<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 28日

「東京ディズニーリゾート植物ガイド」を日本でいちばん売ってくれる本屋さん…?

日本でいちばんディズニー関連の書籍が充実している本屋さんは
「丸善 舞浜イクスピアリ店」ではないでしょうか。

ここでは一般書籍や雑誌も取り扱っているのですが、
イクスピアリの1階という場所柄、ディズニー関連書籍は、
絵本でもガイドブックでも写真集でも、
世の中に出回っているものなら、ほとんど揃うのです。

ボクの本はガイドブックといってもマニアックなので、ふつーの本屋さんでは取り扱いがなかったり、
置いてあっても棚差し(背表紙だけを見せて陳列)ということが多いのですが、
ここではどーんと平積みで売られています。

現在、『東京ディズニーリゾート植物ガイド』は、「アナ雪」や「おやすみ、ロジャー」を跳ねのけて、
店舗ベストセラーランキングの第1位。
てなわけで、「丸善 舞浜イクスピアリ店」は、日本一 ボクの本を売ってくれる本屋さんなのです。
もう足を向けては寝られませんね(笑)。
f0160063_16141665.jpg

舞浜駅から徒歩1分。
ディズニーに行かれたなら、ぜひ一度のぞいて見てください。

また、3月4日からはディズニーリゾート内の ハウス・オブ・グリーティング(TDL) 、 ディズニーギャラリー(TDL)、
イル・ポスティーノ・ステーショナリー(TDS)、 ボン・ヴォヤージュ(TDR)の4つの店舗でもボクの本が販売される予定です。

さっき、hontoのベストセラーランキングを覗いたら、
「植物・森林・樹木の本」の売れ筋24時間ランキングでも1等賞でした。
応援していただいたみなさまに感謝いたします。

きょうはなんだかうれしくて鼻息がちと荒くなっています。ありがとうございました。
f0160063_17133.jpg


f0160063_1717879.jpg

[PR]

by novou | 2016-02-28 17:17 | 東京ディズニーリゾート植物散歩
2016年 02月 16日

2月のベランダ

f0160063_1311318.jpg
f0160063_1311731.jpg

f0160063_1312074.jpg

f0160063_1312247.jpg
冬枯れの殺風景なベランダですが、よーくみればブルーベリーやシジミグサの新芽がふくらんできています。
ホクホクの地面からは、シャクヤクやチューリップもおがってきています。

あ、ちなみに「おがる」は北海道弁で「大きくなる」とか「生える」という意味で、
「赤ん坊の歯がおがってきた」とか「ちん○んがおがってきた」というふうに使います。
で、ボクは後者の使い方がいちばん好きです(笑)。
春の予兆をお伝えしようと思ったのですが、とんだ春違いでした。
春よこ〜い!
f0160063_1313093.jpg
f0160063_1313284.jpg
f0160063_1313462.jpg
f0160063_1313654.jpg

[PR]

by novou | 2016-02-16 13:05 | ベランダ歳時記
2016年 02月 14日

食用サボテンのその後

f0160063_16595879.jpg
f0160063_1744957.jpg


昨年の秋に食用のトゲナシウチワサボテン(流通名はステーキサボテン!)をいただいて、
そのうちの2枚を挿し木(?)にしたのですが、5ヵ月たって、ようやく新芽が出てきたようです。
かわいいでしょ。
f0160063_1704030.jpg

奥のサボテンがキズだらけなのは、ヒヨドリに食べられたからです。
鳥もおいしいものを知っているんですね。

トゲがあれば食べられずに済んだものを、
育種家のバーバンクさんにトゲなしに品種改良されたおかげで、
ちょっと残念な姿になっちまいました。

新芽が大きくなったら、また、ステーキにして食べる予定です。
ん?  どっちにしても食べられるわけね…。
[PR]

by novou | 2016-02-14 17:06 | ベランダ植物図鑑
2016年 02月 06日

東京ディズニーリゾート植物ガイドの改訂版が発売されました

f0160063_1611538.jpg

『東京ディズニーリゾート植物ガイド』(講談社)を上梓したのは2011年3月10日。
東日本大震災がおきる前日のことでした。
 ご存知のように、震災の翌日から東京ディズニーリゾートは1ヵ月以上にわたって閉鎖されました。
 パークが開園していなければ、ガイドブックは売れるわけがありませんから、ホントに運のない本だなぁ、とその時は思いました。
 でも、意外なことに、この本は売れたのです。
読者の方々からは「この本を持ってパークを散策する日が早く来るように願っています」とか、「ミッキーやたくさんの花たちに癒される日が1日も早くやって来ますように」というメッセージをたくさんいただきました。
 家族揃ってパークで花を見られることや、動物園にいけるといった当たり前のことが、実はかけがえもなく幸せなことなんだと、しみじみ思ったものでした。
 あれから5年。5刷まで版を重ねた『東京ディズニーリゾート植物ガイド』は、2月4日に生まれ変わりました。
f0160063_1611710.jpg

 改定版の発売にあたり撮り下ろした写真は350枚以上、新たに加えた植物は約60種、電子版も同時発売となりました。
ページをめくると、植物が主役のパークシーンが満載です。春、この本を持って、ぜひ、花いっぱいのパークにお出かけください。きっと幸せを感じられるはずです。

(前版の帯に推薦文を書いてくださった柳生真吾さんが、昨年の5月に亡くなられました。残念です。改めて感謝とお悔やみを申し上げます)







[PR]

by novou | 2016-02-06 16:13 | 東京ディズニーリゾート植物散歩