東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 15日

青い蝶々

2008/07/15(火)
曇り時々晴れ/30℃

f0160063_21122163.jpg第一園芸で一目惚れして買った
クレロデンドロム・ウガンデンセ。
ちょっと舌を噛みそうな名前で、
覚えづらいけど、
花は一度見たら忘れられないでしょ。
正面から見ると、
青い蝶々がとまっているようです。

この花、西アフリカ原産で臭木の仲間です。
[PR]

# by novou | 2008-07-15 21:14 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2008年 07月 14日

ホテイアオイ、咲いた…。

2008/07/14(月)
曇りのち雨/32℃

f0160063_827274.jpgビオトープでホテイアオイが花を咲かせた。
薄紫色のヒヤシンスに似た花だ。

水面から20㎝ほど立ち上がった花茎は、
たった1日で萎れて、水中に没する。

この花、名前はホテイアオイと日本っぽいが、
原産は熱帯アメリカ。
[PR]

# by novou | 2008-07-14 08:29 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(3)
2008年 07月 13日

西のベランダのクライマーたち

2008/07/13(日)
曇りのち晴れ/33℃

お暑うございます。

暑い暑いといいながらも、今日は朝からオクさんと楽しいベランダ遊びです。
赤紫蘇ジュースや梅玄米酢で水分を何度も補給しながら、
昨日、買ったゴールドリーフアジサイを植えたり、ほったらかしのキョウチクトウの植え替えをしたりと、たっぷりとボタニカルライフを楽しみました。

キョウチクトウはもう3年ほど鉢替えをしていないので、根が回ってパンパンでした。
最近、葉がよく落ちるので、たぶん根詰まりしてるんだろうなぁ、
と想像はしていましたが、鉢を外すとほとんど土がありません。
そこで一回り大きめの鉢に、栄養いっぱいの自家製培養土を入れ、
たっぷりと水を吸わせて植え替えました。
これで後3年は、またほったらかしでもずんずん成長してくれるでしょう。
人間界ではきれいな女子にはすぐに虫がつくけど、
キョウチクトウはきれいなのに虫もつきません。
ホント、手間のかからない植物です!

ボクの傍らではオクさんが、
ハーブガーデンやキッチンガーデンの手入れに余念がありません。
花が咲いたレモンバームを切り戻したり、
バジルやミントの鉢替えをしたり、
茄子のコンテナに追肥したりと、とっても忙しそうです。
ま、オクさんがこうして野菜やハーブの面倒を見てくれているおかげで、
我が家ではいつも採れたてが食べられるんですけどね。
そうそう、今朝食べたインゲンの胡麻和えは香りもよく、味も濃厚でおいしかったなぁ。
ホント感謝です!

さて、今日は夫婦2人で夢中で作業してたので、写真を撮り忘れました。
そこでこの前、なにげに撮っておいた西のベランダのクライマーたちをご紹介します。

f0160063_21242444.jpgまず、蔓ネットを這い登っているのはご存知ゴーヤくんです。窓のセンターにブラブラと実をつけて、我が家にやって来るお客さんをいつもビックリさせていますが、ボクは不満いっぱいです。だって、こんなに暑くなってきたのに、葉がスカスカでちっともグリーンカーテンの役割を果たしてないんだもの…。
これからは西日が強くなるんだから、もう少し頑張ってエコに貢献して欲しいものです。









f0160063_21252797.jpgこちらはカロライナジャスミンです。
4月の終わりから5月にかけて、
いつもトランペット型の美しい黄色の花を
咲かせて楽しませてくれます。
今年はいつになく元気で、
エアコンの排水パイプを登って、
庇にまで届いています。
実はこの花、前の住人の置き土産。
主人が代っても、
よく尽くしてくれる忠義者です。








f0160063_21261198.jpg最後は二度咲きしたハニーサックルです。
最近、急に蔓を延ばしはじめたので、
西のベランダの防備に当てられた防人(さきもり)です。
ベランダのフェンスをなんとかよじ登りはじめましたが、
強烈な西日を防ぐにはまだまだ力不足。
防人は3年交代でしたが、このままではずっと西のベランダでお勤めです。
[PR]

# by novou | 2008-07-13 21:42 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2008年 07月 12日

さよなら第一園芸、ありがと第一園芸

2008/07/12(土)
3時頃、すべてを洗い流す強烈な雷雨!

今月の21日で二子玉ガーデンアイランドの第一園芸が閉店する。
この店とは柿の木坂に住んでいた頃からだから、約10年の付き合いだ。
地域ナンバーワンの売り場面積を誇る“園芸デパート”の閉店は、
なんとも惜しいし、残念だ。

我が家のベランダのトネリコやコデマリやキョウチクトウやイタヤカエデは、
すべてここで買ったものだ。
いまではみんな大きくなって、毎朝、ボクを楽しませてくれている。
反面、キウイやモモやザクロは買ってはみたものの、夏の強烈な直射日光でみんな枯らしてしまった。なんとももったいないことをしたと反省している。

f0160063_19401693.jpgで、今日はナニがいいたいかといえば、10日から21日までは、第一園芸の「さよならセール」なのである。バーニーズのセールも、ブルターニュのセールも、みんなあと回しにして、真っ先に行ってきました第一園芸っっ! 

まず、最初にオクさんが目をつけたのは、ライムのような葉が美しいゴールドリーフアジサイだ。直径1m以上はある大株が、花が終わったといえ3150円である。店員さんに聞いたら花が咲いていた先月までは3万5千円だったそうである。
男前だな第一園芸!! 
即買い、である。

次にオクさんが目をつけたのは
ハンターの長靴。
これがなんと4割引! 

ハンターといえば1856年の創業で、
いまやラバーブーツの代名詞的存在。
これを履いたらスコットランドの湿地帯もなんのその、である。
オクさん、前から欲しがっていたし、
よーし、誕生日のプレゼントということで、
オサレなネイビーをご購入! 
これで雨の日も雪の日もへっちゃらだね!

2階のフロアーではその他、
キキョウやクレロデンドロンなどの苗を
10個ぐらい“オトナ買い”。

さらに1階に降りて、
オクさんが目ざとく見つけたのは
アイアンでできたガーデンテーブル。
これが破格の3150円! 
「安いけど、もうベランダに置き場がないじゃん!」とボク。
でも、オクさん、両手を広げてテーブルを抱え、
その場を動かない。
足をバタバタされると恥ずかしいので、
「これくださ〜い!」と店員さんを呼んだ。

結局、1階では定価1万5000円の
エッセンシャルオイルをまさかの500円で2本買い、
半額になったテラコッタの鉢も4つ買った。

鉢以外はみんなオクさんが見つけたものばかり。
セールになるとオンナって、凄いのねっ!

明日は銀座のバーニーズに連れていかれそうだけど、
ボクの洋服はもう無理だな…。
トホホ…。
[PR]

# by novou | 2008-07-12 19:55 | Trackback | Comments(2)
2008年 07月 12日

リュウノヒゲ

2008/07/12(土)
晴れのち曇り/33℃

f0160063_12115312.jpg朝、水やりしていたらビオトープのレンガの上で、リュウノヒゲが淡い紫色の花を咲かせていた。小さすぎて、ちっとも気がつかなかったけど、スズランのようなかわいい花だ。

リュウノヒゲは丈夫で、踏まれてもよく育つことから、最近は芝生代わりによく使われているけど、こんなに可憐な花を付けるとは、知らなかったなぁ。調べてみると秋には瑠璃色の美しい実もつけるらしい。
それまでには一眼のデジカメ、欲しいなぁ〜。
[PR]

# by novou | 2008-07-12 12:14 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2008年 07月 11日

スィート・アリッサム

008/07/11(金)
曇りのち雨/29℃

f0160063_1253079.jpg「渋谷ふれあい植物センター」でいただいた
アリッサムが花を咲かせた。
種蒔きしたのが6月7日だから、
1カ月余りで花が咲いたことになる。
ずいぶんと成長が早い植物である。

アリッサムは寒冷地をのぞいて、
秋風が立ちはじめる頃に種を蒔き、
早春に花を咲かせるのが一般的らしいが、
こうしてみると、蒔き時はあまり
関係ないようだ。
公園の花壇ではこの花が、
絨毯を敷き詰めたように
1年中咲いている気がする。

我が家のアリッサムは、
まだ株がしっかりしていないせいか、
茎も葉も弱々しく、はかなげな印象だ。

しかもポット植えなので、白い絨毯とはいかず、まばらに咲いている。花弁はアブラナ科の特徴でもある4弁花。顔を近づけると仄かに甘い芳香がある。
ニオイナズナ(匂薺)とも呼ばれる所以である。
[PR]

# by novou | 2008-07-11 12:58 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2008年 07月 10日

カンナ

2008/07/10(木)
曇り/27℃

f0160063_1122505.jpg鉢山町交番の向かいにある小さな公園で、
今年もカンナが咲き始めた。
この花が咲くと、
いよいよ夏も本番なんだなぁ、と思う。

強い陽射しの中で,
自分の存在を主張する魅惑的な南国の花。

背丈は1m以上にもなるので、
遠目からでもよく目立つ。
まるでランウエイで派手なポーズを決めた
スーパーモデルのようだ。

レモンイエローの花が咲き揃うと、
小さな交差点が、
明りを灯したように輝き出す。
[PR]

# by novou | 2008-07-10 11:43 | 町内散歩 | Trackback | Comments(0)