東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 26日

That’s PANK  STAY PANK!!

原宿まで歩いた。

桜ケ丘をくだり、渋谷駅を抜け、明治通り裏のキャットストリートを歩く。

気持ちのいい散歩コースだ。


f0160063_20534259.jpg
f0160063_20540959.jpg


途中、近くなのにまだ一度も行ってなかった「渋谷キャスト」を冷やかし、

ラルフローレンのとなりのジャーナルスタンダードでTシャツを買い、

オジヤンカフェでレモネードを飲んだ。



f0160063_20543862.jpg
f0160063_20551252.jpg

だが、今日の目的は散歩や買い物ではない。


f0160063_20544698.jpg

「BOOKMARC」で開催中のハービーさんの写真展が目的なのだ。


f0160063_20554746.jpg


ハービー・山口。

大好きな写真家だ。

代表作に「代官山17番地」という同潤会アパートを舞台にした写真集がある。

ボクがここ(南平台町=代官山までは歩いて10分ほどだ)に住んでいる理由のひとつは、

この写真集に影響を受け、代官山にかぶれてしまったからだ。(長くなるので詳しくは書かない…)



f0160063_20555500.jpg


写真展のタイトルは「That’s PANK」。



f0160063_20560717.jpg

ロンドンの地下鉄でクラッシュのジョー・ストラマ−を見かけた。

「写真を撮っていいですか?」とハービーさんは聞いた。

「撮りたいものは全て撮るんだ。それがパンクだろ!」と、

ジョー・ストラマ−はハービーさんのカメラの前に立ったのだ。

これがすべてのはじまりだった。

以来、ハービーさんはジョー・ストラマ−の言葉を心の支えに、

たくさんのミュージシャンの写真を撮ることになる。

You can click away of whatever you want. That’s PANK


ボクもこのエピソードをまねしてハービーさんに「写真を撮っていいですか?」と聞いた。

彼は「いいよ」とジョー・ストラマ−の写真の横に立ってくれた。


f0160063_20561569.jpg

お宝ツーショットが撮れた。

でも、笑わなきゃよかったと悔やんでいる。

That’s PANKなんだからさ…。


f0160063_20562440.jpg




[PR]

by novou | 2017-06-26 21:11 | 番外編 | Trackback | Comments(1)
2017年 06月 26日

不思議なキノコ

雨上がりにベランダを見回ると、思わぬものを見つけることがある。

きょう見つけたのはコチラ↓

f0160063_08433192.jpg
クズヒトヨタケ(学名: Coprinus patouillardi/ナヨタケ科ヒトヨタケ属)だ。

ジャクリーヌ・デュ・プレの鉢で見つけた。

クズヒトヨタケは傘径0.2 - 2.5cm、柄の長さ3 - 7cmほどの小さなきのこで、

夏から秋にかけて木くずや堆肥などに生えてくる。

つまり、おが屑や、わら屑などの屑に生えてくる、ひと夜限りのきのこ、ということか。

f0160063_08435489.jpg

わが家の場合はマルチングにしていたヒノキチップから生えてきたようだ。

半透明の水平に開いた傘が、なんともはかなげで美しい。

f0160063_08433612.jpg
明日の朝、このきのこがどうなっているかチェックだな…。



[PR]

by novou | 2017-06-26 08:47 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 25日

アガパンサス生長記

f0160063_10164354.jpg
アガパンサスが咲いている。
この花の名はギリシャ語のアガペ(愛)とアントス(花)からきている。
つまり「愛の花」なので、花言葉も「誠実な愛」や「恋の季節」だ。

ユリ科、南アフリカ原産。アフリカンリリーとも呼ばれる。
うす紫色の小花をスプレー状に咲かせるさまは、なんとも涼しげ。
梅雨時の庭がこの花が咲き出すと明るくなる。

ところで、アガパンサスの花の咲き方がちょっと変わっている。
最初、ニョキニョキと花茎が伸びて、その先に薄皮に包まれたような蕾がつき、
ある日、その蕾からいくつもの紫色の小さな蕾が、花火のように広がって出てくる。
つまり、蕾の中にさらに蕾が隠れているのです。
f0160063_10171841.jpg
f0160063_10172243.jpg
f0160063_10172516.jpg
f0160063_10172893.jpg
こちらは種から育てているアガパンサスの1年苗(写真下)。
花が咲くまでに何年かかるんだろう…。
f0160063_10173226.jpg
ちなみにこちらはニラの花(写真下)。ニラもアガパンサスと同じような咲き方をします。
f0160063_10175698.jpg

[PR]

by novou | 2017-06-25 10:23 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 24日

ナミアゲハと果樹たち

f0160063_10374305.jpg
きょうもナミアゲハのオクさんがやってきて、ハーブや柑橘類にツンツンと卵を産み付けていきます。
卵は一週間ほどで孵り、ハーブはアゲハの赤ちゃんたちにむしゃむしゃ食べられます😂。
f0160063_10375673.jpg
f0160063_10380046.jpg
ベランダではユズやイチジクが大きくなってきました。
ラズベリーはまだ少々収穫できそうです。
ブルーベリーももう少しです。

f0160063_10380458.jpg
f0160063_10384555.jpg

[PR]

by novou | 2017-06-24 10:41 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 23日

6月のベランダ

アガパンサスや四季咲きバラの2番花が咲き始め、
隅田の花火(紫陽花)やハナショウブがそろそろ終わりを迎える、
そんな6月のベランダです。
f0160063_08034752.jpg
f0160063_08035842.jpg
f0160063_08040404.jpg
f0160063_08041081.jpg
f0160063_08041449.jpg
f0160063_08042046.jpg
f0160063_08042360.jpg

[PR]

by novou | 2017-06-23 08:06 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 21日

夏至

f0160063_08162385.jpg


夏至である。

一年でいちばん昼の長い日なのであるが、

梅雨時なのであまり実感はない。

きょうも雨。庭は紫…。

f0160063_08162689.jpg
f0160063_08162991.jpg
f0160063_08163350.jpg
f0160063_08165225.jpg

[PR]

by novou | 2017-06-21 08:18 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 20日

キョウチクトウは猛毒です

f0160063_08404355.jpg
キョウチクトウが咲いている。
原産地はインド北部。
河原に自生し、乾燥、洪水、猛暑、寒風に鍛えられた。

ちなみに、キョウチクトウは広島市の花に選定されている。
原爆に被災し、「70年間草木も生えない」といわれた広島の焦土に、
最初に咲いた花がキョウチクトウだったのだ。
広島市民にとって、キョウチクトウは戦後復興の象徴なのだ。
f0160063_08404808.jpg
ちなみに夾竹桃の花言葉は「危険、注意、用心」。
これは夾竹桃に毒があるから。

花がら摘みをしていて気づいたのだが、キョウチクトウにはバニラのような甘い香りがある。
だが、香りをかぐのはとても危険な行為なのだ。
それだけで呼吸不全になった例もあるという。

参考までに東京新聞6月9日の記事を貼っておく。
f0160063_08411740.jpg


[PR]

by novou | 2017-06-20 08:47 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 19日

ジャカランダ咲いた

f0160063_07275514.jpg
最初は10cmほどの苗木だったのだ。
細くて、小さくて、弱々しい苗木だったのだ。
それがボクの背丈を越え、はじめて花を咲かせたのが4年後のこと。
うれしかった。

ジャカランダは南米原産の植物だ。
だから、冬越しが難しいし、
鉢植えでは花は咲かない、ともいわれている。
でも、ネムノキに似た葉は美しく、
観葉植物と思って育ててみればいいかと、園芸店から連れて帰って来たのだった。
f0160063_07275990.jpg

今年もジャカランダが咲いている。
6年も経つと樹高はベランダの庇を超えてしまい、下からでは花が見えない。

今朝、ベランダの庇に登って、写真を撮った。
きれいだ。
そして気品がある。
カエンボク、ホウオウボクとならんで、
世界三大花木のひとつに数えられているだけのことはある。
f0160063_07280260.jpg
f0160063_07281116.jpg
余談だがジャカランダは熱海の街路樹にも使われている。

ちなみに購入して4ヶ月後の写真がコチラ↓
10cmの苗がすでに50cmになっている。
f0160063_07281849.jpg

(2015年06月13日の記事を加筆修正しました)


[PR]

by novou | 2017-06-19 07:31 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 18日

タニク三昧の週末…。

f0160063_13412764.jpg
ベランダ三昧の週末だった。
昨日は12時間、今日は5時間、ベランダにいた。
ほとんどびょーきだ(笑)。

備忘録がわりに2日間の庭仕事を文末にメモしたが、
大仕事となったのが多肉植物の植え替えだ。

わが家の多肉植物は7年前のエントリで、「多肉は場所をとらないし、葉挿しや挿し穂で簡単に増える。
空き缶で育てているものだけで30個、鉢植えのものも合わせると50個以上ある」と書いている。
なので、いまは間違いなくその倍はある。

多肉の専用棚は大が3つ、中が2つ、小が1つ、その他、多肉コーナーなるものまである。
「場所をとらないし…」と書いたが、これだけ増えるとかなり場所をとる(笑)。
f0160063_13422876.jpg
f0160063_16383209.jpg
f0160063_13423600.jpg
f0160063_13424104.jpg
f0160063_13424608.jpg
f0160063_13424971.jpg
f0160063_13425228.jpg
なのにである。性懲りもなくまた多肉の株分けをして、せっせと植え付けたのだ。

だって、せっかく生えてきた子タニク(子タヌキみたいで呼び名だけですでにかわいい)を捨てられますか。
健気に伸びてきた子サボ(赤ちゃんサボテンのこと)を嫁に出せますか…。
で、家にある空き缶や余っている鉢を総動員して植えまくったのだ。
f0160063_13442598.jpg
f0160063_13442996.jpg
f0160063_13443459.jpg
f0160063_13443840.jpg
f0160063_13445938.jpg
f0160063_13444294.jpg
それでもガステリア‘子宝錦’の赤ちゃんがこんなにいるので、しょうがなく養子に出します(笑)。
f0160063_13460696.jpg


●庭仕事備忘録。
クリスマスローズの植え替え。
ハトヤバラの植え替え。
パキラの植え替え。
トゲナシウチワサボテンの植え替え。
コリアンダーの移植。
オキナワスズメウリの移植。
多肉植物の株分け&植え替え(∞)。
ヤクシマコンテリギの剪定。
コブミカンの剪定&収穫。
バラのカイガラムシ退治。
バラ花壇のレイアウト変更。
ベランダの大掃除。


[PR]

by novou | 2017-06-18 13:49 | 多肉植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 15日

3種のベリーの収穫

f0160063_11493271.jpg
ブラックベリーやラズベリー、ワイルドストロベリーなど、ベリー類の収穫がピークだ。
といっても、ジャムにするほどは採れないが、毎朝、ヨーグルトに入れたり、
野菜に加えてスムージーにするくらいの量はある。

ブルーベリーもたくさん実を付けているけど、食べ頃に熟すまではあとひと月はかかりそう。
f0160063_11493598.jpg

[PR]

by novou | 2017-06-15 11:55 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)