「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 30日

チチの容体と泣き虫カアチャン

2010/11/30(火)
晴れ時々曇り/15℃

チチの容体は安定してきた。
熱は下がり、尿道カテーテルがはずされ、栄養補給も点滴からお粥になった。
ただ、譫妄は相変わらずで、とくに夜中になるとひどくなるらしく、
うわ言をいいながら病院を徘徊しようとして、夜勤の看護師を手こずらせているらしい。
そんなこともあって、チチは深夜、拘束衣でベッドに縛りつけられているのだ。

きょう、病院のケアマネージャーと退院後の介護について話をした。

チチの病状が悪化すると、ハハの体調も悪化する。
ハハは鬱状態で泣いてばかりいるので、チチが退院してきても介護できる状態ではない。
それどころか、ハハを病院に連れて行くのに時間をとられるというのが現状なのだ。

ケアマネージャーにはそんな事を伝えた。

とりあえず、今後は病院と地域の支援施設のケアマネージャーとが連携して、チチハハのサポートをしてくれるというのだが、具体的にはまだ何も決まっていない。

今週末あたり、チチは退院することになるのだろうが、受け入れの準備も覚悟も出来ないままだ。

てなわけで、週末、仕事の遅れを取り戻そうと思っていたのだけど、仕事どころではなかった。

ハハは食事をしてても、話をしてても泣いてばかりだ。
いったい、どこにそんな涙が溜まっているんだろう?

カアチャン、そんなに泣かないでくれよ。

60年もオヤジと一緒に生きられたんだから、幸せな人生じゃないか。
不幸だとはちっとも思ってないよ。
f0160063_2035817.jpg

[PR]

by novou | 2010-11-30 20:37 | 番外編
2010年 11月 27日

チチ、入院

2010/11/27(土)
晴れ時々曇り/14℃

朝5時、チチ発熱。39,2℃もある。
解熱剤を飲んでも熱が下がらないので、通院している病院の救急センターに連れて行く。
ひとりでは立てないし、譫妄もひどい。

チチは4日前に退院してきたばかりなのだ。

きのうまでは少し手を貸してあげれば、車椅子なしに日常生活が送れたのに、
きょうは起き上がることもままならない。
2人がかりで身体を持ち上げ、なんとかクルマに乗せた。

病院まで移動する間、姿勢を保てないチチはオクさんに寄り掛かり、
「声問にいくのか」とうわ言のようにいっている。

声問(こえとい)はチチの生まれた稚内の集落だ。
朦朧とする意識の中で、ココロは故郷の海を彷徨っているのだ。

採血をして、レントゲンを撮り、腹部のエコーを撮って、尿道カテーテルが入れられた。
炎症反応が高く、感染症に罹患した可能性もあるので、即、入院することになった。

たった4日でまた病室に逆戻りだ。

チチは春から4回も入院している。

僅か半年余りの闘病生活で、15kgも痩せた。
アバラ骨が透け、尻の肉は削げて、ミイラのようになった。
歳のわりには逞しかった身体が、いまでは見る影もない。

目は窪み、頬はこけ、顔の皮は骨に貼り付いたようだ。
寝顔を見てると、もう死んでるんじゃないかと思うことがよくある。

ベッドから起こそうとカラダを抱くと、骨の硬さと形が直に腕に伝わってくる。
まるで、骨格標本を抱いてるみたいだ。

いま、チチは抗生剤と栄養剤の点滴を受けて、静かに眠っている。

入院する度に、チチは死線を彷徨い、それでもなんとか復活してきた。

6月に夫婦仲良くダイヤモンド婚式を迎え、10月にはめでたく86歳の誕生日も迎えた。

まだまだだぞ、オヤジ!
家族みんなで正月も迎え、春にはまた西郷山で桜を見ようじゃないか。
なっ、オヤジ…。
f0160063_222348100.jpg

[PR]

by novou | 2010-11-27 22:32 | 番外編
2010年 11月 26日

てんやわんや

2010/11/26(金)
曇り時々晴れ/17℃

ほぼ1週間のご無沙汰です。
な〜んか祟られたような1週間でした。

オクさんがクルマをぶつけられ、ボクとオクさんのパソコンがほぼ同時にご臨終になり、チチの体調が思わしくなく、ハハの精神状態もすぐれず…、アップルストアと病院とヤマダ電気に通い詰めたトホホな1週間なのでした。

しかも、新しいMacに古いMacのデータを移したら、書きかけの原稿やメールのアドレス帳が消えてしまって、「キィ〜〜ツ!!!」となったのでした。

新しいMacもまだ50%ほどしか機能していません。Wordとの相性が悪いみたい。入稿に追われているのに、これでは仕事がちっとも進みません。

f0160063_12234214.jpg
とりあえず、仕事部屋の模様替えもしてみました。
前にも書いたけど、模様替えは忙しいときのボクの癖です。
で、これが戦闘態勢MAXのレイアウト。週末、遅れをなんとか取り返しま〜す。
気合いだっ!×3
[PR]

by NOVOU | 2010-11-26 12:37 | 日々の暮らし
2010年 11月 20日

表参道のケヤキ並木

2010/11/20(土)
曇り時々晴れ/16℃

f0160063_1584160.jpg
クルマで表参道を通ったので、ケヤキ並木をパチリ!
f0160063_159279.jpg
いい色に紅葉してきたね。
f0160063_1591791.jpg
枯れオヤジの紅葉情報でした(笑)。
[PR]

by novou | 2010-11-20 15:10 | 日々の暮らし
2010年 11月 20日

酉の市

2010/11/20(土)
曇り時々晴れ/16℃

f0160063_925076.jpg
きのうは二の酉。
夜、久しぶりに目黒大鳥神社に出かけた。
昔、このそばにオクさんが住んでいたので、なんだか懐かしい。
f0160063_9331833.jpg
f0160063_9291924.jpg
f0160063_9283833.jpg
f0160063_9275312.jpg
酉の市はなかなか盛況だった。
世の中、不景気風ばかりが吹き荒れてるけど、境内はそんな事を感じさせないほどの人出だ。
f0160063_9261089.jpg
この時ばかりはしみったれた空気を吹き飛ばすように、「ヨォ〜ッ!」という威勢のいい掛け声の三本締めが、あっちこっちから聞こえてくる。
縁起物の熊手を買って、来年の「家内安全 商売繁盛」を願うのだ。
f0160063_9271731.jpg
我が家は露店商の熊手は高すぎて手が出ず(ご祝儀もはずまないといけないしね)、神社が売っている地味な「熊手開運御守」をご購入。

これで来年もずっと「福」がそばにいてくれるといいのだけど…。
パンパン(柏手)。
[PR]

by novou | 2010-11-20 09:31 | 日々の暮らし
2010年 11月 18日

枯葉♪

2010/11/18(木)
晴れのち曇り/14℃

いつもの散歩コースを歩いた。

西郷山から菅刈公園に降り、目黒川を歩いて目切り坂を上り、旧山手stを戻るコースだ。
写真を撮ったり、途中でランチを食べたりすると2時間ほどかかる。
f0160063_15121940.jpg
目黒川のサクラの紅葉はいまが見ごろだ。
f0160063_15142793.jpg
サクラの木の下を歩くと、黄色や赤や黄金色に染まった葉っぱが、ハラハラと落ちてきて、センチな気分になる。
f0160063_15161471.jpg
こんな時、口ずさみたくなるのはシャンソンの名曲『枯葉』だ。
いろんな人が歌っているけど、ボクはやっぱりエディット・ピアフの『枯葉』が好きだ(コチラ)。素っ気ない歌い方が、余計に心に滲みるのだ。彼女はこの歌に感情移入すると涙が止まらなくなるから、わざと素っ気なく歌っているんだと思う。それがこちらにも痛いほど伝わるから、滲みるんだなぁ。
f0160063_15151374.jpg
川沿いのショップの女の子たちが、落ち葉を掃き集めてるのを見るのも好き。
女の子の健康的な若さと、枯葉の対比がたまらなく哀愁を誘うんだなぁ。
枯れたオヤジも、そのうち掃いて捨てられる運命だな(笑)。

最近、枯葉や紅葉のエントリが多いのは、枯葉に自分の人生を重ねてしまうからなのかもしれない。

なーんか、このままだと、冬が来たら、アダモの『雪が降る』を口ずさんでいそうだ。
オヤジ全開! やっべぇ…。
[PR]

by novou | 2010-11-18 15:10 | 町内散歩
2010年 11月 17日

ホスタの輝き

2010/11/17(水)
曇り/13℃

f0160063_1592343.jpg
ホスタが冬枯れ前の輝きを見せています。
陽に当たると黄金色に輝き、ベランダを明るくしてくれます。
f0160063_159512.jpg
これを枯葉と見て汚いと感じるか、黄葉と見て美しいと感じるかが、園芸好きか、そうでないかの分かれ目のような気がします。
[PR]

by novou | 2010-11-17 01:58 | ベランダ歳時記
2010年 11月 16日

日比谷公園と本多静六

2010/11/16(火)
晴れ時々曇り/12℃

f0160063_9512252.jpg
きょうの朝焼け(5時50分ぐらいの空です)。外は寒いです。

さて、きのうの続き。

日比谷公園といえば10円チャリティーカレーの松本楼が有名だけど、この店の横には樹齢400年といわれる大銀杏(下の写真の黄葉している木)があります。
f0160063_952343.jpg
この銀杏は「首かけ銀杏」といわれ、日比谷公園の造園計画をした本多静六が、道路拡張により伐採されることになった日比谷見附の銀杏を、公園に移植したものです。
幹周り6.5m、樹高20mの大銀杏は、当時、移植不可能といわれていたのですが、本多静六は「自分の首にかけても」と、移植を実行し、成功させたのです。本多静六は明治神宮の造園も行なっていて「日本の公園の父」と呼ばれています。

f0160063_9524283.jpg
f0160063_9531282.jpg
f0160063_9575426.jpg
f0160063_9583037.jpg
f0160063_959927.jpg
公園ではユッカの花が咲いていました。よく見るとスズメが羽を膨らまし、鈴なりになって止まっています。まるでユッカの花に似せて擬態してるみたいです。
[PR]

by novou | 2010-11-16 10:01 | 街の記憶
2010年 11月 15日

1時間半の銀ブラ

2010/11/15(月)
曇りのち雨/14℃

朝、ハハを五反田の病院まで送り、そのついでに銀座にあるキャノンのサポートセンターに行って、愛用のカメラをメンテに出し、そのメンテが終わるまでの1時間半の‘待ち’の間に、リニューアルした銀座三越を冷やかし、ピャオシャンでランチを食べ、カメラを受け取った帰りに、日比谷公園をサクッと散歩して帰ってきた。なんだか慌ただしい1日だ。

家に帰ってきたのは4時過ぎ。雨が降りだし、外はもう暗くなっていた。
最近は1日が30時間でも足りない感じ。
今夜も徹夜で仕事をしなきゃ、追っつかない。(←ブログしている場合かよ!)
f0160063_19454752.jpg
三越はリニューアルしてずいぶん良くなった。
9階の‘銀座テラス’には芝生の広場や、開放的なレストスペースがあるし、
インフォメーションではフロアガイドだけでなく、銀座の街情報や観光案内もしてくれる。
f0160063_1947651.jpg
それにインドアグリーンの趣味も以前に比べると、格段に良くなっている。植物好きのボクなんかは買い物していて、実に楽しいのだ。

で、ちょうどお昼時だったので12階の飄香(ピャオシャン)でランチ。
この店は本店が代々木上原にあって、そこが開店したときは取材にもいったし、プライベートでもずいぶん通った我が家のお気に入りだ。

でも、デパートに出店すると、どこの店もCPが落ちるし、雰囲気もこじゃれたファミレスみたいになってしまうのは、なんでだ?
f0160063_19482330.jpg
f0160063_19493815.jpg
f0160063_1950637.jpg
ランチメニューの中からセレクトしたのは、オクさんが坦々麺、ボクが四川トリュフとフカヒレの丼。坦々麺はこの店の名物だけあって、辛さの中に深いうま味があって、本店とそれほど変わらない味だけど、ボクの頼んだ四川トリュフは虫眼鏡で見ないとトリュフの存在が判らないし、香りもしなかったなぁ。ひと口食べて「麻婆豆腐」にすれば良かったと思ったもの。こういうところでは坦々麺とか麻婆豆腐といった店の名物料理を食べるのが無難だなぁ。

あ、そろそろ夕飯の時間なので、きょうはこの辺で…。

明日はきょうの続きで、たそがれ時の日比谷公園をアップする予定です。

そんじゃね。
[PR]

by novou | 2010-11-15 19:51 | 日々の暮らし
2010年 11月 14日

東大医科研キャンパス

2010/11/14(日)
曇り/18℃

白金の利庵にそばを食べに出かけたら、行列が出来ていたのであきらめて、
すぐそばの東大医科研キャンパスを散歩。
f0160063_21362918.jpg
時計塔とも呼ばれる一号館は、昭和12年(1937)に伝染病研究所として建てられたもの。
設計を担当した内田祥三は、昭和18年(1943)から20年まで東大総長を務めた人。
本郷校舎も駒場校舎も内田の設計で、内田ゴシックと呼ばれるレンガ造りのクラシックな建物群には、紅葉よりも黄葉の方がよく似合う。
f0160063_2138871.jpg
f0160063_21382785.jpg
f0160063_2139636.jpg
f0160063_21394578.jpg
見ごろにはまだ早かったけど、ここはいつ来ても人が少ないので、静かな散策が楽しめる。
f0160063_2140213.jpg

[PR]

by novou | 2010-11-14 21:44 | 街の記憶