、強力両面テープで取り付けていたキッチンの時計が落ちた。
両面テープは、熱でフニャフニャだった。

みなさん、お暑うございます。
連日の猛暑で体調を崩されていませんか?
寝不足気味ではありませんか?

我が家では2〜3日前からオクさんが夏風邪をひいています。
スタジオの冷房が強すぎて、身体が冷えたようです。

ボクも連夜の蚊とのバトルでヘトヘトです。
で、きょうは蚊が入ってこないように、寝室の障子を網戸に換えることにしました。
f0160063_12493637.jpg
f0160063_1251658.jpg
朝イチで障子を剥がし、窓枠を水で洗って、タワシで糊をきれいに落とします。
f0160063_12512954.jpg
開店と同時にバイクで東急ハンズに行って、チョロっと網戸の材料を買ってきて、
サクサクッとタッカーで網を張っていきます。
f0160063_12515581.jpg
最後にカッターで余分な部分を切って、あっという間に網戸が完成。
f0160063_12522792.jpg
窓枠に取り付けて、パタンと閉じれば、これで蚊も入ってきません。
f0160063_12531896.jpg
きょうから安心して寝られるわけです。

天気予報では夜は雨。大降りに期待したいところです。


                [きょうのお昼]
               冷やしぶっかけうどん
f0160063_1256053.jpg
湯布院の玉の湯さんにいただいたカボスをたっぷり搾って、ぶっかけうどん。
たまごを落としていただいても旨いのです。

               [きょうのおやつ]
                桃のコンポート
f0160063_14315157.jpg
この時期、京都の義母から桃がたくさん送られてきます。
で、オクさんが毎年、いくつかをコンポートにするのですが、今年はジンジャーとカルダモンと白ワインで、いつもよりすっきりとした味に仕上がりました。
大きな一切れを口いっぱいに頬張ります。ひゃっこい桃のシロップが口にあふれだします。
こんなとき、加山雄三みたいに‘シアワセダナァ’と感じるのです。
いつもありがとう。ごちそうさまでした。
[PR]

by novou | 2010-07-25 13:03 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 24日

夏バテ…

2010/07/24(土)
晴れ/35℃
f0160063_160882.jpg

あぢぃ〜!!!!
東京はきょうで4日連続の猛暑日だ。
気温が25℃を下回らない熱帯夜もすでに10日も続いている。

竹シーツを敷いて、アイスノン枕をして、扇風機をつけっぱなしにして寝ているが、
それでも寝苦しい。

おまけに窓を全開にしているので、夜中に蚊に刺される。
蚊帳を吊っているのにだ。

どうやら蚊は裾の方から入ってくるらしい。
蚊帳のなかに蚊の侵入を許すと、ボコボコに刺される。
一方的にやられてばかりいられないので、むくっと起き上がり、
眠い目をこすって、フマキラーAダブルジェットを構える。

蚊帳の中なので、蚊はすぐに見つかる。

「隊長、ロックオンしました」とボク。
「よーし、撃てぇ〜!」とオクさん。
シューッ!と、ひと吹き。あっという間に、蚊は墜落だ。

こんな事を毎晩繰り返しているので、寝不足なのだ。

食欲もない。
最近、オクさんが忙しいので、自分で食事を作らなきゃいけないのだけど、
こう暑くては火を使う気になれない。
f0160063_162435.jpg
きのうは主食がアイスとスポーツ飲料だった。
ソーダのガリガリくん2本と、白一の牛乳生アイスと、レッドブル1本(夏のスタミナ補給に毎日1本)とアクエリアス500cc1本。

ああ〜、うまいひやむぎが喰いてぇ。

               [きょうのおやつ]
f0160063_1644545.jpg
f0160063_165290.jpg
渋谷公園坂上の白一のアイス。ここのアイスはあっさりしていて、実に口当たりがよろしい。見た目はソフトクリームだけどジェラートみたいなシャリ感があって、口溶けが爽やかなのだ。ん〜、なんていうか昔のアイスクリンのイメージ。
久しぶりなので2つ食べたいところだったが、大人なので我慢、我慢…。
[PR]

by novou | 2010-07-24 16:09 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 23日

久しぶりの散歩から

2010/07/23(金)
晴れ/35℃

そういえば最近、散歩をしていない。
ブログの履歴を見ても5月1日以来、3ヵ月近くも「散歩写真」のエントリがない。

5月は、突然、北海道からやって来たチチハハの面倒を見ることでイッパイイッパイだったし、最近は最近で、暑くて散歩する気分にはならなかったのだ。

散歩はボクにとっての唯一の運動だった。なので3ヵ月も歩かないと足腰が弱ってくるし、仕事のアイデアも湧いてこないのだ。

古代ギリシヤの哲学者アリストテレスの学派は「逍遥学派」と呼ばれたくらいで、自ら創設したリュケイオン(アテネ郊外の学園)をブラブラ散歩しながら哲学を説いたらしい。

哲学するつもりはないけど、足腰が弱るのと、アイデアが湧いてこないのは困る。

で、チチハハが寝てから、ふらふらと代官山に散歩に出かけた。
このあたりはお店が閉まるのが早いので、夜の9時を過ぎると途端に人通りが少なくなる。
f0160063_7104793.jpg
f0160063_7101651.jpg
ふらふらと歩いていると、たしかにショーウィンドや看板など、アイデアの創造に欠かせない情報がいろいろ飛び込んできて刺激になる。
f0160063_7122273.jpg
f0160063_7194752.jpg
夜の散歩もいいもんだ。
ただ、昼間に比べ、刺激的な格好をしたおねえさんたちがいないのはつまらんけどね…。

                [きょうの花]
f0160063_7124756.jpg
f0160063_72161.jpg
              ムクゲとホテイアオイが咲いた。
[PR]

by novou | 2010-07-23 07:22 | 町内散歩 | Trackback | Comments(2)
2010年 07月 22日

猛暑とビカクシダ

2010/07/22(木)
晴れのち曇り/36℃

あぢぃ〜!
東京は35度越えの日々が続いています。
長崎はきょうも雨だったかもしれないけど、東京はきょうも‘晴れ’です。

猛暑が続くせいで、ベランダの植物たちも完全に夏バテ気味です。

朝、たっぷりと水をやるのですが、正午にはぐったりしています。真夏の日中の水やりは、強い陽射しで鉢の中で水がお湯になってしまうので、根を弱らせる原因になります。
極力避けたいのですが、こう暑くては、そうもいっていられません。
昼間もたっぷりと水をやります。
植物たちはゴクゴクと喉を鳴らすようにして、如雨露の水を飲み干します。
それでも夕方には、またぐったりと萎れているのです。

我が家のベランダの水やりには小1時間ほどかかるので、×朝、昼、晩の3回で、庭主もバテ気味です。(T_T)

さて、ベランダには猛暑のなかでも元気いっぱいの植物がいます。

ビカクシダです。ウラボシ科の熱帯性着生シダで、コウモリラン(蝙蝠蘭)といったほうが通りがいいかもしれません。
我が家ではもう10年も育てているのですが、これまでちっとも大きくなりませんでした。
f0160063_20161316.jpg
それがどうしたわけか、春からぐんぐん大きくなって、この通り。
直径1mほどの大きさになりました。

多分、環境に慣れてきたのと、春先にやったボカシ肥料が効いているのだと思います。
f0160063_20165391.jpg
こちらは2年前の写真です。胞子葉(鹿の角のような葉っぱ)がまばらにしか生えていなくて、貧弱です。
f0160063_2035751.jpg
ベランダではここ数年、トケイソウやノボタン、クワズイモといった熱帯、亜熱帯を原産地とする植物が勢力を拡大し、温帯の山野草がどんどん枯れています。
東京はもう、アツアツ亜熱帯なのかもしれませんね。

[きょうのおやつ]
トモスでちもとの前を通りかかったので、寄ってみたけどきょうは定休日。残念! 
で、隣りのショコラティエ「ベルアメール」で、この店限定のソフトクリームをいただきました。ホワイトチョコとビターのミックス。
f0160063_20174532.jpg
チョコレートのコクがあるのにさっぱりしていて、大人のお味。おいしゅうございました。今度はソフトとかき氷のハシゴだな…。
[PR]

by novou | 2010-07-22 20:23 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(2)
2010年 07月 21日

食虫植物

2010/07/21(水)
晴れ/35℃

「ベランダにもう鉢は増やさない」と決めていたのに、
先日、碑文谷のダイエーに行ったら、園芸コーナーで食虫植物が売られていた。

ウツボカズラにハエ取り草にサラセニア…。
f0160063_7115964.jpg
f0160063_716267.jpg
f0160063_7142579.jpg
これらの植物は、虫が近寄るとパカッと葉が閉じて捕まえたり、壺のような捕虫器の中に虫が落ちると、消化液を出して分解してしまう。おもしろいなぁ。たまらんなぁ!
「グヮシッ!」っと好奇心をわしづかみにされて、結局、ぜ〜んぶ購入!

ここでは夏休み前になると、小学生の観察日記向きの植物がよく売られている。
そういえば一昨年もここでオジギソウを衝動買いして、枯らしたっけなぁ。
今年も店の戦略に、まんまとハマってしまった。
[PR]

by novou | 2010-07-21 07:18 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(2)
2010年 07月 20日

スズメの子…。

2010/07/20(火)
晴れ/35℃

猛暑が続いている。
f0160063_16133216.jpg
日除けのつもりか、スズメが一羽、マンションに迷い込んだ。
廊下をちょこちょこ歩く姿は、なかなか愛嬌がある。

階段の踊り場の窓を開けておいたら、夕方にはいなくなっていた。
[PR]

by novou | 2010-07-20 16:14 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 19日

みどりのチカラ

2010/07/(月)
晴れ/35℃

朝、早起きして庭を掃き、草花に水を撒く。
花がらを摘んだり、暴れた枝を剪定したり、庭仕事は小1時間ほどだ。
f0160063_15321889.jpg
作業が終わると、ビオトープの前の小さな椅子に座り、ひと息入れる。
この場所に座って深呼吸すると、自分が目に見えない大きな自然の力とつながっていくような気がする。

かつての日本人は、花や鳥といった自然の風物の力を借りて、季節を生活の中に上手に取り込んでいた。そんな素朴な暮らしのスタイルを「花鳥風月」や「風流」と呼んだ。
それはきっと幸せを感じる方法論であり、日々の暮らしを通じて、より大きなものと繋がろうとする‘哲学’だったのだ。

考えれば考えるほど、自然の摂理は神秘的だ。
植物たちは季節が来れば、正確に花を咲かせ、実を結び、蔓や枝は明るい方へ、明るい方へと、伸びていこうとする。

植物たちに目を向けることは、自然の仕組みを通して、暮らしを考えることなんだと思う。
f0160063_15325424.jpg
ボクはきょうも、この庭からたくさんの元気をもらった。
[PR]

by novou | 2010-07-19 23:38 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)