東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 03日

名花

台風21号、22号、それに木枯らし1号のトリプルパンチでベランダは悲惨な状況(昨日のエントリ)だ。
いつもなら色とりどりの秋バラが咲き誇っている頃なのだが、今年の庭は花も少なく、なんとも寂しげである。

いま、わずかに咲いているバラはピース、ジャスト・ジョーイ、アイスバーグの3品種だけだ。

バラ好きならご存知と思うが、この3品種は世界バラ会連合の殿堂入りを果たしている名花中の名花だ。

2万品種以上あるといわれるバラのなかで、殿堂入りをしているバラはわずか16品種だけ。

これらのバラは美しいだけでなく、強健で育てやすく、なおかつ、これを親として様々な優良品種も作出されている。

わが家には現在30品種のバラがあるが、ピース、ジャスト・ジョーイ、アイスバーグの3品種は、台風に遭っても、期待を裏切らないで咲いてくれる。

てなわけで、バラを始めるなら、殿堂入りのバラから選ぶのがおすすめかも。

f0160063_11491975.jpg
             (ピース)


f0160063_11492592.jpg
             (ジャスト・ジョーイ)


f0160063_11493117.jpg
             (アイスバーグ)


[PR]

# by novou | 2017-11-03 11:51 | ベランダバラ図鑑 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 02日

11月の(悲惨な)ベランダ

10月の長雨と台風21号、22号、それに木枯らし1号のトリプルパンチでベランダは過去にないほど悲惨な状況だ。

スモモやリンゴやグミの葉は強風で引きちぎられ、枝だけの寒々しい姿をさらしている。

台風は花台にしていた大きな木製ベンチも押しつぶして、素焼きのバラ鉢を5個破壊した。
ベンチは少々、腐食していたようだ。

ナンテンの大きな鉢も倒れて割れた。
麻紐でフェンスに括り付けていたのに、あまりの強風で引きちぎられたのだ。

開花を楽しみにしていた秋バラのツボミもずいぶんやられた。

長雨の影響で黒星病も出ているし、カイガラムシは駆除しても駆除してもどこからか湧き上がってくる。

そういえば東京は8月も21日間、雨が続いた。
観測史上初めてのことだ。
ベランダにとって今年は受難の1年だった(まだ2ヶ月あるけどね)。

写真はいつもの定点撮影だ。

気が付かないと思うが、イタヤカエデ、ハギ、フジ、ムクゲ、スイレンボク、ルリマツリ、サルビアレウカンサ、トクサ、イワガラミ、マツバボタンなどを処分した。

台風被害の後片づけと修復に時間と労力がかかりすぎた。
雨の日もカッパを着て作業し、夜はライトを灯して作業する日が10日も続いた。
なんとか修復完了、というところで、木枯らし1号に追い討ちをかけられた。
ボクは力尽きた。
もうこれ以上、300鉢もの植物の面倒を見るのは体力的に無理だと思った。

それにこのマンションは、来年、大規模改修が待ち構えている。
庭を一度リセットしなければならないのだ。
そのために植物の数を減らし、コンパクトにしておかなければ、鉢の移動が大変だ。
現在の300鉢、250品種を順次処分して、大規模改修までには半分ほどの鉢数にしようと考えている。

そんな折も折、某園芸誌が取材に来た。
木枯らし1号が吹き荒れた翌日のことだ。
こんな季節に、しかも台風と木枯らし1号直後の最悪のタイミングで庭を撮影されるのは、
植物を愛し、庭を愛するものとしては、はなはだ不本意なのだが、
庭をリセットする前の最後の記録と考えて、撮影してもらうことにした(ホントに不本意だ)。

発行は来年の3月という。

そのころボクの庭は、新たな姿で復活しているはずだ(多分…笑)。

f0160063_18103777.jpg
f0160063_18105989.jpg
f0160063_18111298.jpg
f0160063_18112520.jpg
f0160063_18113929.jpg
f0160063_18114936.jpg
f0160063_18115962.jpg
f0160063_18122160.jpg
f0160063_18123349.jpg

[PR]

# by novou | 2017-11-02 18:28 | ベランダ改造計画 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 15日

ベランピングとバルコニスト???

知らなかったが世の中には「ベランピング」や「バルコニスト」なる言葉があるらしい。

ベランピング(Veramping)とは、「ベランダ+グラマラス+キャンピング」の造語で、
自宅のベランダをおしゃれに改造して、ゆったりとした時間を過ごそうという新しいスタイル、なんだとか。
ホテルのような施設やサービスのキャンプ場で、おしゃれにキャンプを楽しむ「グランピング」はお金もかかるし、予約もなかなか取れないし…。それなら、自宅のベランダで一年中グランピングしてしまえ! というのがベランピング、らしい。

ふむふむ…。

どうせ、どこかのライフスタイル誌かトレンド誌が仕掛けているんだろう、と思って調べてみたら、案の定、ベランピングは『LaLa Begin』(世界文化社)や『日経トレンディ』(日経BP)が、昨年あたりから力を入れて打ち出しているようだ。

一方、バルコニストというのは、バルコニーで余暇を素敵に楽しむライフスタイルを送ってる人、なんだとか。これはIKEAが昨年、‘バルコニストになろう’というキャンペーンを大々的にしかけていた。

こんな感じだ。

[朝は、コーヒーを片手にチェアで太陽を浴びながら、1日を気持ち良くスタート。
昼は、パラソルの下、南国のリゾート気分。
夜は、キャンドルやLEDライトでロマンチックムードに。
あなたはどんなバルコニストライフをおくりますか?]

ってな具合だ。

けっ、なんだろうねぇ…。

いとうせいこうがベランダで花や野菜を育てる人をベランダーって呼んで、ボタニカルライフを提唱したのにはついていけたけど、「ベランピング」や「バルコニスト」なる言葉には、まったく思想や哲学がなくて、消費の誘惑があるだけだな。
そしてパラソルやらチェアやらキャンドルを買って、SNS映えする写真をインスタやFBにいっぱい投稿しましょうよ、という策略にしか見えないもんな。

ウチはもう20年もベランダで植物を育て、ごはんを食べているけど、流行りとは無縁だな。

このブログをはじめた時に、こんなことを書いた。

ちょっと長いけど再録しておきます。


我が家のベランダは流行りの花が咲く観賞のためのベランダではない。
どちらかというと、日向ぼっこをしたり、お茶をしたりするリビングの延長のようなベランダだ。

気候がよい春と秋、ベランダは我が家の生活の中心となる。
ボクらは日がな一日ベランダで過ごす。
二人で紅茶とトーストの朝食を食べて、それからボクはハンモックを吊ってうたた寝をしたり、読書をしたりする。
オクさんはお手製のワイン箱コンポストで生ゴミを処理したり、端材を使ってスプーンやバターナイフを作って悦に入っている。
植物も育てている。友人にいただいたり、株分けしたりで、いまでは100種類ほどのコンテナが並んでいる。ただ、その半分は果樹や野菜やハーブといった腹の足しになる植物である(笑)。

ベランダには毎日新しい発見がある。ミモザの枝にミノムシが巣を作っていたり、メダカが金魚藻に卵を産み付けていたり、熟しかけのイチゴの赤い部分だけが、ヒヨドリに食べられていたり…。

都市生活者にとってベランダは、幸福をもたらす暮らしの舞台装置だ。このマンションに住んで5年、もうベランダのない生活は考えられない。このベランダに巡りあえたことにつくづく感謝しながら、日々の暮らしを慈しむように生きていこうと思っている。


                                            (2008年04月20日)

f0160063_15163151.jpg
f0160063_15163618.jpg
f0160063_15164954.jpg
f0160063_15165837.jpg
写真は先週、ベランダでジンギスカンをして、〆にアジの干物を焼き、炊き立ての新米を食べた時のものです(笑)。


[PR]

# by novou | 2017-10-15 15:24 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 14日

チランジア イオナンタ

渋谷は冷たい雨が降ったりやんだり…。
気温は只今14.5℃。寒いですねぇ。

天気がよければフジやカロライナジャスミンなどの植え替えを予定していたのですが、
この天気では庭仕事は無理そうです。

で、TVでクライマックスシリーズを見ながら、チランジアの株分けをしています。


f0160063_13211868.jpg


窓に吊るしていたイオナンタが買った時の4倍ほどに増えたので、3つの株に分けました。
流木にくくり着けて完成。
いい感じです。

f0160063_13212395.jpg
f0160063_13212808.jpg

[PR]

# by novou | 2017-10-14 13:23 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 10日

コンポストの天地返し

自家製コンポストの水分量が多く、ちょっと臭いも出てきたので天地返しをした。
さらにもみ殻燻炭と備長炭の灰を加えて雑菌を抑制し、使用済みの揚げ油を加えて発酵を促進させる。

都会のベランダでコンポストを維持するのは手間がかかる。
が、植え替えた際に出る使用済みの土を大量にゴミに出すのははばかられるので、
コンポストでできた堆肥を加えて再利用するようにしている。
ベランダガーデナーも、まずは土作りからなのだ(笑)。


f0160063_11220424.jpg


上とまん中のふたつは天地返しをして基材(燻炭&油etc)を追加したもの。
下は発酵のとまったコンポストを時々かき混ぜ、半年ほど寝かせたもの。
こちらはふかふかで、そろそろ堆肥として使えそうだ。


[PR]

# by novou | 2017-10-10 11:29 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 09日

ヒモサボテンの実?

ヒモサボテン(品種不明)になにやら実のようなものがついている。
小さなグズベリーのようだ。
食べられないのか?


f0160063_10211517.jpg

天気がよいのでチランジアのソーキングをした。


f0160063_10212378.jpg

[PR]

# by novou | 2017-10-09 10:35 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 08日

寒露

f0160063_10271106.jpg
ベランダのヘンリーヅタがだいぶ色づきました。
季節がまた一歩、進んだ感じです。

白萩が咲き、秋バラがぽつりぽつりと咲くベランダです。

きょうは二十四節気のひとつ寒露。
冷たい露の結ぶ頃です。
稲刈りもそろそろ終わり、秋もいよいよ本番です。

f0160063_10271959.jpg
f0160063_10272692.jpg
f0160063_10273810.jpg
f0160063_10273253.jpg
f0160063_10274143.jpg

[PR]

# by novou | 2017-10-08 10:29 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)