東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 02日

花の恩返し

2008/06/02(月)
曇りのち雨/23℃

[セリンセ・マヨール プルプレッセンス]

f0160063_1143493.jpg朝、花の終わりかけたプルプレッセンスを切り戻していたら、タネを発見。
下を向いた花被に包み込まれるようにしていたので、いままでちっとも気がつかなかった。

5/16のブログにもちょっと書いたけど、
この花はホームセンターの見切り品を半額で買ってきて、大切に育ててきたもの。

大体、花に「見切り品」なんてシールを貼りやがって、なんてことしやがる! よーし、ボクが大切にして、きれいな花を咲かせてやるから大きくなれよ、と愛情込めて育てたのだ。
それだけに、いとおしさは他の花の何十倍である。

そんな気持ちを知ってか知らずか、プルプレッセンスはこの春、ボクへの恩返しのようにたくさんの花を咲かせて、f0160063_1145097.jpg楽しませてくれた。
紫色のベルのような花は奥ゆかしく、光沢のある肉厚の葉は、玉虫のように光の加減で青や緑に色を変える。葉にクリーム色のドットが入るのも個性的だ。

なんてかわいいんだろう、と思っていたら、
今度はタネだ。
小さくていじらしい花のくせに、
見かけによらず正露丸のような黒くて大きなタネをつけやがる。
たまんないぜ、プルプレッセンス♡

来年もボクのベランダで、
またきれいな花を咲かせてやるからな。
[PR]

# by novou | 2008-06-02 11:55 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 02日

プレクトランサス・ブルースパイヤー

2008/06/02(月)
曇りのち雨/23℃

まず訂正。
5/30のブログ(5月のベランダ4)で「メキシカンブッシュセージ」と書いた花は
ボクの勘違いで「プレクトランサス・ブルースパイヤー」の誤りでした。
(当日のブログは修正しておきました)

f0160063_7182614.jpgで、「メキシカンブッシュセージ」はこちら。
学名はサルビア・レウカンサ。
シソ科の多年草で草丈は2mにもなります。
もう少しすると、ビロードのような紫色の花を咲かせます。

それにしても最近の花の名前は難しくて、
なかなか覚えられんぞ…。
[PR]

# by novou | 2008-06-02 07:25 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 01日

救世主参上!

2008/06/01(日)
晴れのち曇り/23℃

以前のブログでアブラムシのことを書いた。
何年か前の誕生日に貰った大切なグミの木に
アブラムシが取り憑いて、
どんどん増殖しているのだ。
この理不尽な侵略に対し、
我が“ベランダ防衛軍”は、
自家製のトウガラシスプレーで反撃を試みたが、焼け石に水。
やつらはいったんは退却したかに見せかけて、
2〜3日するとまたぎっしりと葉にたかり、
美味しい養液を吸っている。
トウガラシスプレーは大変だ。
風のある日は目に入って、
こちらが自滅することだってある。
ムムム…どうしたものかと困っていたら、
f0160063_17273157.jpg本日、救世主が現れた。
その名は「ナミテントウ」だ。
こいつは肉食でアブラムシが大好物。
どうやって数えたのかは知らないが、
ひと月で700匹のアブラムシを撃退したというデータもある。
まさに生きた農薬である。

ナミテントウさん、
どうかどこにも飛び立たず、
我がベランダに住みついて、
憎っくきアブラムシを
全滅させてくださいませ♡
[PR]

# by novou | 2008-06-01 17:42 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2008年 05月 31日

ベランダの全貌

2008/05/31(土)
雨/15℃

ベランダに出られない雨の週末。
それにしてもよく降る雨だ。
走り梅雨。3月下旬の気温。
寒ぶっ!

今日のブログは雨でベランダに出られないので、
部屋から撮った写真でお茶を濁す。

f0160063_1144672.jpg①ダイニングから東側のベランダを見る。

天気がいい朝は気持ちの良い光が
差し込むのですが、
今日は雨で暗いので、
行灯の明かりをつけています。
東側のベランダは奥行きも無く、
洗濯物を干すためのベランダです。
植物を置くスペースもあまりないので、
ここでは大きめのオリヅルランの鉢を
シンメトリックに置いているだけ。
シンプルな葉物の方が
我が家のダイニングには似合います。





f0160063_11542100.jpg②寝室から東側のベランダを見る。

こちらも窓のセンターにオリヅルランを一鉢。
それとベランダの隅に朝顔を植えたので、
夏になれば葦簀に蔓を這わせて、
グリーンカーテン風になる予定。












f0160063_1171562.jpg③仕事場のミーティングルームから西側のベランダを見る。

この窓ははめ殺しのピクチャーウインドウになっているのですが、
何年か前に向かいの教会が建て直しになって、
せっかくの眺望が台無しになりました。
そこで睡蓮鉢を置いてメダカや金魚の泳ぐ姿を楽しむことに…。
ここにはスズメやムクドリも水遊びにやって来ます。
こちらの窓も夏にはゴーヤのグリーンカーテンになる予定です。





f0160063_118347.jpg④こちらは2〜3週間前に屋上から南側のベランダを撮った写真です。

南側のベランダは我が家の第2のリビング。
天気が良ければ日がな一日ここで過ごします。













f0160063_1192193.jpg⑤南西のコーナー

紹興酒の壺にウォーターマッシュルームを植えたり、万年青の鉢植えが並んでいるコーナー。
もちろんワイン箱コンテナも大活躍。
[PR]

# by novou | 2008-05-31 11:22 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2008年 05月 30日

5月のベランダ(4)

5月の花たち

f0160063_15265358.jpgプレクトランサス・ブルースパイヤー

4月から咲き続けるブルーの小さな花。
ミントグリーンを縁取る斑入りの葉もきれいです。













f0160063_15282436.jpgラベンダー

ラベンダーの品種は28種類もあるというけど
我が家のは葉が深く切れ込んだレースラベンダーです。
日当たりのいいところに置いておくと
1年中花が楽しめます。











f0160063_15291615.jpgサルビアデスコロール

綿毛に覆われたシルバーリーフと
黒に近い紫の花は仄かな香りもして、
大人の魅力がむんむん。
でも花が咲くと、茎がベタつくのが玉にキズ。












f0160063_1530821.jpgトケイソウ

3つに分裂した雌しべが時計の長針、短針、秒針のように見えることから
この名が付けられたんだとか。
朝、ベランダのフェンスに蔓を巻きつかせ、
毒々しい花を咲かせているこの花をみるとゾクッとします。
ちなみにパッションフルーツになるのはクダモノトケイソウで、これとは違う品種です。









f0160063_15305735.jpgサフィニア

サントリーが開発したペチュニアの一品種。
花期が長く、大げさな花をたくさん咲かせることから、花好きのおばちゃんたちに気に入られ、ガーデニングブームの火付け役になったといわれている花でもあります。
ただ、我が家のベランダでは「化粧の濃いおばちゃんみたい」と評価が低く、「なんでこんな派手な花を買ってしまったんだろう」と、この花を見るたびに反省する毎日です。








f0160063_1531376.jpgハニーサックル

我が家のベランダでは青、白、黄色以外の花は育てないのが原則なのですが、
うつむき加減に咲く小さな花は健気でいじらしいので、赤やピンクでも例外として育てていいことにしています。
このハニーサックルは別名「突き抜き忍冬」ともいいます。
冬を耐え忍んで常緑を保つという意味の健気な花であります。
[PR]

# by novou | 2008-05-30 15:46 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2008年 05月 30日

5月のベランダ(3)


f0160063_15235910.jpgビオトープの水生植物はこんなに大きくなりました。
メダカも金魚も元気です。
[PR]

# by novou | 2008-05-30 15:24 | ビオトープ通信 | Trackback | Comments(0)
2008年 05月 30日

5月のベランダ(2)


f0160063_1521145.jpgキャンドルを灯してベランダ遊び。
二人でたそがれる週末です。
[PR]

# by novou | 2008-05-30 15:22 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)