東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 26日

嬉しかったこと、ガッカリしたこと…。

2012/03/26(月)
晴れのち曇り/12℃

ずいぶんとご無沙汰してしまいました。
いろいろあって、なかなか気持ちがブログに向かわなかったんです。

ほとんどがハハの事になりますが、ガッカリしたことから書きましょう。

お天気がよかった14日の午後、ボクのケータイが鳴りました。
ハハからでした。

「あんね、いま西郷山公園にいるんだけど、クルマで迎えに来てくれないかい?」
「えっ、どーしたの?」
「あのさ、お母さんさ、トイレに入ったら立てなくなって、みんなに助けてもらったのさ。
それでまだ足がガクガクして歩けないのさ…。だからクルマで迎えにきて!」と、お姫さまモード全開でいうのであります。

その日、クルマはオクさんが使っていたので、ボクはとりあえず、走って西郷山へと向かいました。

公園のトイレの近くのベンチには、小さな人だかりができていました。
その真ん中にいたのがハハでした。

事情はこうでした。

ハハは散歩に来たもののオシッコがしたくなって、トイレに入りました。
でも、公園のトイレは和式しかなくて、しかも、つかまるバーもなかったので、しゃがんで用をたしていたら、立てなくなってしまったのです。

ハハはドアを叩いて「助けてくださ〜い!」と何度も叫んだそうです。
15分ぐらいして、近くのインターナショナルスクールに、子どもを迎えに来ていたお母さんが異常に気づいてくれたのですが、一人では重くて、ハハを立ち上がらせることができなかったそうです(;-_-メ;)。

そこで仲間のお母さんたちがさらに3人駆けつけてくれて、トイレから救出してくれたそうです(-_-;)。

騒ぎを聞きつけて、公園の管理をしているというオジサンも2人きていました。

ボクは「ありがとうございました。助かりました」と、お礼をいって、ハハを連れて帰ろうとしました。
でも、立ち上がろうとすると、ハハの足は生まれたてのバンビみたいにワナワナ震えて、ヘナヘナと座り込んでしまうのでした。

結局、公園のベンチで30分ほど休みました。そしてハハの足をさすり、抱えるようにして家まで連れて帰りました。

途中、ハハに聴きました。

「立てなくなっても、パンツは自分で上げられたんだね」
「いいや、上げられなかったさ。お母さん、お尻丸出しだったんだぁ」

どひゃー!!!

「ふたりがお母さんを支えて、ひとりがパンツを上げてくれたのさ」

ひえっー!!!

f0160063_20195556.jpg

その日の夕方、ボクは近所のデパートにハハの杖を買いに行ったのでした。

そして、西郷山公園の女子トイレには、近々、介助用のバーが設置されるらしいです。

あ、長くなったので、とりあえず、ガッカリした編はこの辺で…。

f0160063_20211123.jpg

[PR]

by novou | 2012-03-26 20:22 | トホホな話 | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 09日

青山「だるま」のこと

2012/03/09(金)
雨/10℃

サラリーマン編集者をしていた30年ほど前の話です。
会社が青山にあったので、週に2〜3回はこの店でお昼を食べていました。
その当時、給料は15万円ほどだったので、ここはボクにとっては高級店でした。
若い頃からエンゲル係数が高いのです。

ホントはこの店のレバ炒めや焼き肉定食が好きなのですが、それは値段が張るので、餃子定食ばかり食べていました。食べ方も貧乏くさかったなぁ。

タレをたっぷりつけた餃子をごはんにのっけて、餃子はまたタレに戻す。つまり、ごはんはタレだけで1口、2口食べるのです。餃子は見るだけw。

そして餃子への欲望がピークに達した時に、ガブリとかぶりつくのです。
こうするとごはんは2膳いけるのですw。

青山に出かけることがあると、いまでも懐かしくなって「だるま」を訪れます。

この店、どちらかというと定食よりも具材が別盛りになった中華そばが有名なのですが、ボクの場合、若造の頃にたまにしか食べられなかった憧れのレバ炒めを注文してしまいます。そして餃子も追加するのです。

f0160063_22361599.jpg


もちろん、いまは食べ方も違います。ひと口で餃子を頬張り、じゅわっと肉汁が染み出たところで、ごはんを食べるのです。ああ、なんという贅沢でしょうw。こういうのが“おとな食い”というのでしょうか…。

レバ炒めも昔のままの旨さです。
たまりませんなぁ。

f0160063_22361725.jpg


ごちそうさまでした。また来ます。

PS 家に帰ったらオクさんに「ニンニクくさっ!」といわれました(T_T) 。
[PR]

by novou | 2012-03-09 22:43 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 08日

北の丸公園を散歩してジャクソン・ポロック展@国立近代美術館

2012/03/08(木)
くもり/10℃

きのうは「ジャクソン・ポロック展」を観に、近代美術館にいってきました。
近代美術館の最寄り駅は東西線の竹橋なのですが、ボクはいつも九段下で降りて、北の丸公園を歩きます。

千鳥ケ淵を渡り、田安門を抜け、日本武道館を横切り、近衛師団の司令部だった工芸館に寄り道して、1時間ほどかけて、ゆっくりと近代美術館へとたどり着くのです。

そうすることで、近代美術館は日本一アプローチが楽しい美術館になるわけですw。
それに公園の中を歩いていると、頭の中がリセットされて、真っ白な気持ちでゲージツに向きあえるようにもなりますw。

ポロックは美術界に革命を起こした画家。ボクの生まれた年に、44歳の若さで流星のように去っていきました。詳しくは美術館のHPでもみていただくとして、きょうは写真だけで、失礼します。

f0160063_21164753.jpg


f0160063_21165291.jpg


f0160063_21165646.jpg


f0160063_2117586.jpg


f0160063_2117831.jpg
                                        ↑旧陸軍近衛師団司令部を改修して作られた東京国立近代美術館工芸館

f0160063_2117111.jpg


f0160063_21171683.jpg


f0160063_21172462.jpg


f0160063_21172745.jpg


f0160063_21172098.jpg


f0160063_21173050.jpg
                                       ↑馬上姿が勇ましい北白川宮像

f0160063_21173560.jpg


f0160063_21173726.jpg


f0160063_21174160.jpg
                                   ↑復元されたポロックのアトリエ。床の絵の具の汚れそのものがポロックの作品みたいです。

f0160063_211746100.jpg
                                  ↑オマケで高梨豊の写真展や原弘のポスター展も見られます。オマケの収蔵品展は原弘以外、写真もOK。
                                  ぜひ、カメラを持ってお出かけください。
[PR]

by novou | 2012-03-08 21:37 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 06日

『魔法のびん詰め』重版 御礼

2012/03/06(火)
曇りのち晴れ/15℃

先週の金曜日に『魔法のびん詰め』の重版が決まりました。
発売してから5日もたたないうちに、重版がかかるって凄いことです。
ボクの編集人生の中でも、はじめてのことでした。


この日、オサルさんは嬉しくて、夜中の3時まで眠れませんでしたw。


たくさんの友だちが応援してくれました。
本を買ってくれただけでもありがたいのに、FBで広めてくれたり、ブログで宣伝してくれました。
snsはすごいです。


オサルさんの幼なじみの杉本彩ちゃんは、自身のブログで心のこもった紹介文を書いてくれました。
それを知った時のオサルさんは、ウルウルでした。


Amazonでポチッとしてくれた人、書店を何軒も回って本を探してくれた人、ホントに感謝です。


耕作ちゃん、YUKI姉さん、理恵姉さん、須田さん、大江さん、伊東さん、長沢さん、萩原さん、JIROさん、一央里さん、MIKAさん、増ちゃん…ありがとうございます。


角田さん、山口さん、岡田さんはじめ、京都のみなさんも、ありがとうございます。本人になり代わり、お礼を申し上げます。
持つべきものは、友だちです。


本のあとがきに、オサルさんはこう書きました。


「びん詰め作りは手間のかかるものもあるので、ときには‘面倒くさいなあ’と思うこともあります。
でも、そこで手を抜いた瞬間に、おいしさだけでなく、しあわせも逃げていくような気がするのです…」と。


本作りも同じです。
手を抜かず、時間をかけて編んでゆく…。
そうすれば、その思いは、かならず誰かに届くのだと思うのです。


みなさん、本当にありがとうございました。



最後に告知をひとつ。


3月11日(日)にオサルさんが代官山のギャラリー無垢里で1日だけの『オサル食堂』を開店するそうです。


詳しくはコチラ…です。


どうぞ、『オサル食堂』もよろしくお願いいたします。



f0160063_223028100.jpg
                                                        オサルさん近影w。
[PR]

by novou | 2012-03-06 22:35 | 番外編 | Trackback | Comments(8)
2012年 03月 02日

春よ こい!

2012/03/02(金)
雨/10℃

東京はおとといは大雪、きのうは最高気温14℃で3月下旬の暖かさ、そして、きょうは冷たい雨の1日でした。
なんだか、春と冬が綱引きしてるみたいです。
もうひと踏ん張りで、ぐぐっと春の陣地に引き込めそうなのですが、今年の冬は粘り強いですねw。

ベランダの花たちの開花も、去年よりずいぶん遅れています。
ミモザもハーデンベルギアも、まだ、ツボミのままです。

なにか花の写真をと思ったのですが、我が家のベランダに花が咲くのはあと1週間ほどかかりそう。

こちらはアスパラガス・プルモーサスです。
鑑賞用のアスパラガスなので食べられませんw。

f0160063_23583538.jpg


細かく密生して葉のように見えるのは、枝が退化したもので、仮葉といいいます。こころ休まる緑ですね。
[PR]

by novou | 2012-03-02 23:59 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)