<   2011年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 28日

心に太陽を持て

2011/06/28(火)
晴れ時々くもり/30℃

f0160063_12384349.jpg
渋谷は薄紫色の靄がかかった、神秘的な朝を迎えています。

朝4時半のベランダはしっとりとしていて、ジャッキーの二番花が甘く香っています。
f0160063_1239083.jpg
いつもはボクがいちばんの早起きさんなのですが、きょうは向いのマンションの明りが灯っていましたw。


朝はBShで「おひさま」をみるのが日課となっています。
このドラマには「ツライときこそ笑っていよう!」というメッセージが、
いろいろな場面にちりばめられていて、元気が出ます。

きのうは『心に太陽を持て』という聞き覚えのある詩が出てきました。
ボクは中学の担任に、この詩を教わりました。
遠い昔の話です。

心に太陽を持て

心に太陽を持て。
あらしが ふこうと、
ふぶきが こようと、
天には黒くも、
地には争いが絶えなかろうと、
いつも、心に太陽を持て。

唇に歌を持て、
軽く、ほがらかに。
自分のつとめ、
自分のくらしに、
よしや苦労が絶えなかろうと、
いつも、くちびるに歌を持て。

苦しんでいる人、
なやんでいる人には、
こう、はげましてやろう。
「勇気を失うな。
くちびるに歌を持て。
心に太陽を持て。」

〔山本有三訳〕


ブドウの葉っぱに不思議なものを見つけました。
葉の表面から絹のような細い茎が伸びて、その先に小さな小さな白い花が咲いています。
なんでしょう? 
f0160063_12393844.jpg
調べてみるとクサカゲロウの卵のようです。
この卵は「憂曇華(うどんげ)の花」と呼ばれ、法華経に出てくる3000年に一度咲くといわれる伝説上の花に由来するそうです。

幼虫はアブラムシを食べてくれるので益虫のようですが、成虫は触ると臭い匂いがするそうです。つまり、クサ(草)カゲロウではなく、クサ(い)カゲロウ、なのですね…。
[PR]

by novou | 2011-06-28 12:42 | ベランダ歳時記
2011年 06月 27日

またまた模様替え

2011/06/27(月)
くもり/27℃

f0160063_632368.jpg
きのうは朝の5時から、夕方の5時までずっと庭にいました。
くもり空、最高気温22℃。この季節にしては涼しい、園芸日和の1日でした。
お陰でずいぶん庭仕事がはかどりました。

午前中は収穫が終わったナスやリーフレタスのプランターを掘り起こし、
たい肥を加えて、次のニオイスミレの種蒔きの準備。

そして、葉ダニがついたバラの鉢を寝かせて、葉裏にシャワーをかけてダニを洗い流したり、先日買った、パッションフルーツやトケイソウの‘オリエンタル・サンセット’を麻紐を張って、窓や棚に誘引しました。
f0160063_6312547.jpg
セロームの鉢は葉焼けをおこさないうちに、部屋の中に移動です。
たった2鉢なのに存在感あり過ぎ。いっきに部屋の中がジャングル化してしまいました。
f0160063_6332086.jpg
そして、午後からは庭の模様替え。
これまでは奥のビオトープまでいって、Uターンできるように通路を作っていたのですが、植物が成長して、枝を張りだし、2本の通路を確保するのが難しくなってきたのです。
f0160063_6334686.jpg
そこで、通路を1本にするレイアウトに変えてみました。
中央には水鉢を集め、デショウジョウモミジやアジサイを配して、涼しげに…。
f0160063_6344052.jpg
通路も広くなって、ずいぶん歩きやすくなりました。
f0160063_63158100.jpg
f0160063_632760.jpg
キキョウやピーナッツ・カボチャが咲いています。

そんなベランダです。
[PR]

by novou | 2011-06-27 06:37 | ベランダ改造計画
2011年 06月 24日

バラの新苗のその後

2011/06/24(金)
晴れ時々曇り/33℃

f0160063_9381382.jpg

今月初旬に届いたバラ苗のうち、四季咲き性のものが咲き出しました。
バラの本には「四季咲き性の新苗はツボミがついたら摘み取って、株を大きく育てます」って書いてあるけど、我が家では摘み取らず、そのまま咲かせています。

だって、膨らみはじめた蕾を摘むのは心が痛むし、ボクはプロの園芸家じゃないので、
時間をかけて、ちょっとずつ大きくなってくれればいいと思っているのです。

それに、限られたスペースで、たくさんのバラを楽しもうとすると、大きくなりすぎるのも厄介で、置き場所に困りますからね…。

で、咲きはじめた新入りさんをご紹介します。
f0160063_9382147.jpg
こちらはローズ・オブ・ピカディ。
イングリッシュローズでローズヒップも楽しめる強健種です。
クリアな赤が目立ちます。
f0160063_9384614.jpg
こちらはカフェ。不思議な花色で、最近人気の品種です。
株にまとまりがないのが、ちょっと難…。
f0160063_9385974.jpg
こちらはつるバラのコレッタ。
杏色を帯びた微妙な色あいと、優しく、はかなげな美しさが魅力です。

f0160063_9391561.jpg
ジャッキーの2番花も咲いています。
[PR]

by novou | 2011-06-24 09:42 | ベランダバラ図鑑
2011年 06月 22日

緑のカーテン

2011/06/22(水)
晴れのち曇り/32℃ 夏至

蒸し暑い。
東京はことし、はじめての真夏日である。

こう暑くては庭仕事をしていても、8時を過ぎると太陽に照りつけられて、
日陰に逃げ込みたくなる。

そろそろ寒冷紗を張らないと、ボクも植物たちも火傷をしそうだ。
f0160063_11114552.jpg
さて、いつものように、こちらはきょうの4時半頃のベランダ。
f0160063_11112636.jpg
そして、いつもとは逆のアングルからも1枚…。

日の出前のベランダは、ちょっと妖しい雰囲気に包まれている。
ひとり空想の世界で遊べる、ボクのいちばん好きな時間帯だ。
f0160063_11115925.jpg
ビオトープの茶碗蓮はツボミを膨らませて、まるで桃のようだ。
f0160063_11121418.jpg
あと2〜3時間もすると花が開く…。
f0160063_11122745.jpg
こちらはキョウチクトウ。
先日の雨で一度花を落としたのだけど、あっという間に復活!
植物の復元力には、驚かされるばかりだ。

f0160063_11124218.jpg
こちらは西のベランダの緑のカーテン。
フェンス側と窓側に、二重にネットを張ってあるのだけど、夏の強烈な日差しを遮るには、もう少し植物を増やす必要がある。
f0160063_1113090.jpg
で、用意したのが、パッションフルーツ〔上〕と、トケイソウの‘オリエンタル・サンセット’〔下〕という赤い花が咲く、ちょっと珍しい品種。

どちらも小苗を購入したので、花や実がつくのは来年のお楽しみ、ってことで…。
[PR]

by novou | 2011-06-22 11:11 | ベランダ歳時記
2011年 06月 20日

チュニジアの夜

2011/06/20(月)
曇り一時雨/25℃

きょうのベランダ。朝4時ごろです。
f0160063_13415078.jpg


また、更新をサボってしまったので、おとといの夜の話から…。

この日はスタイルハグでの2人展を終えた須田さんと成田さんが遊びに来てくれました。
ごはん屋ヒバリのタナカさんも一緒です。

天気がよければベランダごはんと思っていたのですが、あいにくの雨で、急遽、ウチごはんになりました。
f0160063_13435823.jpg
まずは仕事モードの部屋を、おもてなしモードに模様替え。
f0160063_13441740.jpg
スイレン鉢のロウソクランタンにも火を灯しました。

この日のテーマはマグレブです。
マグレブとはチュニジアやモロッコやアルジェリアといった、アフリカ北西部の国々のことをいいます。

料理ではクスクスやタジンが有名ですね。
f0160063_13443149.jpg
オクさんはこの日、ま〜るいモロッコパンを焼きました。
f0160063_1421495.jpg
須田さんの木の器にはフムスやナスのペースト(ともにパンに塗っていただきます)、
それにチュニジアンサラダを盛りつけました。

成田さんの大きなフライパンではタジンを焼いて、そのままテーブルに運びます。
でも、写真を撮り忘れました (-_-;) 。

タジンといえばモロッコでは鍋のことですが、チュニジアでは卵料理のことをいいます。
同じマグレブの文化圏なのに、国が違うとまったく意味が違うんですね。
f0160063_1346029.jpg
さて、メインはもちろんクスクスです。
きょうのクスクスには表面をカリカリに焼いた、アジがのっています。
チュニジアではハリッサという唐辛子の激辛ペーストをつけながら、いただくそうです。
f0160063_13461363.jpg
そして、デザートにはモロッコの甘〜いミントティーと、チュニジアのマクロードというデーツ(ナツメヤシの実)とクルミが入った素朴なお菓子をいただきました。

器と料理談義に花が咲いた、とても楽しいひとときでした。

ほろ酔い加減のボクの頭の中では、真っ赤な月に照らされた砂漠が、どこまでもどこまでも続いていました。ハリッサの効いたクスクスで、サハラにトリップしたみたいです。

耳の奥ではディジー・ガレスピーの名曲『チュニジアの夜』が、聴こえていたのはいうまでもありません。

機会があったら、また一緒にごはんを食べたい素敵な3人でした。
[PR]

by novou | 2011-06-20 14:03 | 日々の暮らし
2011年 06月 17日

ここ2〜3日のこと

2011/06/17(金)
雨/21℃

2日ほどブログの更新ができなかったので、その間のことを少々。

おとといの夜は代官山のライブハウスで、オクさんの大好きな栗コーダーカルテットとスティーヴ エトウのセッションライブを聴いた。
f0160063_90575.jpg
いいセッションだった。なんて表現すればいいのかわからないけど、栗コーダーにスティーヴ エトウの太鼓や映像が加わったことで、なーんかプリミティブな感じに…。
目を閉じて聴いていると、森の中にいるような気分になった。
関島さんが作曲した「午前3時の植物園」という曲があるのだけど、この日の「午前3時…」は、植物園というより、ジャングルだったもんなぁ (^_^) 。
f0160063_944153.jpg
スティーヴさんの「ローハイド」も楽しくて、客席は大盛り上がり。
これからも、年に何回かは栗コーダーとジャムって欲しいものだ。
f0160063_95269.jpg
ライブが終わったのは10時過ぎ。真っすぐ家に帰るにはもったいないので、アロハテーブルのテラスでちょい飲みしてライブの余韻を楽しんだ。

f0160063_951455.jpg
ベランダでは遅咲きのクレマチス‘グラベティー・ビューティー’が咲き出した。
これぞスカーレットっていうようなインパクトのある赤で、花弁には上等なベルベットの風合いもある。赤い花が少ない我が家のベランダでは、かなり目立つ存在だ。
f0160063_95293.jpg

こちらは新入りの茶碗蓮。茶碗でも育てられる小型の蓮なので‘茶椀蓮’の名が付いたのだけど、実際はある程度の大きさがある鉢に植えないと、花が咲かなかったり、冬越ししなかったりする。2回ほど熱帯スイレンを枯らしているので、今度こそはうまく育てたい。
[PR]

by novou | 2011-06-17 09:11 | 日々の暮らし
2011年 06月 14日

6月中旬のベランダ

2011/06/14(火)
曇り一時雨/24℃

f0160063_1484960.jpg
AKB48みたいに総選挙をしたわけじゃないけど、庭のセンターを入れ替えた。
甘酸っぱい香りを庭中に漂わせていた‘ベルエトワール’は、花が終わったので、
これから見ごろを迎える‘隅田の花火’が、センターの座を射留めたというわけだ。
f0160063_1473319.jpg
こうして、花の見ごろに合わせて簡単に入替えができるというのが、
鉢植えのよさでもあるのです。

隅田の花火の右隣はゴールドリーフアジサイ。3年前に処分価格で手に入れたものだけど、このアジサイのおかげで鬱陶しい梅雨どきの庭も明るくなる。

金色に輝く葉は、梅雨が明ける頃になると徐々に緑を増して、ライム色になっていく。
花は小さくてあまり目立たないが、美しい黄金葉だけでも十分に価値はありますねぇ…。
f0160063_1492377.jpg
こちらはヒューケラ‘キモノ’。手のひらのような葉っぱに、チョコレート色の葉脈が特徴です。先日、グランピエで手に入れたテラコッタの深皿に、ドリルで穴をあけて、植え替えました。インドの五徳も我が家では鉢置きとして使っています。
f0160063_1410532.jpg
西のベランダではラスベガスのTちゃんからタネをいただいた‘ピクルスキュウリ’が愛らしい実をつけ、収穫を待っています。
f0160063_1411812.jpg
f0160063_14112469.jpg
インゲンや甘長トウガラシも大きくなりました。こちらはきょう収穫します。


                きょうの収穫。
f0160063_14114524.jpg
          インゲン、ナス、甘長トウガラシ少々。
[PR]

by novou | 2011-06-14 14:25 | ベランダ歳時記
2011年 06月 12日

「須田二郎&成田理俊 二人展」&グランピエ

2011/06/12(日)
曇りのち一時雨/27℃

このブログをはじめたころは、植物の種類も100種類くらいで、ベランダにはハンモックを吊ったり、大きなテーブルを置くスペースがありました。

でも、いまでは300鉢250種類もの植物で、ベランダは埋め尽くされています。
こちらは3年前のベランダの写真(クリック)

そして、こちらはいまのベランダです。
f0160063_19372510.jpg
f0160063_19373932.jpg
増えた鉢の数にもビックリしますが、わずか3年余りで大きく成長した植物のパワーにも驚かされます。

さて、きょうの庭仕事は、ズッキーニに藁を敷いたり、グミを収穫したりで、2時間ほどベランダで過ごしました。

そして、午前中にオクさんと、原宿のスタイルハグで開催中の「須田二郎&成田理俊 二人展」にお出かけしました。
f0160063_19471194.jpg
f0160063_19472055.jpg
f0160063_19473485.jpg
二人とも大好きな作家さんなので、このブログやオクさんのブログにも、もう何度も登場しています。(たとえばコンナノアンナノ)。

そういえば、先月もオクさんは夏椿の成田さんの個展で、フライパンやコーヒーメジャーを買ったばかり。それなのにきょうも「和菓子とお茶をのせるのにピッタリ…」と、成田さんの小さな鉄のトレイを5枚、ご購入です。さらに、須田さんの大きなサラダボールやストッカーも買って、とってもご満悦なのでありました。

で、オクさんが器道楽した後は、ボクの園芸道楽の番、てなわけで、いつものように、キラー通りのグランピエに寄って、以前買ったインドとパキスタンの素焼きの鉢を10個ほど買い足し、コーヒーを御馳走になって、二人ともニンマリしながら帰ってきたのでありました。
f0160063_1945512.jpg
コーヒーごちそうさまでした。おいしかったです。
[PR]

by novou | 2011-06-12 19:57 | 日々の暮らし
2011年 06月 11日

キョウチクトウ落花…

2011/06/11(土)
雨のち曇り/24℃
f0160063_20321244.jpg
昨晩からの雨で、満開だったキョウチクトウの花が、すっかり落ちてしまった。
何百もの花がベランダの床を埋め、鉢のまわりに白い輪を作っている。
もったいないので、花弁に糸を通して、レイでも作ろうかと思ったが、
キョウチクトウには毒があることを思い出して、やめにした。
掃き集めたら、コンビニ袋がいっぱいになった。
ああ、もったいない。
f0160063_20324560.jpg
午後から雨が上がったので、オクさんとブドウの袋掛けをした。
f0160063_2033848.jpg
雨に濡れても破れないように、トレーシング・ペーパーを折りたたんで、周囲をホチキスで止め、蒸れないようにパンチで穴をあけた。
オクさんのオリジナルなので、吉と出るか、凶と出るかは、あとでのお楽しみだ。

こちらはきょうの収穫。
f0160063_20332256.jpg
ビワはこれで最後。今年は30個ほど採れただろうか。
f0160063_20335743.jpg
とにかく、完熟ビワのおいしさに開眼させられた年だった。

ワイルドストロベリーはすぐにヨーグルトにのっけて食べた。
f0160063_20341867.jpg
小粒だけど酸味があって、たまんなくおいしいのだ。

オクさんの手のひらにのっているのはブルーベリー。収穫にはまだ早いと思ったけど、
3粒だけ味見した。甘みも酸味もあって実に旨い!

奥の方で束ねてあるのはニゲラの果実。しばらく軒下に吊るして、熟成させてから、
タネを採取するつもり。
f0160063_20392386.jpg
こちらは西のベランダのグリーンルーフ。ここにはトケイソウとフジとブラックベリーなんかが絡まっている。下にはつるサマースノーとブラックベリーの2重のグリーンカーテンがあって、夏の強烈な西日を防いでくれます。
[PR]

by novou | 2011-06-11 20:40 | ベランダ歳時記
2011年 06月 10日

収穫を待つ果樹たち

2011/06/10(金)
曇り時々晴れ/26℃

ベランダを見回ったら、いろいろな果樹の実が膨らみはじめている。
f0160063_11214129.jpg
こちらはイチジクの実。オクさんが数年前に苗を2本買ってきたんだけど、いまでは両手を横に広げたぐらいの大きさになって困っている。「1本処分してもいい? 」って、オクさんに聞いたら、「だめっ!」といわれた。
イチジクはおいしいし、便秘にも効くから、たくさん食べたいのだそうだ。
f0160063_11215387.jpg
こちらは巨峰。去年は実をつけなかったけど、今年はおおいに期待できそう。ブドウの葉はきれいだし、大きいので、グリーンカーテンに向いている。ゴーヤよりオススメだ。
f0160063_1122831.jpg
こちらは桃。桃栗三年っていうけど、もしかすると2年目で収穫できるかも…。
f0160063_11221911.jpg
こちらはワイルドストロベリー。2日にいっぺんくらいのペースで、10〜20コぐらい収穫できるようになりました。ヨーグルトに混ぜて食べるとおいしいです。
f0160063_11225699.jpg
ブルーベリーももう少しで食べられそうです。毎年のようにヒヨドリに花を食べられるのですが、3本あるのでジャムを作るぐらいは収穫できそうです。
f0160063_1124429.jpg
ブラックベリーもやっと実らしい姿になってきました。

野菜も大きくなってきたので、折りを見て紹介しますね。
[PR]

by novou | 2011-06-10 11:25 | ベランダ歳時記