東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ネジバナ ( 3 ) タグの人気記事


2017年 06月 27日

ネジバナ

きょうも小雨の中ベランダを見回った。

きのうの美しいキノコは、今朝、跡形すらもなくなっていた。

まったくもってキノコは不思議だ。


今朝、目に付いたのはネジバナ。

今年はあちこちの鉢からニョキニョキと顔をのぞかせている。


f0160063_07191945.jpg


ネジバナはラン科の植物だ。

小さい花だから肉眼ではわかりづらいが、

カメラにマクロレンズを付けて覗くと、

ラン科の特徴である美しい唇弁(リップ)があるのがよくわかる。


f0160063_07192772.jpg

ネジバナは花茎の周りに螺旋状に並んで咲く「ねじれた花序」が名前の由来。

このことから、地方によっては「ネジリバナ」「ネジレバナ」「モジズリ」などと呼ばれることもあるようだ。


不思議なのはネジバナの捻じれ方だ。

右巻き、左巻きの個体が1対1の割合で存在し、

たまに捻じれのないまっすぐな個体もあるという。

その場合はネジバナと呼んでもいいのだろうか?


ネジバナも全くもって不思議な植物だ。


f0160063_07193283.jpg



[PR]

by novou | 2017-06-27 07:22 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 23日

ネジバナくん

朝、ベランダパトロールをしていたら、オリズルランの鉢でピンク色した小さな花が咲いていた。ネジバナだ。
ラン科の多年草でコヨリのように捩れて咲くことから、モジズリと呼ばれることもある。
この花、我が家で咲くのは実に5年ぶりだ。
f0160063_9513143.jpg

はじめて咲いたのは’08年のちょうど今ごろ。
鳥が種を運んできたのだろうか、ツルニチニチソウの鉢から螺旋階段のような花穂をひょろりと伸ばしてピンクの花を細々と咲かせていた。
見つけたときは嬉しくて「ネジバナくん」と君付けで呼んでいたっけ(^_^)v。(コチラ)
その後、とんとお見かけしなくなったけど、ことしはまた野鳥が種を運んでくれたみたい。

芝生に点々と咲くことが多く、世間では雑草扱いなのだが、ラン科の植物だけあって咲きっぷりは可憐。
しかも、個体によって捩れ方は右巻きもあれば左巻きもある。不思議だ。
愛すべき野の花である。
[PR]

by novou | 2013-06-23 10:00 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(1)
2008年 06月 26日

君はもしかしてネジバナくん?

2008/06/26(木)
キミはだあれ? その2

f0160063_16124729.jpgよくよく見るとカトレヤの花に似ているし、
さっきは気付かなかったけど
螺旋形に花を付けている。

キミはもしかしてネジバナくん?

どれどれ…ちょっと待ってね。
ボクの尊敬する柳宗民先生の「雑草ノオト」で調べてみるね。
あっ、ありました。146ページ。
やっぱりネジバナくんだ。

カトレヤに似ていると思ったら、
やっぱりラン科の植物だったんだね。
カトレヤは洋蘭の女王といわれるけど、
キミは雑草扱いか…。
でもさ、ボクはきれいだと思うよ。
愛すべき花のひとつだよ。
来年も再来年もずっとずっと、
このベランダで花を咲かして、楽しませておくれ。
[PR]

by novou | 2008-06-26 16:17 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)