2015年 07月 10日

7月のベランダ

f0160063_9461168.jpg

梅雨どきは植物の生長期。
植物たちはごくごくと音を立てて雨を飲み込み、
蔓をのばし、葉を繁らせる。
バラやクレマチスはひと雨でシュートを10㎝ものばして、ボクを驚かせる。
イチジクもブルーベリーもリンゴもモモも、ぐんぐん大きくなっていく。
出張で家をあけていたオクさんは、「たった4日で庭がジャングルになってる」と
植物の生長の早さに目を丸くする。
f0160063_9461352.jpg
f0160063_9461525.jpg
f0160063_9461873.jpg
f0160063_9462129.jpg
f0160063_946238.jpg
f0160063_9463549.jpg
f0160063_9463657.jpg
f0160063_9463020.jpg


雨の中の庭仕事も楽しみのひとつ。
水滴をまとった植物たちは鮮やかさを増し、ひと際色っぽく誘惑してくる。
ボクは雨を吸ってずしりと重みを増した花を摘み、
実が割れないうちにトマトを収穫する。
f0160063_9462511.jpg
f0160063_9462855.jpg
f0160063_9464560.jpg


トケイソウの花が開く瞬間を見たんだ。
花を包んでいた萼の先端が弾け、水滴がパッと飛び散って、シベがにゅうってあらわれた。
夕方には命を終える花だけど、生まれた瞬間は精気にあふれている。
なんてエロチックなんだ。
f0160063_9464166.jpg


7月は蓮の季節でもある。
蓮は花が開く瞬間にポンと音がするらしいが、
それを確かめに出かけたい。

f0160063_9463949.jpg

f0160063_9464846.jpg

[PR]

# by novou | 2015-07-10 09:54 | ベランダ歳時記
2015年 06月 28日

garden clipper

f0160063_1152588.jpg

右は兵庫のTajika製作所とVALLICANS(東京を中心にガーデニング活動をしている集団)とのコラボで生まれたgarden clipper。
バリカンをモデルにしているので剪定バサミというより剪定バリカンといった感じ。
柄が太く、刃が厚いため、太い枝もザクザク切れる。
嬉しくなって、今朝、バラもアジサイも強剪定した。
5分刈りが得意な床屋のオヤジになった気分だ。

左は同じTajika製作所のIronシリーズ。
去年、オサルさんがプレゼントしてくれた。


f0160063_1153018.jpg


それまでは、ずっと100均のガーデンバサミを使っていたので、ずいぶん出世した気分だ。
オトコはやっぱり道具、からだな。

琉球アサガオのオーシャンブルーがぐんぐん伸びてきた。
このアサガオ、宿根の多年草なので、放ったらかしでも毎年咲きます(^_^)v


f0160063_1153247.jpg

[PR]

# by novou | 2015-06-28 11:55 | ベランダの道具たち
2015年 06月 23日

ベルガモット

ハーブ畑が鬱蒼としてきました。
この時季のハーブは刈り込んでも刈り込んでも、ワサワサと生えてくるのです。
ミントもセージもオレガノも、驚くほどの生命力です。

ベルガモットの花が咲いています。
花や若葉にはほのかな辛味があって、サラダに利用できます。
古くはインディアンが疲労回復のため、お茶にして飲んでいたようです。
f0160063_74066.jpg

ちなみにベルガモットはきょうの誕生花。
花言葉は「野性的・安らぎ・やわらかな心・火のような恋・感受性豊か・燃える思い」です。
シソ科・モナルダ属、原産地はアメリカ、メキシコ。
[PR]

# by novou | 2015-06-23 07:42 | ベランダ歳時記
2015年 06月 21日

紫陽花の季節

FBをみてると明月院や高幡不動の紫陽花が見ごろのようですが、わが家の紫陽花は梅雨に入る前に花のピークを終えてしまいました。

いま咲いているのはゴールドリーフアジサイ(右)とダンスパーティー(左)だけ。
f0160063_9554563.jpg
f0160063_9554824.jpg
                       (ダンスパーティー)

ガクアジサイの‘隅田の花火’とヤマアジサイ‘七変化’、屋久島アジサイの‘ヤクシマコンテリギ’は5月の終わりに見ごろを迎え、
6月のはじめには切り戻しを終えました。

5月はバラ祭り、6月はアジサイ祭りをもくろんでいるのですが、なかなか思うようにはいきません。とほほ。
[PR]

# by novou | 2015-06-21 10:00 | ベランダ歳時記
2015年 06月 20日

6月のベランダ

f0160063_11131176.jpg

ひと雨ごとに生長をみせる6月の植物たち。
バラは奔放にシュートを延ばし、
トマトの背丈はあっという間にボクの身長を越えた。

熱帯を原産地とするプルメリアやトケイソウがハデな原色の花を咲かせ、
蝶や蜂が蜜を求めてやってくる。

湿気を含む澱んだ空気の中にクチナシが香る、そんな6月のベランダ。
f0160063_11131722.jpg
                    (プルメリア)
f0160063_11131623.jpg
f0160063_11132244.jpg
                    (熱帯時計草‘オリエンタル・サンセット’)
f0160063_11162197.jpg
                    (バラ‘コレッタ’)
f0160063_11132651.jpg
                    (イエローアイコ)
[PR]

# by novou | 2015-06-20 11:18 | ベランダ歳時記
2015年 06月 14日

アガパンサス

アガパンサスが咲いている。
f0160063_9503814.jpg

この花の名はギリシャ語のアガペ(愛)とアントス(花)からきている。
つまり「愛の花」なので、花言葉も「誠実な愛」や「恋の季節」だ。
ユリ科、南アフリカ原産。アフリカンリリーとも呼ばれる。

うす紫色の小花をスプレー状に咲かせるさまは、なんとも涼しげ。

梅雨時の庭がこの花が咲き出すと明るくなる。
f0160063_9495284.jpg

[PR]

# by novou | 2015-06-14 09:55 | ベランダ植物図鑑
2015年 06月 13日

ジャカランダ咲いた

最初は10cmほどの苗木だったのだ。
細くて、小さくて、弱々しい苗木だったのだ。
それが4年でボクの背丈を越え、今年、はじめて花を咲かせた。
f0160063_957663.jpg


うれしかった。

ジャカランダは南米原産の植物だ。
だから、冬越しが難しいし、
鉢植えでは花は咲かない、ともいわれている。

でも、ネムノキに似た葉は美しく、
観葉植物と思って育ててみればいいかと、園芸店から連れて帰って来たのだ。

ハナから花を諦めていただけに、感激だった。
しかも、うかつなことに、ボクの目線より高いところで花を咲かせていたので、
花芽をつけたことも、開花したことも、しばらくシラナンダ(←ジャカランダだけに…苦笑)。

美しさを伝えたくて、今朝、ベランダの庇に登って、写真を撮った。

きれいだ。
そして気品がある。

カエンボク、ホウオウボクとならんで、
世界三大花木のひとつに数えられているだけのことはある。

う〜ん、たまらん。
f0160063_9553433.jpg

[PR]

# by novou | 2015-06-13 09:58 | ベランダ植物図鑑