東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 30日

今年最後のベランダ通信

2010/12/30(木)
曇りのち晴れ/8℃
f0160063_17362776.jpg
夕方、屋上にのぼって、今年最後の定点撮影をしました。

f0160063_17372158.jpg
冬枯れのベランダだけど、よ〜く注意してみるとカロライナジャスミンには早くもツボミがついているし、ブルーベリーやグミにも花芽がついています。

f0160063_17384913.jpg
来年の楽しみは、春に植えたナニワイバラやシティ・オブ・ヨーク、のぞみといったつるバラたちが、フェンスや窓にどんな花を咲かせてくれるだろうかということ。バラ初心者だけに、いまからちょっとワクワクなのであります。

f0160063_17392669.jpg
さて、ベランダ通信もこれが今年最後のエントリになりそうです。
途中、介護通信になったり、食べ物通信にもなっちゃったりするけど、
いつも読んでくれて、ありがとうございます。

f0160063_17394427.jpg
ブログを書くって事は誰かと繋がれるし、自分の存在の記録でもあります。
とくに今年は書くことで、自分自身がずいぶん救われた気もします。
また、コメントをくださった方たちにも、とても励まされ、勇気づけられました。
本当にありがとうございました。

f0160063_1740451.jpg
        皆さん、よいお年をお迎えくださいね。
[PR]

by novou | 2010-12-30 17:42 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(1)
2010年 12月 29日

バル・エンリケ

2010/12/28(火)
晴れ/12℃

きょうで事務所は仕事納めだ。
といっても、これは形式上で、実際は正月休み返上で編集作業が続くのだ…。

f0160063_2395335.jpg
夜、オクさんと食事に出かけた。2人だけの忘年会だ。
今年はチチハハの介護生活に入ったこともあって、オクさんにも苦労をかけた。
だから慰労も兼ねての忘年会なのだ。

お店は中目黒の「バル・エンリケ」

このお店は以前、東北沢にあった。
小さなお店で、料理もおいしかった。だから、いつ行っても満席だった。

某料理評論家と取材にも出かけた。
バスク地方のあさり御飯を食べた評論家は、そのおいしさを絶賛した。

去年の10月、そのバル・エンリケが中目黒に移転した。
東北沢で10年やったら、次は代官山か中目黒に店を構えるというのがシェフの夢だったのだ。

新しい店にも、何度か飛び込みで行ってみたが、いつも満席で入れなかった。
相変わらずの人気なのである。

で、きょうに至ったという訳である。

開けハナの5時半に予約を入れた。
我々がこの日の最初の客である。

f0160063_2383521.jpg
ドアを開けるとシェフが笑顔で迎えてくれた。

東北沢の時はストイックに黙々と料理を作っていたシェフが、新しい店では余裕が出来たのか、
明るく饒舌になっていた。

勧められるままにタコの前菜やマッシュルームのニンニク炒め、レンズ豆と豚肉の煮込みなど、
6皿ほど食べた。

ワインも飲んだ。
この店にあるのはワイン好きのシェフが厳選したスペイン産ワインだ。

で、ボクらが選んだのは、この店でいちばん高い赤ワインだ。
といっても5000円以下だ (^_^) 。
それはスパイシーで果実味豊か…、一年の憂さを晴らし、陽気な気分にさせてくれる‘ラテンなワイン’だった。

f0160063_239273.jpg
そして、最後の一杯はシェフがご馳走してくれたコーヒーリキュール…。
南の国の情熱のアロマに、お疲れモードのカラダがじわりと癒されていったのでありました。

シェフともいっぱい話をした。
おいしくて、楽しくて、そして安かった。

いい店で1年を締めくくれて、よかったと思った。
[PR]

by novou | 2010-12-29 23:15 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 29日

グルメバーガー

2010/12/27(月)
晴れ/11℃

忙しかったので、きょうの晩めしも近所のハンバーガー屋でサクッと済ませた。
ここは近ごろ流行りの、いわゆる“高級グルメバーガー屋”で、有名な肉屋が経営しているらしい。

メニューを見て驚いた。
ハンバーガーが1400円、シーザースサラダが800円だ。
ビールとコーラを飲んで、2人でお会計が5000円だった。
滞在時間40分だ。

f0160063_17522439.jpg
学生時代、ご馳走といえばマクドナルドのビッグマックと、デニーズの和風ハンバーグだったボクには、いまいちグルメバーガーのおいしさが伝わって来なかった。

f0160063_17525878.jpg

マックだったらハンバーガーが14個食べられたとか、ビッグマックなら4個食べられるとか、シーザースサラダの値段でダブルクォーターパウンダーにポテトとコーラもつけられるなんて考えてしまうからだ。きっと貧乏性なのだ。
それに1400円のハンバーガーが、マックの100円バーガーより14倍おいしいとも思えない。

それにマックは“スマイル0円”だしね (^_^) 。
[PR]

by novou | 2010-12-29 17:59 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 26日

お疲れモード

2010/12/26(日)
晴れ/10℃

デスクワークが続いて背中と腰が悲鳴を上げている。
オクさんも栗の皮むきをしたせいか、肩凝りで首が回らないという。

で、「ひさびさに行ってみる!?」って事になり、
夕方、いそいそとマッサージに出かけたのでありました。
お互いもう年なんだから、症状がひどくなる前に、
ちゃんとメンテしないとね…。

2人でベッドに並んで、90分コース。ちょっと贅沢。
よだれが垂れそうなほど気持ちがよかったです。
ちょっと生き返った感じ。

「カラダがだらり〜んとしちゃったから、今日はどっかでごはん食べてこ!」ってオクさんがいうので、マッサージ帰りに中目黒で評判のピザ屋さんへ。ここは世界ピッツァ選手権で優勝したピッツァヨーロ(ピッツァ焼き職人)がやってる店。

f0160063_22421657.jpg
f0160063_22431088.jpg
まだ6時だというのに店内は満席で、予約をしていなかったボクらは、7時までの1時間限定で、なんとか席を用意してもらったのでした。

f0160063_22449100.jpg
f0160063_22443771.jpg
f0160063_2245339.jpg
注文したのはフォカッチャとマリナーラとサルシッチャ(イタリアのソーセージ)と生ハム。
ボクは焼き立てのフォカッチャに、冷たい生ハムをはさんで、オリーブオイルをつけて食べるのが好き。それにカンパリオレンジも。

f0160063_22453693.jpg
f0160063_22455595.jpg
冷めたピッツァは美味しくないものの代名詞だけど、このお店は客の食べるスピードに合わせて、熱々のピッツァを提供してくれる。どこかのピザ屋みたいに、2枚一度に持ってくるなんてことはないんだよなぁ。エライです!

フォカッチャってピザ生地を薪窯で焼いただけのもの。
シンプルなものだからこそ、ピッツァヨーロの技術や生地の善し悪しがモロに出るんだよね。
いやぁ、たいへんおいしゅうございました。

てなわけで、サクッと1時間で食事を済ませて、帰ってきたのでした。

さてと、また仕事すっか…。
[PR]

by novou | 2010-12-26 22:51 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 26日

クリスマスの夜に

2010/12/25(土)
晴れ/9℃

f0160063_23514546.jpg
f0160063_23511744.jpg
f0160063_235115.jpg
f0160063_23552513.jpg
f0160063_23535763.jpg
f0160063_23531870.jpg
f0160063_23555982.jpg
f0160063_23563885.jpg
f0160063_2357756.jpg
f0160063_23575488.jpg
f0160063_23581871.jpg
f0160063_23591666.jpg
f0160063_00098.jpg
f0160063_004522.jpg
f0160063_01322.jpg
f0160063_021341.jpg
f0160063_025772.jpg
f0160063_032485.jpg
f0160063_034525.jpg
f0160063_04459.jpg
                メリークリスマス
[PR]

by novou | 2010-12-26 00:06 | 町内散歩 | Trackback | Comments(1)
2010年 12月 20日

柚子湯

2010/12/20(月)
晴れ/15℃

きょうは入浴サービスの日。
チチがいちばん楽しみにしている日だ。

いつものように組み立て式のバスタブにお湯を張りながら、
「冬至が近いので、きょうは柚子湯にしましょうね」と、
介護士さんたちが布袋に入った柚子を、お風呂に入れてくれた。

柑橘系の香りは、暗くて陰気な介護部屋に精気をもたらしてくれる。
肩まで湯に浸かったチチは、その精気に包まれ、いつにも増してご満悦だ。

よっぽど気持ちがよかったんだろう。
身体を洗われながら、嬉しそうに都々逸をひと節唄ったのだ。

介護士さんたちが顔を見合わせて、ニコリと笑った。
命の熾火がちょっとだけ熱を帯びたような気がして、嬉しかった。
[PR]

by novou | 2010-12-20 23:48 | 番外編 | Trackback | Comments(1)
2010年 12月 16日

久しぶりのベランダ通信

2010/12/16(木)
曇り/9℃

東京もやっと冬らしい気温になってきましたね。
ここ2〜3日の寒さで、ベランダの紅葉は一気に進んだ感じです。

f0160063_1031090.jpg
写真はサクランボの紅葉。その後で赤くなっているのはブルーベリーです。
きれいでしょ。

f0160063_10314063.jpg
龍のウロコ(?)のようなアロエのツボミも、だいぶ大きくなりました。
この調子だと、クリスマスぐらいに開花するかもしれません。楽しみです。

f0160063_10312324.jpg
寒さにめげずに咲いているのは、ジャスト・ジョーイ。
枝が花の重みで、しなってしまうほどの大輪です。
香りも上品。もえっちゃいますね。

f0160063_1032069.jpg
ヤツデも小さなぼんぼりのような花をたくさん付けています。

久しぶりのベランダ通信でした。
[PR]

by novou | 2010-12-16 10:32 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 15日

魔の通院日

2010/12/15(水)
晴れ/16℃

水曜日はチチハハの通院日だ。
ボケ老人とウツ老人を一度に病院へ連れて行くのは大変だ。

作戦はこうだ。
まず、ハハを予約してあるペインクリニックに連れて行く。
チチは長い時間、1人で待っていることができないので、ハハが診察してもらっている間は、チチにもご同行を願う。

で、診察が終わり、ハハが治療室のベッドで神経ブロック注射(ハハは原因不明の下腹部痛を10年前から訴えていて、いろいろな病院に行き、ありとあらゆる検査をしても原因が分らず、いまはこの病院で痛みをとる神経ブロック注射をしてもらっている←でも、いまのところまったく効果なし)をしてもらい、1時間ほど安静にしている間(隙?)に、今度は消化器内科でチチの診察を受ける。

チチの場合、毎回、採血をし(待ち時間20分)、その結果が出てからの診察となるのだが、その待ち時間が最低でも1時間だ。で、チチの診察の待ち時間にころ合いを見はからって、ハハを迎えに行くのだが、この時、チチには徘徊しないように「動かずにじっとここで待っててね」と何度も念を押しておく。そして、下のフロアーまで大急ぎでハハを迎えに行くのである。結構、タイトロープな作戦でしょ!?

2人の診察が終わり、会計を済ませ、薬局でクスリを貰って(ここでも30分かかる←ウンザリ)家に帰ると、いつも日が暮れている。

もう、ぐったりなのである。

ただね、嬉しいこともあるんだよね。

きょうはボクが疲れて居眠りしていたら、チチが「風邪ひくぞ」と、そっとタオルをかけてくれたのだ。老いさらばえて、ボケも進み、意味不明なことばかり言うくせに、息子のことはまだ心配してくれるのだ。オヤジはまだオヤジでいてくれたんだと思ったら、嬉しくて嬉しくて涙が出た次第である。
[PR]

by novou | 2010-12-15 17:46 | 番外編 | Trackback | Comments(2)
2010年 12月 13日

入浴サービス

2010/12/13(月)
雨/9℃

チチが入浴サービスを受けるようになって、10日ほど経つ。
毎週、月曜日と金曜日の朝いちばん(9時頃)に、看護師1人と介護士2人の3人チームが来てくれて、チチをお風呂に入れてくれるのだ。

ダンドリはこうだ。
まず、組み立て式の浴槽をリビングに運び込み、ビニールシートを敷いてセットする。
セットしたら我が家のお風呂場からポンプとホースを使ってお湯を引き込む。

その間、看護師さんはチチの体温と血圧を測り、異常の有無をチェックする。

浴槽にお湯が溜まり、チチの体調に問題がなければ、入浴開始。
パジャマと下着を脱がし、寒くないように、また、チチが恥ずかしくないようにバスタオルで身体をくるんで、ヨイショと抱き上げ、浴槽まで運ぶ。

浴槽には仰向けに寝たままで入れるようになっていて、まるで温泉の寝湯に浸かっているみたいだ。

で、入浴はまず、シャンプーから始まり、次に背中、腰、下半身、足の指や踵と、とにかく身体の隅から隅まで念入りに洗ってくれる。

頭をシャワーで流す時は1人がチチの耳を塞ぎ、お湯が入らないように気を遣ってくれるほどだ。そして「痒いところはないですか」「気持ち悪いところはないですか」とチチに声をかけながら、見事なチームワークで丁寧に丁寧に洗ってくれるのだ。

その時のチチの気持ち良さそうな顔ったらない。
目をつむり、うっすらと笑顔を浮かべて、まるで恍惚の人だ。
そしてときどき、「おお〜っ」とか「はは〜っ」とか「たまらんですぅ」みたいな頓狂な声を発する。よほど嬉しいに違いない。

ボクはそれを傍らで見ているのだが、ありがたくって涙が出そうになる。

洗浄が終わるとシャワーできれいに流し、身体を拭いて、また抱えられてベッドに運ばれる。
ベッドでは保湿剤を全身に塗ってもらって、新しい下着とパジャマに着替えさせてもらう。

退院してきた時のチチは体中が乾燥して、粉を吹いたみたいに白くなっていたのだけど、
いまは肌の状態がとてもいい。
粉ふきジジイが、すべすべジジイに変身だ。

入浴後、チチは気持ちがよいせいか、すぐにスヤスヤと寝てしまう。

徐々にいろいろな介護サービスが始まっているけど、チチがいまいちばん待ちわびているのが、
この入浴サービスなのである。
[PR]

by novou | 2010-12-13 18:33 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 12日

穏やかな週末

2010/12/12(日)
晴れ/14℃

きのうはオクさんと渋谷で「ロビン・フッド」を見て、中目のスペイン・バルでお酒を飲んで、
夜は家のソファに寝転がって、録画してあった「善き人のためのソナタ」を見た。
こんなにまったりと過ごしたのは久しぶりだ。

いつもは1日に4〜5回はかかってくるハハからの‘あんねコール’もなく、穏やかで平和な1日だった。

ちなみに‘あんねコール’とは、ハハからの電話のことで、必ずはじめに‘あんね’っていうから、ボクらは‘あんねコール’と呼んでいる。

たとえば、こんな感じ。
「あんね、エアコンのちっちゃなライトがチカチカしてるけど、どうしたらいい?」「あんね、お茶がなくなったから注文してくれる?」「あんね、お父さん熱があるみたいだけど、どうしたらいい?」ってな調子なのだ。

大抵はたわいのない用事で「そんな事で電話してくんなよ」と思うのだけど、ときどき、「お父さん、転んだわ」とか、「お父さん、ウンコ漏らしたわ」とか、急を要することもあるので、最近はケータイが鳴るだけでドキッとするのである。でも、きのうは珍しく‘あんねコール’のない静かな1日だったのである。\(^O^)/


きょうも朝は穏やかなスタートだった。
2時間ほど、庭でのんびりと過ごした。
それにしても暖かい。
椅子に座って日向ぼっこをしていると、気持ちがよくてウトウトしてしまいそうなほどだ。
12月も中旬というのに、どうしちゃったんだろう。

f0160063_17375619.jpg
暖かいのでバラの勢いも止まらない。
ジャスト・ジョーイもまだまだ元気。このバラ、完全に開ききると15cmほどの大輪となる。香りも強く、情熱的なバラだ。
f0160063_17381575.jpg
ラベンダーも今年は花つきがよろしい。
f0160063_17383014.jpg
こちらは仕事部屋のピンポンの木。早くも新芽を出してきた。

な〜んか、季節感の乏しいきょうこの頃なのでした。
[PR]

by novou | 2010-12-12 17:45 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)