東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アオトコーヒー ( 2 ) タグの人気記事


2017年 08月 22日

夏のオサル食堂とコーヒーのこと

今年も9月8日〜13日まで、代官山の「ぎゃらりー無垢里」でワカ(石川若彦)さんの器展が開催されます。
開催中の9日(土)、10日(日)は、ワカさんの新作の器で食事を楽しんでいただくオサル食堂も開催されます。

2011年の1月にはじまったオサル食堂も、今回で12回目になります。

3回目(2012年3月11日)には東日本大震災の被災地支援のためにチャリティーのオサル食堂を開店したり、
7回目(2014年7月)には代官山を離れて世田谷の「夏椿」さんにも遠征(?)しました。

昨年1月の9回目からは食後にお出しするコーヒーにもこだわるようになりました。

オサル食堂でお出ししているオサルブレンドは「アオトコーヒー」の店主ヒデ(岡田秀敏)ちゃんが焙煎し、オサル食堂のためだけにブレンドしたものです。
それをアドバンスドコーヒーマイスターのVivaくんこと中川亮太さんが、一杯一杯、丁寧にハンドドリップで落とす贅沢なコーヒーなのです。

ところで、ひと口にオサルブレンドといっても
第09回:デーツバターwithコーヒー
第10回:緑豆ぜんざいwithコーヒー
第11回:焼きチョコケーキwithコーヒー
と、それぞれの回のデザートにあわせてブレンドを変えているって、ご存知でした? 
つまり、これまでに3種類のまったく違うオサルブレンドが誕生しているというわけです。

オサル食堂開店まであと20日を切りました。
現在、オサルさんが作るお菓子に合わせて、0番〜4番まで5種類のブレンドをひでちゃんが試作、
それをオサルさん、Vivaくん、他4人で試飲を重ねています。
すでに相当おいしいコーヒーなのですが、酸味、甘味、苦味、コク、後味…と、
お菓子とのベストな相性を探って、さらに完成度を高めてまいりますと、ひでちゃんが申しております(笑)。
f0160063_19263782.jpg
f0160063_19264639.jpg
あっ、今回のお菓子の内容は開店の日まで内緒なんだそうです。
料理がファラフェルなので、きっと中東あたりのお菓子なんでしょうね、たぶん…。

それと、ちっちゃな、ちっちゃなおまけのサプライズがあるかもよ、とオサルさんが申しておりました(笑)。

すでに先週の土曜日から、ぎゃらりー無垢理にて予約受付が始まっています。
お時間がある方は、ぜひ、オサル食堂にお出かけください。

○オサル食堂
9月9日(土),10(日)

下記の1日全3回の中からお時間をお選び下さい。
各回11名様まで(ご予約の方を優先とさせていただきます)
①11:00~12:30
②13:00~14:30
③15:00~16:30

[メニュー]
ファラフェルプレート(ファラフェルはヒヨコ豆で作った中東のコロッケ)
お菓子
スペシャリティコーヒー(オサルブレンド)
2500円(税込み)
f0160063_19270359.jpg
f0160063_19265515.jpg
f0160063_19290519.jpg
f0160063_19270900.jpg
ご予約は、代官山ぎゃらりー無垢理(☎03-5458-6991)
留守番電話やFAXでのご予約は受け付けておりませんので、お気をつけください。



[PR]

by novou | 2017-08-22 19:40 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 25日

アオトコーヒーのこと

青砥の駅前でタクシーを拾った。
運転手に「青戸7丁目まで」と住所を伝え、「青い扉のコーヒー屋さんなんですが…」といっただけで、
「ああ、あそこね」と、運転手はすぐに目的の場所が判ったようだ。

あとで知ったことだが、アオトコーヒーはバス通りと国道6号線が交わる大きな交差点のそばにある。
だから、バスやタクシーが信号待ちをしていると、アオトコーヒーがよく見えるのだ。
タクシーの運転手が知っているわけである。

「で、お客さんたちはコーヒーを飲みに、わざわざ来たんですか?」と運転手。
「友だちの店なんです。おいしいので、ぜひ、行ってみてくださいよ」とオクさん。
すると運転手は「わたしゃコレだから」と、センターコンソールから飲みかけの缶コーヒーを持ち上げて、
「へっへっへっ」と笑ったのだった。

青砥は裕福そうな街ではない。おしゃれさも微塵もない。スタバだってない。
缶コーヒーとコンビニコーヒーの街なのだ。
そんな街で自家焙煎スペシャルティーコーヒーを売るというのは、布教活動に近い。

タクシー代は2メーター490円だった。
二人で行くならバス料金とたいして変わらない。
バス通りは国道6号線を横切って直進すると10分ほどで亀有、右折して荒川の支流中川を越えればそこはもう柴又だ。

信号の手前でタクシーを降りる。
アオトコーヒーは目の前だ。
白に近い水色の壁、青い扉に丸窓3つ。扉の前には足跡がふたつ。
まるで透明人間が2人、店に入っていったかのような仕掛けだ。

となりはどこにでもあるような居酒屋。
店の前にはママチャリが3台、歩道にはみ出すように置かれている。
窓の手すりには使わなくなった古いすだれが立て掛けられている。
時刻は6時を少しまわった頃だ。
ご近所さんたちが一杯引っかけに、ぞろぞろと店に入っていく。

そんな街に馴染んだ居酒屋と、街に馴染むことを拒絶したようなコーヒー屋が、軒を接している。

なんだかすごい景色だ。違和感がハンパない。

世間一般がイメージするコーヒー屋というのは、ドアを開け、中に入るとその店のあるじの世界が広がっている、というのが相場だが、
アオトコーヒーはドアの外にまで、あるじの思いや世界がはみ出してきている。


この店のあるじを紹介しよう。

アオトコーヒーのあるじは、修行僧のような雰囲気を持った痩身の男だ。
ハットとアバンギャルドな眼鏡がトレードマーク。
このファッションだってこの街では相当浮いている。
仲間はみんな「ヒデちゃん」と呼ぶ。

シャイなのでおよそ客商売には向いてないと思うのだが、アオトコーヒーはお手製珈琲豆屋。
つまり、自家焙煎珈琲豆を売る店なのである。
ロースターの前で豆と向き合うのが仕事なのだから、シャイでもそれほど問題はない。

もちろん、店ではヒデちゃんがハンドドリップで丁寧に淹れてくれるコーヒーも飲める。
これがすっきりしていてうまい。とてもきれいな味のコーヒーなのだ。
口に運んだ瞬間、「ふふっ」と小さな笑みがこぼれてしまうようなコーヒーだ。

ヒデちゃんは珈琲店で修業をしたことがない。
焙煎も抽出の仕方も独学だ。だが、心の師匠はいる。
師匠の店は志村坂上にあるのだが、ずいぶんとその店に通ったらしい。
ボクも1度だけそこに行ったことがあるので、ヒデちゃんが目指しているところがよく判る。

店内はセルフビルドだ。
ヒデちゃんが時間をかけてこつこつと作り上げた空間なので、なんともいえない居心地のよさと、手作りならではの温かさがある。

開店するにあたってはたくさんの仲間たちも協力を惜しまなかった。
益子で活躍する陶芸のワカさん(石川若彦)が看板やOPENサインを作り、ランプシェードや手洗いボールも作った。KINTAさんはスツールを、皮革作家の曽田耕さんはテーブルの下に収まる物入れやカウンターのハイスツールを、オリジナルのマグカップは石原稔久さん、コーヒーサーバーやピッチャーは伊藤亜木さん、こけしの傘立てやアオトコーヒーバスは増田光さん、他にもshimaさんのオブジェや蓋物、竹之内太郎さんの一輪挿し、岡歩さんのコウモリと店内には人気作家たちの逸品が並んで、さしづめ小さなギャラリーのようでもある。

たくさんの協力を得られたのはヒデちゃんの人徳といえば人徳なのだが、頼りないヒデちゃんを見て、「なんとかしてやらねば」と匠の大先輩たちがひと肌脱いだ、というのが当たっているような気もする…。

さて、長くなってしまったが、アオトコーヒーは今年の6月で2周年を迎えた。
ご近所の常連さんも少しずつ増えてきているようだし、遠くからコーヒー豆を買いに来るお客さんもいるらしい。
結構なことである。ありがたいことである。

街に馴染んでいなくてもいいんだと思う。この街で異彩を放ち続ければいいんだと思う。
アオトコーヒーという店があり、そこには岡田秀敏という男がいて、いいと思う味を出し、いいと思った物だけを置く。
そして、それをいいと感じる人たちが、ゆっくりと羽を休めにやって来る。
なんて素敵なことなんだろうと、ボクは思うよ。

あらためて、開店2周年おめでとう。

f0160063_13345636.jpg
f0160063_13351239.jpg
f0160063_13353473.jpg
f0160063_13360145.jpg
f0160063_13360938.jpg
f0160063_13364193.jpg
f0160063_13354300.jpg
f0160063_13365057.jpg

[PR]

by novou | 2017-07-25 14:17 | 番外編 | Trackback | Comments(0)