「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ギャラリー無垢里 ( 9 ) タグの人気記事


2014年 01月 17日

重版決定! 多謝!!

f0160063_1513024.jpg

昨年秋に出した拙著『旅する東京ディズニーシー』の重版が決定しました。

Amazonでは1週間以上も在庫切れが続いていたので、ヤキモキしていたのですが、
きのう版元の講談社より連絡がありました。これでひとまず安心です。
来月には増刷分が入荷すると思われます。

この本はブログを見てくれている方たちやFB友だちにもいろいろ応援をいただいたので、感謝の気持ちでいっぱいです。

本を作る者にとって「重版決定!」という言葉ほど、嬉しいものはありません。
ありがとうございました。
これからも長く愛される本をコツコツと編んでいきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

さて、他にもいくつかお知らせがあります。

実は『旅する東京ディズニーシー』の出版に合わせて、富士フイルムとのタイアップでフォトコンテストが行なわれます。
テーマは「私のお気に入り! 東京ディズニーリゾート」。
風景やキャラクター、植物など、撮影対象はディズニーリゾートにあるものならなんでも構いません。あなたの心に残るパークシーンを応募してください。
もちろん、最近の写真じゃなくてもOKです。
富士フイルムの写真総合サイト『Fotonoma』には、すでにたくさんの応募が寄せられていて見ていて楽しいです。
しめきりは今月の29日(水)。詳しくはコチラ
たくさんの応募をお待ちしています。
入賞作品の発表は3月22日発売の「月間ディズニーファン5月号」です。

もうひとつ。
毎年恒例となっている「オサル食堂」ですが、
今年は1月25日(土)と26日(日)の開催です。
去年は折角来ていただいたのに、時間によってはお待たせすることになってしまったので、今年は予約制にさせていただくことにしました。
f0160063_1542919.jpg

今回、お出しするのは我が家のお昼の定番「きつねカレーどんぶり」です。
ボクがいうのもなんですが、おいしいです。
牛すじ大根と白菜のお漬物も付きます。
おデザはオサル印のどら焼きに一保堂の煎り番茶でお楽しみください。
f0160063_1543223.jpg

すでにたくさんのご予約を戴いているようですが、時間帯によってはまだまだ席に余裕があります。
この日のために作っていただいた須田二郎さんの木のどんぶりもいい感じです。
どうぞ代官山のギャラリー無垢里にあったまりに来てください。お待ちしています。
予約・問い合わせはコチラ
[PR]

by novou | 2014-01-17 15:17 | 番外編
2012年 06月 24日

盆栽ワークショップ

2012/06/24(日)
くもり/25℃

きのうは「ぎゃらりー無垢里」で、佐伯和恵さんの盆栽ワークショップに参加しました。

f0160063_8231341.jpg



f0160063_8231785.jpg


これまでミニ盆栽をずいぶん枯らしているので、植替えや施肥の方法など、とても勉強になりました。

で、完成品がこちら。

f0160063_8231889.jpg


ナツハゼです。鉢は出口絵衣子さんの作。

ワークショップは月曜もやっているので興味のある方は、ぜひどうぞ。
お茶と最中も出ます(^O^)。
[PR]

by novou | 2012-06-24 08:24 | 日々の暮らし
2012年 03月 06日

『魔法のびん詰め』重版 御礼

2012/03/06(火)
曇りのち晴れ/15℃

先週の金曜日に『魔法のびん詰め』の重版が決まりました。
発売してから5日もたたないうちに、重版がかかるって凄いことです。
ボクの編集人生の中でも、はじめてのことでした。


この日、オサルさんは嬉しくて、夜中の3時まで眠れませんでしたw。


たくさんの友だちが応援してくれました。
本を買ってくれただけでもありがたいのに、FBで広めてくれたり、ブログで宣伝してくれました。
snsはすごいです。


オサルさんの幼なじみの杉本彩ちゃんは、自身のブログで心のこもった紹介文を書いてくれました。
それを知った時のオサルさんは、ウルウルでした。


Amazonでポチッとしてくれた人、書店を何軒も回って本を探してくれた人、ホントに感謝です。


耕作ちゃん、YUKI姉さん、理恵姉さん、須田さん、大江さん、伊東さん、長沢さん、萩原さん、JIROさん、一央里さん、MIKAさん、増ちゃん…ありがとうございます。


角田さん、山口さん、岡田さんはじめ、京都のみなさんも、ありがとうございます。本人になり代わり、お礼を申し上げます。
持つべきものは、友だちです。


本のあとがきに、オサルさんはこう書きました。


「びん詰め作りは手間のかかるものもあるので、ときには‘面倒くさいなあ’と思うこともあります。
でも、そこで手を抜いた瞬間に、おいしさだけでなく、しあわせも逃げていくような気がするのです…」と。


本作りも同じです。
手を抜かず、時間をかけて編んでゆく…。
そうすれば、その思いは、かならず誰かに届くのだと思うのです。


みなさん、本当にありがとうございました。



最後に告知をひとつ。


3月11日(日)にオサルさんが代官山のギャラリー無垢里で1日だけの『オサル食堂』を開店するそうです。


詳しくはコチラ…です。


どうぞ、『オサル食堂』もよろしくお願いいたします。



f0160063_223028100.jpg
                                                        オサルさん近影w。
[PR]

by novou | 2012-03-06 22:35 | 番外編
2012年 01月 23日

オサル食堂 完売御礼!

2012/01/23(月)
曇りのち雨/8℃

きのうの6時をもちまして「オサル食堂」、無事終了する事ができました。
ありがとうございました。

たくさんのお客さまにいらしていただき、オサルさんも感激でいっぱいです。

ただ、きのうは予想以上のお客さまで、3時頃にはスープが売り切れてしまい、
折角いらしていただいたのに、召し上がっていただけなかったお客さまも
多数いらしたようです。たいへん申し訳なく思っています。ごめんなさい。


昨晩、オサルさんの作ったチャイを飲みながら、
2人で3日間のことを反すうしました。
たいへんな3日間でしたが、楽しく充実した時間でした。

オサルさんは深夜にパンだねを仕込み、朝6時に起きてパンを焼き、
スープを仕込みました。びん詰めのラベルは手書きで1枚1枚貼りました。

時には「面倒くさいなぁ」と思うこともありました。
でも、オサルさんは手を抜きませんでした。
手を抜いた瞬間に、おいしさだけでなく、しあわせも逃げていくような気がしたのです。
だから、オサルさんはお客さまのしあわせそうな笑顔を頭に思い浮べながら、
もくもくと手を動かしたのです。

その甲斐あってか、たくさんのお客さまに「おいしい」の声をいただいたようです。
オサルさんは有頂天です。
そして機会があったら、またやりたいみたいです。
猿も木から落ちなきゃいいんだけど…。
果たしてどうなることやら…。
ボクはそばでずっと見守っていきます(^_^)。

f0160063_14561646.jpg

          3日間、本当にありがとうございました。
[PR]

by novou | 2012-01-23 14:58 | 番外編
2011年 01月 24日

「オサル食堂」完売御礼

2011/01/24(月)
曇り時々晴れ/9℃

f0160063_10371435.jpg
きのうの7時をもちまして「オサル食堂」、無事終了する事ができました。
ありがとうございました。

お陰さまでスープもパンもマドレーヌも完売でした。
須田さんの木のボウルやスプーンもたくさん買っていただきました。

兵庫や京都や三重から、わざわざ足を運んでいただいた方もいらっしゃいました。
ブログを見て下さっているみなさまには、チチハハの体調を気づかって下さる方もいて、
ずいぶんと励まされました。
差し入れもたくさんいただき、嬉しいやら申し訳ないやら…。

3日間という短い期間でしたが、たくさんの出会いがありました。
人と人とのつながりを感じた3日間でした。
人の優しさを感じた3日間でした。

オサルさんは感激でいっぱいみたいです。

ボクはオサルさんが料理をしているのを見るのが好きです。
楽しそうだし、幸せそうです。

今回は「スパイスの香り豊かなスープ」がテーマでしたが、
ボクは気がつきました。

いちばんのスパイスはスープに込められた「願い」です。
オサルさんは「おいしくなりますように」とか、
「元気になりますように」とか「心も温まりますように」と、
スープに願いを込めて作るのです。
それはまるで呪文のようです。
それがきっとオサルさんの魔法のスパイスなんです。

オサルさんは機会があったら、またやりたいみたいです。
猿も木から落ちなきゃいいんだけど…。果たしてどうなることやら…。
ボクはそばでずっと見守っていきます(^_^)。

3日間、本当にありがとうございました。
[PR]

by novou | 2011-01-24 10:40 | 番外編
2011年 01月 21日

オサル食堂 本日開店!

2011/01/21(金)
晴れ時々曇り/8℃

f0160063_10225016.jpg
来る日も来る日も、パンを捏ねました。
ピクルスを漬け、マドレーヌも焼きました。
スープもいろいろ試しました。

それを須田さんの木の器によそいます。
小さな小さな御馳走です。

須田さんは木の器が日本中の食卓にのぼる時、森も蘇ると信じています。
オサルさんは温かなスープで、その夢を繋げたいと願っています。
2人の思いがたくさんの人に届きますように…。
f0160063_10195025.jpg
「オサル食堂」、本日1時開店です。場所は代官山の「ギャラリー無垢里」です。
[PR]

by novou | 2011-01-21 07:05 | 番外編
2010年 04月 06日

4月のベランダ

2010/04/06(火)
晴れのち曇り/20℃
f0160063_7401443.jpg
f0160063_7403711.jpg
f0160063_7404995.jpg

ミヤマオダマキが咲いている。
f0160063_7412023.jpg
漢字で書けば「深山苧環」。
つまり、深い山の奥に咲く、糸車のような花ということだ。

このミヤマオダマキ、2年前に代官山のギャラリー無垢里の庭からタネをいただいて、実生から育てた。

我が家には園芸種のセイヨウオダマキもあるのだが、こちらの方が花の色も淡く品がある。

無垢里のオカちゃんありがとう。やっと咲きました。(^0^)
[PR]

by novou | 2010-04-06 07:42 | ベランダ歳時記
2009年 01月 25日

夾竹桃の鞘が弾けた

2009/01/25(日)
晴れ/11℃

f0160063_1846312.jpg代官山のギャラリー無垢里で
須田さんのワークショップに
参加しました。


スチルトンチーズが
入っていた陶器の壺(?)と
水差しの蓋を作りました。

オクさんは今回で4回目の参加なので
旋盤にも慣れて、
ずいぶん上手になりました。

(写真のオレンジの
パーカーが須田さん)




f0160063_18471486.jpg
詳しくはコチラ

















f0160063_18481481.jpg午後、ベランダに出て見ると
夾竹桃の鞘が弾けていました。
綿毛つきのタネが太陽に照らされ、
キラキラ輝く様はなんともきれいです。
鞘をつけたのが去年の8月ですから、
弾けるまで半年もかかっています。

wikiによると
「日本では適切な花粉媒介者がいなかったり挿し木で繁殖したクローンばかりということもあって受粉に成功して果実が実ることはあまりない」とのこと。

このあたりの公園にも
夾竹桃はたくさん植えられていますが、
鞘やタネを見るのははじめて…。
ちょっとうれしい発見でした。





f0160063_18485281.jpg●今日の昼ごはん

自家製のマーラーカオと
ぶどうパン&カフェオレ
[PR]

by novou | 2009-01-25 18:52 | ベランダ歳時記
2009年 01月 16日

須田二郎さんのパスタフォーク

2009/01/16(金)
晴れ/9℃

f0160063_15401860.jpg2年ほど前から木工作家の須田二郎さんが作るパスタフォークを使っている。
金属のフォークと違って、口当たりが優しいし、クルクル回すとパスタが滑らずに、ちょうどひと口分だけ絡みつく。しかもカチャカチャと音がしないのがいい。
このフォーク、3本歯と4本歯があって、3本歯はパスタの絡まる量が少ないおちょぼ口用、4本歯は大口用…。ってなわけで、わが家ではオクさんが3本歯、ボクが4本歯を愛用している。かなり使い込んで艶がなくなってきたので、そろそろオリーブオイルを塗って手入れしてあげなきゃね…。

1月23日からギャラリー無垢里で「木のうつわを食卓へ」という須田さんの作品展が始まります。興味のある方はどうぞ!



f0160063_154141.jpg●今日の昼ごはん

きのこと明太子のパスタ
[PR]

by novou | 2009-01-16 15:44 | 日々の暮らし