東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 14日

ベランダの小さな花たち

2008/06/14(土)
晴れのち曇り/28℃
朝、岩手・宮城で震度6強の地震
東京、午後から風強し

f0160063_176508.jpgムラサキカタバミ

帰化植物で駆除しにくい雑草の代表なんて、世間では嫌われているようだが、ボクはこの花が好き。春から秋にかけてベランダのフェンスで小さな薄紫色の花を長いこと咲かせている。
タネができない無性繁殖の植物(地中のイモで仲間を増やす)なので、小さなポットで育てていれば、他の鉢にはびこることは無い。
でも、それならどうやってウチのベランダにやって来たのだろう? 不思議…。







f0160063_1752036.jpgカスミソウ

「プランテッド」というベランダーの専門誌についていた“おまけのタネ”を蒔いたら、ちゃんと花が咲いた。
カスミソウは花束の添え物というイメージが強いけど、よーく見るととってもチャーミング。本当は花の咲き方が、霞がただよっているように見えることからこの名前がついたようだが、我が家のベランダでは育て方が悪かったせいか“霞が漂う”とはほど遠い。
でも、このくらいが奥ゆかしくて、ちょうどよい。






f0160063_1771940.jpgイチゴ

食用のイチゴは普通、純白の小さな花を咲かせるのだが、我が家のイチゴは花も実も楽しめる“紅香”という改良品種。
この時期、ベランダのフェンスで薄紅色の可憐な花が風に揺れています。











f0160063_178812.jpgメダカの子

近ごろほったらかしの睡蓮鉢をよく見たら、メダカの子がたくさん泳いでました。
ボクの古いデジカメではピンボケでうまく撮れないけど、10匹ほど確認できました。
でもきっと、大きくなる前に、みんな親に食べられちゃうんだろうけど…。
[PR]

# by novou | 2008-06-14 17:19 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 13日

早起きは三文の得

2008/06/13(金)
晴れ/27℃

日が長くなった。
今日の日の出は4時25分、日の入りは6時58分だ。
14時間半もお天道さんが顔を出している計算だ。

f0160063_1057169.jpg今日は5時に目が覚めた。
お天道さんは真横からスポットライトを当てたように寝室に差し込んでくる。
夜型の生活をしていた頃は不快だった朝の日差しが、いまは快感に変わっている。
今日もすんごく寝覚めがよろしい。

こんな日のベランダはキラキラした光に満ちあふれ、植物たちの精気が漲っている。
ひんやりした清涼な空気を胸いっぱい吸い込んで、朝のエネルギーを充填する。
スズメのさえずりさえも美しく聞こえる、幸福に満ちた時間…。

The early bird catches the worm.
早起きは三文の徳である。
[PR]

# by novou | 2008-06-13 09:00 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 12日

理想のベランダ その2

2008/06/12(木)
雨のち曇り/20℃

フウセンカズラやヤマホロシといった蔓性植物が、ひと雨ごとに驚くばかりの成長を見せている。つい4〜5日前まで頼りなげだったフウセンカズラは、いまはしっかりとした蔓を伸ばし、自転車ハンガーの太いポールに巻き付いている。
植物は日差しよりも、雨で成長の度合いを増す、ということをつくづく感じさせられる今日この頃である。この時期にしっかりと根を張り、枝を広げたものだけが、ベランダの過酷な夏を乗り切れるのだ。

f0160063_21122540.jpgさて、お立ち会い。
おとといのブログで5月に熱に冒されたように分別なく鉢植えを増やしたことで、我がベランダはまったくまとまりや趣がなくなってしまったと書いた。
それで今日、屋上にのぼって我がベランダを見下ろしてみると、まったくその通り。
その脈絡のなさといったら、観葉植物から山野草まで、なんでも扱っている植木屋のようである。
我がベランダではいま、オーガスタやセロームといった観葉植物の間にサルビアデスコロールやセリンセがあったかと思うと、キンカンやユズの間からは、シジミバナやおきな草が場違いな顔をのぞかせているのだ。
小雨が降っていたので、今日のところはそのままにしておこうかとも思ったのだが、突然、ベランダ遊びのスイッチが入ってしまった。
f0160063_21142533.jpgで、気がついてみると、仕事をほったらかして、朝から5時間も無我夢中でベランダの配置替えをやっていた。

ベランダ園芸の良さは気分次第でいつでも鉢を動かせることだ。
花が終われば目立たないところに移動させ、逆にこれから花を咲かせる鉢はベランダの中心にといった具合だ。
ただ、5年もやっていると樹木の成長に合わせて鉢も大きくなり、一人で動かせないようなやたらと重い鉢植えもある。
我が家のベランダでいえばトネリコやイタヤカエデ、オーガスタなどがそれだ。
今日はこいつらも動かしたかったのでそれとなくオクさんに「SOS」を発信してみたが、「なにもこんな雨の日にやらなくても…」という顔で無視された。
オクさんは朝届いた新しいプリンターのf0160063_21154375.jpgセッティングに夢中で、今日はそれどころではないらしい。
結局、引きずるようにして一人でオーガスタやトネリコを動かした。
これ以上鉢が大きくなるようだと、もう限界である。ベランダではなんでも小さく育てるのが肝要だ。

さて、お立ち会い。
今回の配置替えのテーマは「ベランダ路地裏化計画」である。
目指すは谷根千(谷中、根津、千駄木)あたりの昭和な雰囲気をもった路地裏である。
したがって、いま流行りの派手な花には即刻退場いただくこととする。


で、路地裏のイメージといえば紫陽花とアロエとヤツデなのだが、我が家にはヤツデがないし、アロエにしても小さな株が一鉢あるだけだ。
紫陽花も隅田の花火があるだけで、路地の雰囲気を醸すにはもっといろいろな種類が欲しいところだ。
ま、それは追い追い買うなり、花友からいただくなりするとして、
今日のところは隅田の花火を中心に、鉢植えで路地に見立てた細い通路を作っていく。通路は袋小路ではなく、ビオトープまで行って突き当たると、トネリコの木をぐるりと回って反対側から折り返しができる。僅か10mほどの通路だが、途中、古道具屋で買ったお櫃の水槽でメダカが泳いでいたりする。

これでアロエが大きく育って、ヤツデが加われば、昭和の“路地庭”の完成だ。
夏、浴衣を着たオクさんとここでかき氷を食べ、夜、線香花火に興じたい。
[PR]

# by novou | 2008-06-12 21:32 | ベランダ改造計画 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 11日

ミニ盆栽のシルエット

2008/06/11(水)
曇り/24℃

f0160063_18285559.jpgどんよりとした1日。

暗い部屋でミニ盆栽のシルエットを楽しむ。

順光だと手入れされてないのが丸わかりだが、
逆行だとアラが見えなくていい感じ…。




青しだれ







f0160063_18294191.jpg


富士桜(湖上の舞)
[PR]

# by novou | 2008-06-11 18:33 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 10日

理想のベランダ

2008/06/10(火)
晴れ/27℃

f0160063_1348535.jpg散歩していると、つい人さまの庭に目がいってしまう。
というか、人さまの庭を愛でるために
ボクは散歩しているといってもいい。

東京の6月は花が少ない時期だが、
5月は百花繚乱であった。

高台の邸宅街をそぞろ歩くと、
バラやクレマチスやペチュニアが
「私をごらん!」とばかりに咲き誇り、
お屋敷を美しく飾っていた。

f0160063_13494785.jpgガーデニングブームの昨今、
花や庭のしつらいにも流行があるようだが、
ボクの好きな庭は華美に過ぎない庭である。

たとえていうなら、
路地でみかける庶民のささやかな庭、
あるいは長屋の軒先に並んだ鉢植えの数々、
そんなものにボクは魅かれる。

そこで育てられているのは
バラやクレマチスやペチュニアではなく、
ヤツデやアロエや紫陽花である。
f0160063_1351250.jpgそこにあるものは資本主義経済に取り込まれたガーデニングという名の消費行動ではなく、
日本人としての美徳である。

5月、我がベランダでも熱に浮かされたように、
分別なく鉢植えを増やした。
でも、ひと月たってベランダを見渡すと、
まったく趣や味わいに欠けたベランダになっている。
おとといのブログでボクは「その土地にどれだけの見識と教養が存在するかによって、そこに立ち現れてくる景色が変わってくる」と書いたが、これは庭にもいえることだ。
いまボクは自分の愚かさをつくづく反省している。
[PR]

# by novou | 2008-06-10 14:03 | ベランダ改造計画 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 09日

祈りを捧げます

2008/06/09(月)
曇りのち雨/23℃

秋葉原で犠牲になった方たちのご冥福を
心よりお祈り申し上げます。
[PR]

# by novou | 2008-06-09 10:08 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 08日

旧朝倉家住宅とヒルサイドテラス

2008/06/08(日)
曇りのち雨/24℃

f0160063_1541970.jpg朝10時、代官山の目切り坂にある旧朝倉家住宅まで散歩する。
大正時代に建てられたこの建物は、平成16年に国の重要文化財に指定されている。
その後、しばらくは渋谷区が管理していたのだが、このほど一般公開されることになり、
実は今日がその初日だったのである。

朝倉家というのは江戸時代からこの土地で米屋を営んでいた旧家で、代官山の高台一帯を所有する大地主でもあった。
なにしろ現在の旧山手通りは、昔は朝倉家の私道であったというのだから、ビックリである。
代官山といえば十数棟からなるヒルサイドテラスが有名だが、ここはいまでもすべて朝倉家が所有している。


f0160063_1552079.jpg話はそれるかもしれないが、ボクはその土地にどれだけの見識と教養が存在するかによって、そこに立ち現れてくる景観が変わってくると思っている。
その点でヒルサイドテラスのヒューマンスケールな都市開発は東京の奇跡であり、ボクがこの街に引っ越す決意をした大きな要因ともなっている。
なにしろ大げさにいえば、街自身が朝倉家という旦那の持ち物である。しかも、その旦那は土地とお金だけでなく、見識と教養の持ち主でもある。その旦那が槙文彦というさらに見識と教養がある建築家と出会い、35年という時間をかけてゆっくりと、そしてきわめて上品に街を作ってきたのである。
これぞ究極の旦那芸ではないか。


f0160063_1561138.jpg代官山の旧山手通りを散歩していると、空が広いことに気がつくはずだ。高層の建物がないから吹く風だって気持ちよく感じられる。散歩の途中に立ち寄るヒルサイドパントリーのパンやコーヒーが旨いのも、これすべて朝倉家の見識のおかげである。

西欧には“ノーブレスオブリージュ”といって貴族や高い身分の者には、それに相応した重い責任と義務がある、とする考え方があるが、朝倉家はまさにノーブレスオブリージュを発揮して代官山という奇跡の街を作り出したのである。


旧朝倉家住宅でボクらは一人500円を払い“年間パスポート”を購入した。
ボクらは部屋から歩いて10分の距離に、大きな庭のある静かな別荘を持った気でいる。
[PR]

# by novou | 2008-06-08 15:25 | 街の記憶 | Trackback | Comments(0)