東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オダマキ ( 5 ) タグの人気記事


2017年 05月 06日

いちばん美しい時間…。

きょうの東京の日の出は444分。

でも、ビルの谷間から太陽が顔を出し、わが家のベランダに日が射すのは5時を2030分まわってからだ。

しかも、太陽は頭から出るのではなく、高層ビルの側面から、こちらを覗きこむように、少しずつ出てくる。

まるで「家政婦は見た」の市原悦子だ。

ベランダに日が射すと、葡萄の葉先の夜露は宝石に変わり、オダマキのシベは金色に輝き、

クレマチスのつぼみは開いて、花となる。

一日でいちばん美しく、いちばん好きな、ボクだけの時間…。

f0160063_08401014.jpg
f0160063_08401312.jpg
f0160063_08401579.jpg


[PR]

by novou | 2017-05-06 09:10 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 12日

5月のベランダ

おはようございます。
きのう一日降り続いた雨が、街をきれいに洗い流し、
新緑もいっそう鮮やかな朝を迎えています。
f0160063_924660.jpg


庭ではカオリバイカウツギが咲きはじめ、ベランダは清々しい香りに包まれています。
f0160063_93420.jpg



ローラ・アシュレイも咲きはじめました。
ローラ・アシュレイといえば、カラフルな小花柄で知られる英国のブランドですが、
その名を冠したバラもそのイメージ通りの咲きっぷり。
f0160063_931434.jpg
このバラ、咲きはじめは赤ですが、時間が経つとだんだんピンクに変化していきます。
我が家では壁に這わせているのですが、
満開になると壁に小花柄のカーテンを吊るしたみたいです。


こちらはオダマキ。正面から見ると筒状になった花弁がダイソンの掃除機みたいです(^O^)v 去年、タネを採って増やしたので、ピンクと紫が2鉢づつあります
f0160063_932684.jpg


ツルバラ(つるサマースノー)とフジとハニーサックル、そしてブラックベリーの緑のカーテンもいい感じに繁ってきました。
f0160063_98245.jpg


窓からはサマースノーが眺められるようにしたつもりですが、咲いても花が透明感のある白の小花なので、ぜんぜん目立ちません。
f0160063_935021.jpg
来年は大輪の真っ赤なバラを這わそうかと思案中。
[PR]

by novou | 2013-05-12 09:11 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 15日

ブルーベリーとオダマキのこと

2011/04/15(金)
晴れのち曇り/24℃

東京は最高気温24℃…。初夏の陽気でした。
渋谷を歩く若者たちの中には、Tシャツの人もたくさん見受けられました。

二十四節気の清明も過ぎ、百花が咲き競う季節です。
だんだんベランダで過ごす時間が、長くなります。
f0160063_17281290.jpg
ことしはブルーベリーがたくさんの花を咲かせました
f0160063_1728426.jpg
ブルーベリーは挿し木後7年ほどで成木となって収量が安定します。
つまり、上手に育てると7年目までは毎年収量が増えていくのです。
我が家のブルーベリーは3年目と2年目。6月の収穫が楽しみです。
f0160063_1729188.jpg
オダマキも咲きはじめました。
f0160063_17291937.jpg
我が家には実生から育てたミヤマオダマキ〈写真上〉と、オクさんが去年買ってきた西洋オダマキ〈写真下〉(詳しくはコチラ)があるのですが、やっぱり、タネからコツコツ育てた方が愛着があるせいか、美しく感じてしまいます。
[PR]

by novou | 2011-04-15 17:36 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(2)
2010年 03月 10日

雨粒アート

2010/03/10(水)
雨のち晴れ/14℃

小雨がぱらついている。
ベランダはきのうほど寒さを感じない。

小雨の朝は花を見るというより、雨粒を見にベランダに出る。
f0160063_10293842.jpg
オダマキは大きなダイアモンドを中心に抱えている。
それは風に揺れてキラキラと輝く。
f0160063_1030221.jpg
フリティラリア・メレアグリスの細い葉はすべり台だ。
雨粒の幼稚園児たちが、次々と連なって降りてくる。
f0160063_10311316.jpg
クリスマスローズも濡れている方が美しい。
[PR]

by novou | 2010-03-10 10:32 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 31日

オダマキ

2010/01/31㈰
晴れのち曇り/13℃
f0160063_11185799.jpg
オクさんがオダマキを買ってきた。
我が家には実生から育てているミヤマオダマキがあるのだが、この子がなかなか花を咲かせない。とうとうシビレを切らせて買っちゃったというわけだ。

ミヤマオダマキは高山植物だけど、故郷の島、礼文島では緯度が高いため、低地でも当たり前のように自生している。
f0160063_11193283.jpg
オダマキは正面の姿も美しいのだが、後ろ姿も捨てがたい。
花弁には先の曲がった長い距があって、萼片の間から後に突き出ている。
距の先はビーズ状になっていて、ツヤツヤしている。
これがなんとも美しいのだ。
f0160063_11195785.jpg
オクさんが買ってきたオダマキは、温室で栽培されたものだろうけど、我が家のミヤマオダマキはやっと小さな芽を出したばかり。
今年こそ、花を咲かせてくれるんじゃないかと期待している。
f0160063_11203162.jpg
f0160063_11205972.jpg
昨晩はO森姐さんと3人で、食卓に水火鉢を置いて炉端焼き大会。
日本酒に焼き蟹と焼きフグ、〆は蟹ごはんだった。
なんとも絶妙な取り合わせ…。ただ美味すぎて無言になるのが玉にキズだ。
f0160063_11211965.jpg

[PR]

by novou | 2010-01-31 11:25 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)