東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2017年 10月 15日

ベランピングとバルコニスト???

知らなかったが世の中には「ベランピング」や「バルコニスト」なる言葉があるらしい。

ベランピング(Veramping)とは、「ベランダ+グラマラス+キャンピング」の造語で、
自宅のベランダをおしゃれに改造して、ゆったりとした時間を過ごそうという新しいスタイル、なんだとか。
ホテルのような施設やサービスのキャンプ場で、おしゃれにキャンプを楽しむ「グランピング」はお金もかかるし、予約もなかなか取れないし…。それなら、自宅のベランダで一年中グランピングしてしまえ! というのがベランピング、らしい。

ふむふむ…。

どうせ、どこかのライフスタイル誌かトレンド誌が仕掛けているんだろう、と思って調べてみたら、案の定、ベランピングは『LaLa Begin』(世界文化社)や『日経トレンディ』(日経BP)が、昨年あたりから力を入れて打ち出しているようだ。

一方、バルコニストというのは、バルコニーで余暇を素敵に楽しむライフスタイルを送ってる人、なんだとか。これはIKEAが昨年、‘バルコニストになろう’というキャンペーンを大々的にしかけていた。

こんな感じだ。

[朝は、コーヒーを片手にチェアで太陽を浴びながら、1日を気持ち良くスタート。
昼は、パラソルの下、南国のリゾート気分。
夜は、キャンドルやLEDライトでロマンチックムードに。
あなたはどんなバルコニストライフをおくりますか?]

ってな具合だ。

けっ、なんだろうねぇ…。

いとうせいこうがベランダで花や野菜を育てる人をベランダーって呼んで、ボタニカルライフを提唱したのにはついていけたけど、「ベランピング」や「バルコニスト」なる言葉には、まったく思想や哲学がなくて、消費の誘惑があるだけだな。
そしてパラソルやらチェアやらキャンドルを買って、SNS映えする写真をインスタやFBにいっぱい投稿しましょうよ、という策略にしか見えないもんな。

ウチはもう20年もベランダで植物を育て、ごはんを食べているけど、流行りとは無縁だな。

このブログをはじめた時に、こんなことを書いた。

ちょっと長いけど再録しておきます。


我が家のベランダは流行りの花が咲く観賞のためのベランダではない。
どちらかというと、日向ぼっこをしたり、お茶をしたりするリビングの延長のようなベランダだ。

気候がよい春と秋、ベランダは我が家の生活の中心となる。
ボクらは日がな一日ベランダで過ごす。
二人で紅茶とトーストの朝食を食べて、それからボクはハンモックを吊ってうたた寝をしたり、読書をしたりする。
オクさんはお手製のワイン箱コンポストで生ゴミを処理したり、端材を使ってスプーンやバターナイフを作って悦に入っている。
植物も育てている。友人にいただいたり、株分けしたりで、いまでは100種類ほどのコンテナが並んでいる。ただ、その半分は果樹や野菜やハーブといった腹の足しになる植物である(笑)。

ベランダには毎日新しい発見がある。ミモザの枝にミノムシが巣を作っていたり、メダカが金魚藻に卵を産み付けていたり、熟しかけのイチゴの赤い部分だけが、ヒヨドリに食べられていたり…。

都市生活者にとってベランダは、幸福をもたらす暮らしの舞台装置だ。このマンションに住んで5年、もうベランダのない生活は考えられない。このベランダに巡りあえたことにつくづく感謝しながら、日々の暮らしを慈しむように生きていこうと思っている。


                                            (2008年04月20日)

f0160063_15163151.jpg
f0160063_15163618.jpg
f0160063_15164954.jpg
f0160063_15165837.jpg
写真は先週、ベランダでジンギスカンをして、〆にアジの干物を焼き、炊き立ての新米を食べた時のものです(笑)。


[PR]

by novou | 2017-10-15 15:24 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 14日

チランジア イオナンタ

渋谷は冷たい雨が降ったりやんだり…。
気温は只今14.5℃。寒いですねぇ。

天気がよければフジやカロライナジャスミンなどの植え替えを予定していたのですが、
この天気では庭仕事は無理そうです。

で、TVでクライマックスシリーズを見ながら、チランジアの株分けをしています。


f0160063_13211868.jpg


窓に吊るしていたイオナンタが買った時の4倍ほどに増えたので、3つの株に分けました。
流木にくくり着けて完成。
いい感じです。

f0160063_13212395.jpg
f0160063_13212808.jpg

[PR]

by novou | 2017-10-14 13:23 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 10日

コンポストの天地返し

自家製コンポストの水分量が多く、ちょっと臭いも出てきたので天地返しをした。
さらにもみ殻燻炭と備長炭の灰を加えて雑菌を抑制し、使用済みの揚げ油を加えて発酵を促進させる。

都会のベランダでコンポストを維持するのは手間がかかる。
が、植え替えた際に出る使用済みの土を大量にゴミに出すのははばかられるので、
コンポストでできた堆肥を加えて再利用するようにしている。
ベランダガーデナーも、まずは土作りからなのだ(笑)。


f0160063_11220424.jpg


上とまん中のふたつは天地返しをして基材(燻炭&油etc)を追加したもの。
下は発酵のとまったコンポストを時々かき混ぜ、半年ほど寝かせたもの。
こちらはふかふかで、そろそろ堆肥として使えそうだ。


[PR]

by novou | 2017-10-10 11:29 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 09日

ヒモサボテンの実?

ヒモサボテン(品種不明)になにやら実のようなものがついている。
小さなグズベリーのようだ。
食べられないのか?


f0160063_10211517.jpg

天気がよいのでチランジアのソーキングをした。


f0160063_10212378.jpg

[PR]

by novou | 2017-10-09 10:35 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 08日

寒露

f0160063_10271106.jpg
ベランダのヘンリーヅタがだいぶ色づきました。
季節がまた一歩、進んだ感じです。

白萩が咲き、秋バラがぽつりぽつりと咲くベランダです。

きょうは二十四節気のひとつ寒露。
冷たい露の結ぶ頃です。
稲刈りもそろそろ終わり、秋もいよいよ本番です。

f0160063_10271959.jpg
f0160063_10272692.jpg
f0160063_10273810.jpg
f0160063_10273253.jpg
f0160063_10274143.jpg

[PR]

by novou | 2017-10-08 10:29 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 03日

ヒメノウゼンカズラ

f0160063_13240121.jpg
9月の終わり頃から10月にかけて西のベランダがオレンジ色に染まる。
ヒメノウゼンカズラだ。

この花、5月ごろからちらほら咲きはじめ、ほぼ一年中咲いているのだが、満開となるのはこの季節。

よく見かける中国原産のノウゼンカズラはノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属。
ヒメノウゼンカズラは南アフリカ原産でノウゼンカズラ科テコマリア属で別属となる。

咲き誇るのはいいのだが、たくさん咲けば、たくさん散るわけで、
この花のおかげで、毎朝の花殻掃除がたいへんとなる。
ベランダ向きの植物ではないかもね…。




[PR]

by novou | 2017-10-03 13:28 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 02日

着生ラン デンドロビウム ‘ボヘミアン・ラプソディー’

「あれ、ボヘミアン・ラプソディーが咲いてんちゃう?」とオクさん。
「えっ、どれどれ…」とボク。

よーく見ると、長く垂れ下がった茎の先が、少しピンクがかって見える。
老眼が進んだ目にはよく判らないほど小さな花だ。

「一輪だけなの?」とボク。
「そやなぁ〜。ずいぶん地味なランやなぁ〜」とオクさん。


f0160063_09175405.jpg

‘ボヘミアン・ラプソディー’。
着生ラン「デンドロビウム」の一種である。

ランは栽培が難しいし、値段が高いので、めったなことでは買わないのだが、
昨年、オザキフラワーパークに行ったら、花が終わった彼女がセールに出ていた。
それで、ずいぶん迷いながらも連れて帰ってきたのだった。
1800円もした(笑)。

しばらくは南西の窓辺に吊るして育てた。
ここはピクチャーウィンドウになっていて、我が家で最も日の当たる特等席だ。

ところが、ひと月ほどすると、生長するどころか、茎の先がしなびて枯れてきた。
そこでダメもとで植え替えをして、古い水苔を新しいものに取り替えた。
そして、枯れかけた茎や古い茎は切り詰めた。
以来、毎朝欠かさず霧を吹きかけ、3日に1度は鉢底からこぼれるくらい水を与えた。
すると新しい茎がどんどん伸びてきて50cmほどになった。

ランのしもべとなり、大切にたいせつに育てて1年。
きのうついに、彼女は咲いたのである。
長い茎の先に小さな薄ピンクの花ひとつ。

地味だがボヘミアン・ラプソディーだけに、クィーン並みの気高さはある。

f0160063_09180013.jpg



[PR]

by novou | 2017-10-02 09:23 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 01日

赤い実 黒い実

朝、ベランダに出ると、ローズヒップが熟して、ポロポロと床に落ちている。
ここ2〜3日は水まきの前に、栗拾いならぬ、ローズヒップ拾いが日課となった。

まだまだたくさんなっているので、いっぱい集めてローズヒップティーでも作ろうかと思ったが、お茶やジャムにできるのは、ドッグローズやハマナスといった実の大きな2種類の野生種のバラだけなんだそうな。残念。

f0160063_12114174.jpg
ちなみにまん中の大きめの実は「ジャクリーヌ・デュ・プレ」、真っ赤でいちばん小さいのは「のぞみ」、見分けがつかないだろうけど他に「キューランブラー」(いちばんたくさん収穫できそう)、「淡雪」、「ガラシャ」の5種類のバラの実が混じってます。

黒い実の皿は赤い皮に包まれたのが「ピンポンの木」、時計回りに「ヘンリーヅタ」、「イワナンテン」、「カベルネソーヴィニヨン」、「アロニア」。まん中の緑の実は熱帯時計草の「オリエンタル・サンセット」です。「カベルネソーヴィニヨン」と「アロニア」は食べられますが、おいしくはないので、スムージーに加えています。

f0160063_12114696.jpg


[PR]

by novou | 2017-10-01 12:14 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)