東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 07日

オクさんとさんぽ その2

2008/06/07(土)

f0160063_11111966.jpg午後からオクさんと並木橋にある「渋谷区ふれあい植物センター」まで散歩。
ここは隣接する清掃工場の、ゴミ焼却の際に発電される電気を利用したエコな植物園で、
熱帯植物など約200種が育てられている。
温室の中ではバナナ、パパイヤ、マンゴーなどの果樹や、ヒスイカズラなどの熱帯性蔓植物が大きく育っている。
今日はアンケートに応えて、レモンバームとアリッサムのタネをいただいた。








f0160063_1112222.jpg
植物センターのあとは、
てくてく歩いて代官山へ。
奈良県の「代官山iスタジオ」の庭でひと休みして、さらに最近、リフォームした「ギャラリー無垢里」の庭を見学。

よくよく庭好きな夫婦である。










f0160063_15473893.jpg
[PR]

# by novou | 2008-06-07 15:43 | 町内散歩 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 07日

朝のベランダ仕事

2008/06/07(土)
晴れ時々曇り/27℃
久しぶりに天気の良い週末。

f0160063_10234426.jpgベランダでわらびと根曲り竹とおあげさんの炊き込みごはん&サケとサワラの西京焼きの朝ごはんをいただく。
撮影で、美味しいお米をたくさんいただいたので、最近は朝もごはんのことが多い。

考えてみればパンの原材料である小麦は、
ほとんど輸入に頼っているわけだし、
値段も高くなっているので、
日本人は自給率ほぼ100%のごはんを、
もっと食べるべきなのだ。

気持がいいので、そのままベランダ仕事。チャイブのタネを採ったり、睡蓮鉢で増え過ぎたアサザの整理をしたり、なにかと忙しい。



f0160063_10243997.jpgひと月ほど前に3株買ったホテイアオイが増えて、ビオトープや睡蓮鉢を埋め尽くしたので、水溜めバケツに移した。アマゾンフロッグビットも売るほどある。誰か貰ってくれない?
[PR]

# by novou | 2008-06-07 10:33 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(1)
2008年 06月 06日

オクさんとさんぽ

2008/06/06(金)

今日はとくに急ぐ仕事もなかったので、
久しぶりにオクさんと散歩に出かけた。
お弁当は梅干しのおにぎりと、キュウリのぬか漬けと、
魔法瓶に入れたほうじ茶である。
歩きはじめたらすぐにおなかが空いたので、
西郷山公園で休憩だ。
f0160063_17322939.jpgスニーカーを脱ぎ、
公園のせせらぎに足を放り投げ、
涼みながら弁当を食べた。
こんな時はおむすびとお茶に限る!
すっぱい梅干しと、
渋いほうじ茶の相性の良さは永遠不滅である。
日本人に生まれて良かったぁ〜っ! 
と、思わず織田裕二調で叫びたくなるほどだ。










f0160063_1739714.jpgお弁当のあとは坂道を下り、
菅刈公園のザリガニを観察し、
ミキモトの裏にある「かのう」で錦鯉を見せてもらう。
この店は錦鯉と希少熱帯魚の専門店で、
愛好家の間ではちょっとした有名店である。
散歩の途中に時々立ち寄るのだが、
和風のお屋敷がどんどん減っている都会の真ん中で、
錦鯉を扱う商売が成り立っていることにいつも驚かされる。
この店ではあいにくメダカと金魚しか買ったことはないが、
いつかは一匹ン十万の錦鯉を飼う身分になりたいものだ。


f0160063_17465330.jpg目黒川をそぞろ歩き、
“カウブックス”でひと休み。
傾いてきた日差しが、
二人の小さな影を作った。














f0160063_17583984.jpg中の橋でオクさんを記念撮影。
ポーズが通販カタログっぽいのが、ちと残念…。
[PR]

# by novou | 2008-06-06 18:11 | いつもふたりで | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 06日

いずれアヤメかカキツバタ

2008/06/06(金)

f0160063_15575742.jpg斑入りアヤメ、
午後には花を咲かせてました。
上から見ると“三菱”のマークみたい。

ところで、アヤメとカキツバタとハナショウブの違い、わかりますか?
昔は若い女性が集まっていると、
いずれアヤメかカキツバタ、なんていって、
美しくて優劣つけがたい時の喩えにしたけど、
最近の若い女性は洋花っぽいっていうか、
メイクもファッションも派手なので、
この言葉は死語になりつつあるようです。
ま、いわれた本人も“なんのこと?”と思うだけでしょうが…。
[PR]

# by novou | 2008-06-06 16:00 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 06日

斑入りアヤメ

2008/06/06(金)

f0160063_12492353.jpg斑入りのアヤメが
空に向かって花梗を伸ばし、
葉巻のような蕾をつけている。
開花までもうひと息だ。
[PR]

# by novou | 2008-06-06 12:50 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 06日

アリの巣コロリ

2008/06/06(金)
晴れ時々曇り/27℃

いい天気だ。
気温も久々に25℃を超え、夏日となった。
気持ちがいいので早々にベランダに出て、ひと仕事。

f0160063_11411872.jpgファリナセアと早咲きコスモスとナガミノヒナゲシの種を蒔き、
レモンバームについた青虫と、オーブリエチアについたアブラムシを退治する。
毎年のことだが、ベランダではこの時期、
虫との戦いに明け暮れる。

グミの木にはアブラムシが排泄する糖分を目当てにアリが発生している。
アリさんはアブラムシと共生関係にあるので、
ナミテントウに蟻酸をかけてアブラムシを守ろうとする。
いま、グミの木ではアリ、ナミテントウ、アブラムシの三つ巴の戦いが始まっているのだ。
もちろんボクはナミテントウの味方なので、
グミの木の下のアリの通り道に“アリの巣コロリ”を仕掛け、加勢してやった。
今後の展開が楽しみである。
[PR]

# by novou | 2008-06-06 09:39 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 05日

オジギソウで地震予知

2008/06/05/(木)
曇りのち雨/21℃

f0160063_18155666.jpg碑文谷のダイエーに買い物に行ったら、
園芸コーナーでオジギソウを見つけた。
触れると葉を閉じて、お辞儀をするように下を向く。その動きが面白いので、
子どもたちにとても人気がある植物だ。

ボクも小学生の頃、神社のお祭りに出ていた植木屋でそれを見つけて、買ってもらったことがある。でも、触り過ぎてすぐに枯らしてしまった。

懐かしくなって、ふたつ買った。
モスポットに植え替えてやるとなかなかいい。
イギリスでは「アクションプラント」「センシティブ・プラント」などと呼ばれてるらしい。葉が閉じるメカニズムは、まだ解明されていないが、草食動物を驚かせて身を守る、自己防衛説が有力なんだとか。

園芸店では1年草扱いだが本来は多年草で、
冬、日当たりのよい室内で管理すれば越冬も可能。
夏に合歓木のようなピンクの花を咲かせる。
これは眉唾だが、地震の前にも葉を閉じるらしいので、
我が家では“地震予知草”としての能力にも期待している。
[PR]

# by novou | 2008-06-05 18:31 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)