<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 30日

6月のまとめ なんだかんだいって、結構食べてんじゃん!

6月はFBもブログもあまりUPできませんでしたが、
月末なので備忘録として、まとめをしておきます。
といっても、ほとんど食べたもののメモですが…。

8日
近所のビストロに行きました。
ボクらの結婚記念日の前夜祭でした。
おフランス産の鮟鱇のホッペタ、おいしかったぁ。
f0160063_18574487.jpg
とくにハーブやスパイスの使い方がお上手でした。鮟鱇の下に敷かれたリゾットも最高!
何度も通いたい素敵なお店でした。
f0160063_195564.jpg
f0160063_1962865.jpg


9日
ロックの日、ポルノの日、ネッシーの日、ドナルドの誕生日、
そして20年前、皇太子妃の結婚の儀が執り行われた日でもありました。
実はこの日、ボクらも20回目の結婚記念日を迎えたのです。
結婚記念日は1年でいちばん大切な日です。

誕生日は2年続けてハハにも忘れられてるし、
50を過ぎると「またひとつジジィになっちゃった」という‘残念な日’でもあります。
でも、結婚記念日は「夫婦誕生の日」ですもの、大切です。

星の数ほどいる男と女の中から2人が出会い、結ばれたのですから、もう奇跡の日としかいいようがありません (^O^) 。年を重ねるほどに絆(愛といってもいいぜ!)が深まって、夫婦としてもだんだん熟成してきたような気がしています。

で、この日は夕方から夫婦仲よく目黒川あたりを散歩したのですが、
あるビルの2階においしそうなレストランをみつけて、
「今夜はあそこでお祝いする?」って、オクさんに聞いたら「そうしよう、そうしよう!」ってことになって、駄目もとで予約の電話を入れました。
「2名なんですが、6時半から席は取れますか?」
「きょうはあいにくテーブルが満席ですが、カウンターでもよければお取りできますが…」
「そうですか。実はいま散歩の途中で、短パンにスニーカーなんですが、ご迷惑ではないでしょうか?」
「(笑)ジャージとビーチサンダルでなければ構いませんよ」
「よかった(笑)。それではお伺いします」ってな感じで、
電話のやりとりだけで、素敵なお店の予感がしました。

プリフィクスコースのみのお店でした。期待通りにおいしかったです。
とくに感心したのはメインのお肉を焼くタイミング。
注文が入るとすぐにお肉は冷蔵庫から出されて常温に戻され、アミューズが終わる頃、早くもフライパンで焼かれます。そのあとは小一時間ほどベンチタイムです。
f0160063_18585223.jpg
お肉を休ませることで、パンパンに膨れたお肉の塊がゆっくりと元の姿に戻るのです。
そして盛りつける直前にサラマンダーでひと炙り。
肉汁が繊維に戻っているので色もきれいだし、切っても肉汁が流れ出ないのです。
とても丁寧な仕事ぶり。料理とは理(ことわり)を料(はかる)と書きますが、理にかなった手順でした。カウンターでいただくと興味深い発見がたくさんあります。楽しかったです。
f0160063_1954647.jpg

20年目は磁器婚式だけど、金婚式まであと30回は一緒に結婚記念日を迎えられるといいなぁ。
そうするとボクは87か…。さすがにその年じゃ肉は無理だな(笑)。
お粥でお祝いすることになるのかなぁ。ま、そんな先まで考えなくてもいいか…。

14日
オクさんがおいしそうなイカを3バイも買ってきたので、急遽、ベランダごはん。
炭火で焼くのがいちばん旨いとわかっちゃいるけど、この日はなぜだか「イカリング」が食べたくなって、ベランダフライでした。
f0160063_194152.jpg
f0160063_5104585.jpg
うまいのなんのって…。冷え冷えの白ワインがすすみます。

15日
ご近所ののびーがアスパラを持ってきてくれたので、ベランダでアスパラ大会。
シンプルにバター炒めとリゾットに…。うまかったです。この日もいっぱい飲みました。
f0160063_1934036.jpg


24日
麻布十番のリストランテで、高千穂牛とイタリアワインの会。
こんなにグラスが並んだ食事会ははじめてかも。
f0160063_19233722.jpg
f0160063_192441.jpg
f0160063_1924116.jpg
f0160063_19241867.jpg
ただ、夏場のボクはウルトラサマータイム実施中なので、10時を過ぎると眠くなります。
頑張りましたが、フラフラでした(笑)。ごちそうサマー! おいしかったです。

28日
8日に行ったビストロにリピート。
カウンターを予約しました。
f0160063_1925874.jpg

この日のメインはカスベ。とてもおいしく焼けてました。
f0160063_192710.jpg
f0160063_197911.jpg
一生懸命に働く若い人を見てると、こちらも元気になります。
応援したくなるお店です。また、行きます!

長々と書いてすいませ〜ん。
こうしてみると、結構、遊んでるじゃん、オレ。
仕事がたまるハズだわなぁ…。反省!
[PR]

by novou | 2013-06-30 05:15 | 日々の暮らし
2013年 06月 29日

ハーフタイムデーをまえに

あっという間に半年が過ぎました。
今年も残すところ、あと半年です。
焦ります。(-_-;)

秋までに、まとめなければいけない仕事があるのですが、
こう蒸し暑くては、なかなか思うように進みません。
7月がヤマです。引きこもって、しこしこ仕事します。

飲みに行こうとか、食べに行こうとか、山に行こうとか、
楽しいお誘いをいただいても、誘惑にはのれませんので、あしからず。
仕事が終わった頃に、また誘ってくださいね。

おととい、決意の証として髪を切りました。
ほとんど坊主です。さらに髪の毛をブルーブラックに染めました。
新宿2丁目の寿司屋のオヤジみたいです。怪しすぎます。
オクさんには目が合うたびに笑われます。
もう、帽子をかぶらないと外には出られません。
髪の毛が元に戻った頃に、また誘ってくださいね。

ガリガリ君を食べたら「当り」でした。頑張れそうです!
f0160063_14215643.jpg

[PR]

by novou | 2013-06-29 14:25 | 日々の暮らし
2013年 06月 23日

スーパームーン

いただいた鮎があるので、炭を熾してベランダごはんにしようかな、っと思っていたら、渋谷は突然の大雨。
でっかい月を見ながら鮎を食べるというシャレオツな企画は、残念ながらお流れだ。
f0160063_18174390.jpg


でも、鮎は水火鉢で焼けば部屋の中でも食べられるし、スーパームーンはきのうの深夜に、念のため鳥籠に仕舞っておいた(^_^)v。
f0160063_18174755.jpg

残念ながら、レンズは鳥籠にフォーカスすれば月はボケるし、月にフォーカスすれば鳥籠がボケる。
両方にピンを合わせるって事はできないのね。てなわけで、ちょっと中途半端な写真になっちゃいました(T。T)。

今夜は代官山アドレスに架かるでっかい月を狙っていたのに残念!
[PR]

by novou | 2013-06-23 18:22 | 日々の暮らし
2013年 06月 23日

ネジバナくん

朝、ベランダパトロールをしていたら、オリズルランの鉢でピンク色した小さな花が咲いていた。ネジバナだ。
ラン科の多年草でコヨリのように捩れて咲くことから、モジズリと呼ばれることもある。
この花、我が家で咲くのは実に5年ぶりだ。
f0160063_9513143.jpg

はじめて咲いたのは’08年のちょうど今ごろ。
鳥が種を運んできたのだろうか、ツルニチニチソウの鉢から螺旋階段のような花穂をひょろりと伸ばしてピンクの花を細々と咲かせていた。
見つけたときは嬉しくて「ネジバナくん」と君付けで呼んでいたっけ(^_^)v。(コチラ)
その後、とんとお見かけしなくなったけど、ことしはまた野鳥が種を運んでくれたみたい。

芝生に点々と咲くことが多く、世間では雑草扱いなのだが、ラン科の植物だけあって咲きっぷりは可憐。
しかも、個体によって捩れ方は右巻きもあれば左巻きもある。不思議だ。
愛すべき野の花である。
[PR]

by novou | 2013-06-23 10:00 | ベランダ植物図鑑
2013年 06月 22日

アガパンサス咲いた


久しぶりに晴れた朝。
昨日は寒かったけど、きょうは7時の時点で、すでに24℃もある。蒸し暑い。

琉球アサガオの凋花を摘む。
すぼまった花冠にため込まれた雨水が不意に手のひらに流れ出し、びっくりさせられる。

アガパンサスが咲いている。
f0160063_1042462.jpg
花の名はギリシャ語のアガペ(愛)とアントス(花)からきているようだ。
つまり「愛の花」なので、花言葉も「誠実な愛」や「恋の季節」だ。
ユリ科、南アフリカ原産。アフリカンリリーとも呼ばれる。
f0160063_10414525.jpg
うす紫色の小花をスプレー状に咲かせるさまは、なんとも涼しげ。
梅雨時の庭がこの花が咲き出すと明るくなる。
[PR]

by novou | 2013-06-22 10:44 | ベランダ植物図鑑
2013年 06月 11日

夏めくベランダ

東京は夜半に少し雨が降ったみたいで、しっとりと涼しい朝を迎えています。
ベランダの植物たちも、昨夜の雨で息を吹き返したように元気です。

ひょうたんは竹の棒にひげ蔓を絡め、見事なクライマーぶりを見せています。
f0160063_1101815.jpg

琉球アサガオも負けじと頂上を目指し、すでに一番花を咲かせています。
f0160063_1103336.jpg


果樹も色づいてきました。
桃は赤ん坊のお尻みたい。ピーチなだけにピーチピチです。
f0160063_1104526.jpg
ガブリとやりたい衝動に駆られます。

こちらはブラックベリー。だいぶ熟してきました。
じゅくじゅくの熟女になるまで、あと10日くらいでしょうか。
f0160063_111567.jpg


クレマチス=グラベティー・ビューティーも返り咲いています。
f0160063_1111735.jpg


こちらの赤い剣は虎斑アナナスです。
もうしばらくすると剣の縁が割れて、花が咲きます。
f0160063_1112782.jpg


睡蓮鉢やビオトープも賑やかになってきました。
もう、夏ですねぇ。
f0160063_1115353.jpg
f0160063_1115894.jpg


そしてこちらは睡蓮木の花。
なんと美しい自然の造形美でしょう。
f0160063_1121238.jpg



きょうは弱い雨が降ったりやんだりの1日みたい。
部屋にこもって、たまった仕事をかたづけるとするか…。
[PR]

by novou | 2013-06-11 11:03 | ベランダ歳時記
2013年 06月 06日

6月のベランダ

東京は夜半から雨になりそうな気配です。
でも、恵みの雨は1日だけで、明後日からはまた晴れの日が続くようです。

今年はどうやら空梅雨みたい。
巷からは早くも水不足を心配する声が聞こえてきます。

6月のベランダはバラも終わり、花は少ないのですが、緑が濃く、しっとりとした印象です。
f0160063_23452684.jpg


右側の白くこんもりと咲いているのはキョウチクトウです。
この花、花殻をまめに摘んであげると秋まで咲き続けます。
f0160063_23454672.jpg
キョウチクトウの手前の大きな葉っぱはヒョウタンです。
苗を植えてまだひと月もたたないのですが、すでに2m以上伸びています。
生長の早さにびっくりです。

左側からは琉球朝顔が伸びてきています。
夏までにこのふたつの植物で緑の庇を作る予定。

手前のオレンジ色の実はビワの実です。
小粒ですが完熟した実は味も濃厚で、たまらないおいしさ。
f0160063_23471716.jpg
この前、味比べをするためにスーパーでビワを買ってきたのですが、
我が家のビワの圧勝でした。
f0160063_23474327.jpg
このビワ、もともとはいただき物のビワがあまりにもおいしかったので、そのタネをひと粒鉢に植え、それを大切に大切に育てたものです。実が生るまでは苦節15年。最初はたった7粒でした。でも、それからは毎年少しずつ実が増えて、20年目の今ではごらんの通り。我が家では「ビワの恩返し」と呼んでいます。

こちらは終わりかけのニゲラ。
f0160063_2348519.jpg
この植物、花はかわいいのですが、実がメドゥーサみたいでちょっと個性的。
中には真っ黒なタネがたくさん入っています。
それで別名「クロタネソウ」。


そうそう、きのうオクさんが筑波出張の帰りにジョイフル本田に寄り道して、
ピオーネとパッションフルーツを買ってきました。
あ、これ、果物の話じゃなくて鉢植えの話ね…。
てなわけで「ベランダ果樹園化計画」、着々と進行中です。
[PR]

by novou | 2013-06-06 23:53 | ベランダ歳時記