東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:プルメリア ( 6 ) タグの人気記事


2017年 07月 11日

7月のベランダ

f0160063_08455457.jpg

きのうは一日中ベランダにいた。

根詰まりしていたノリウツギやトクサ、紫陽花を植え替え、

つるバラやグミの木を剪定し、

ミモザやジャクリーヌ・デュ・プレについたカイガラムシを退治した。

そしてレイアウトを少し変えた。

f0160063_08461305.jpg

ベランダは夕方4時を回ると日陰になって涼しくなる。

ここは標高が高く、尾根のような地形なので風もよく通る。

水まきをし、庭掃除を済ませ、簀の子の上を素足で歩いた。

気持ちいい。庭仕事の後のささやかな楽しみ…。


f0160063_08463819.jpg

そういえば一昨日、蝉の初鳴きを聞いた。

ベランダではプルメリアやデュランタが咲いている。

寿司屋では新子が出はじめた。

これを食べたらボクの夏は始まる(笑)。


f0160063_08470248.jpg
f0160063_08470820.jpg
f0160063_08471224.jpg
f0160063_08471625.jpg
f0160063_08472264.jpg
f0160063_08472752.jpg
f0160063_08473390.jpg
f0160063_08473777.jpg




[PR]

by novou | 2017-07-11 08:50 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 11日

夜明けのベランダ

f0160063_1044579.jpg
f0160063_10445912.jpg
f0160063_1045811.jpg
f0160063_1045241.jpg
f0160063_10452942.jpg
f0160063_1048299.jpg


夜明け前に目が醒めた。
いつものように庇に登って街を見下ろす。
4時20分、街がぶどう色に染まっている。
蝉たちが鳴きはじめるのは、あと1時間ほどしてからだ。

ベランダではデュランタや琉球アサガオが涼しげに咲き、
プルメリアが甘い香りを漂わせている。
きょうもボクは、静かで官能的な夜明けを独り占めにする。
[PR]

by novou | 2016-08-11 10:48 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(1)
2016年 07月 23日

梅雨はまだ明けないの?

f0160063_8585285.jpg
f0160063_8585412.jpg
f0160063_8585671.jpg

東京はこのところ肌寒い日々が続いています。
きのうは二十四節気の大暑だったのに、最高気温は22,9℃。
平年よりも7℃も低かったのです。
関東はいつもの年なら大暑の頃に梅雨が明けるのですが、
今年は少々遅れそうな気配です。

ベランダではいまプルメリアやハイビスカス、ムクゲといった真夏の花が開花中ですが、
この気温と日照時間では夏気分もイマイチ盛り上がりません。
真っ青な空に向かって咲く姿をはやく見たいものです。
[PR]

by novou | 2016-07-23 09:00 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 20日

6月のベランダ

f0160063_11131176.jpg

ひと雨ごとに生長をみせる6月の植物たち。
バラは奔放にシュートを延ばし、
トマトの背丈はあっという間にボクの身長を越えた。

熱帯を原産地とするプルメリアやトケイソウがハデな原色の花を咲かせ、
蝶や蜂が蜜を求めてやってくる。

湿気を含む澱んだ空気の中にクチナシが香る、そんな6月のベランダ。
f0160063_11131722.jpg
                    (プルメリア)
f0160063_11131623.jpg
f0160063_11132244.jpg
                    (熱帯時計草‘オリエンタル・サンセット’)
f0160063_11162197.jpg
                    (バラ‘コレッタ’)
f0160063_11132651.jpg
                    (イエローアイコ)
[PR]

by novou | 2015-06-20 11:18 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 07日

9月のプルメリア

2012/09/07(金)
くもり時々はれ/32℃

遅ればせながらプルメリアの花が咲きはじめた。

去年の7月にニコタマのガーデンアイランドで、美しく咲いているこの花をみつけて、連れて帰ろうとしたのだが、値段をみてビックリ。
「う〜む!」と唸って諦めたのだ。

それから2ヵ月ほど経って、またガーデンアイランドに行ったら、
売れ残りのプルメリアが3分の1以下の値段になって売られていた。
買いだ、と思った。
ただし、花はもう終わっている。

店員さんに「これは何色の花が咲きますかねぇ?」と聞いても、
「さぁ? 判りませんねぇ」と、にべもない返事。

白系の花なら欲しいけど、赤やピンクだったら欲しくなかった。
売れ残りは4鉢あった。

プルメリアは葉の裏の葉脈が赤っぽかったら花は赤、白っぽかったら花は白、といわれている。

でも、どれも赤いといわれれば赤いし、白いといわれれば白い。
ビミョーなのだ。するってえと、みんなピンクってことかい?
ままよと、4鉢の中から葉脈がいちばん白っぽく、元気そうなヤツをひとつ選んだ。
ギャンブルであった。

で、あれから1年。

プルメリアは早ければ6月頃から咲きはじめるが、ウチのは7月が過ぎても、8月が過ぎても咲かなかった。

もう、赤でもピンクでもいいから、とにかく咲いてくれよと願った。

そしたら、9月になって、にわかに花茎が伸びはじめ、ツボミが付いて、今朝、めでたく咲いたのである。\(-O-)/ しかも白! 嬉しかった。

f0160063_11285345.jpg


品種はわからないが、どうやらディズニーランドのスイスファミリーツリーハウスで咲いているものと、同じようだ。(コチラ

香りもなんだか南国風で、ココナッツのような甘い匂いだ。

大きくなってたくさん花を咲かせるようになったら、レイを作って、オサルさんにかけてあげたい。

そうだ! ハイビスカスも髪に飾って写真を撮りたいぞ (^O^)!
[PR]

by novou | 2012-09-07 11:30 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(2)
2011年 09月 14日

ワニやらトラやら…。

2011/09/14(水)
晴れ/32℃

久々に園芸店に行ったら、見ごろを終えた鉢植えが特価で売られていたので、
おもわず買ってしまった。

新しくベランダの仲間に加わったものは、5種類。
まず、こちらはプルメリア。
f0160063_9551781.jpg
前から育ててみたかったんだけど、花の咲いている時期は7000円もしたので、手が出なかった。プルメリアは冬越しが難しいので、枯らしてしまうリスクも高いしね。
でも、花の終わったものは2100円と、まさにチャレンジ価格だw。
ただ、店の人に聞いたら、花色が分らないという。
プルメリアは葉の裏の葉脈が赤っぽかったら花は赤、白っぽかったら花は白といわれているらしいけど、コイツはビミョー。とすると、ピンクってことか?
とにかく来年のお楽しみである。

f0160063_9562233.jpg
こちらはクロコディルス。クロコダイル・ファーンの商品名で出回っていることもあるオランダから導入されたウラボシ科のシダですね。葉の模様がワニ革に似てるでしょ。
f0160063_9554951.jpg
ちょっとグロいのと、商品タグのかわいらしさに惹かれてしまいました。

f0160063_9565755.jpg
こちらは虎斑アナナス。
パイナップル科インコアナナス属の常緑多年草で、南アメリカのベネズエラからカリブ諸島に分布しています。葉は青緑色で黒紫色の虎斑模様があります。
花苞は槍状で鮮やかな朱赤色。苞の間から黄色い花を咲かせます。
なんと450円でした。

こちらはホトトギス。
f0160063_9572749.jpg

鳥の名前がそのまま付けられている唯一の植物です。
花びらの模様(斑点)とホトトギスの胸毛が似ている事から、名付けられたようですね。こちらは日本原産の植物です。

そして最後はカラジューム。
f0160063_9573640.jpg
しばらくすると葉を落として休眠するので150円でした。
熱帯アメリカ原産のサトイモ科の植物です。

ホトトギス以外は、み〜んな室内で冬越しさせなきゃならないのに、どうすんだ…。
[PR]

by novou | 2011-09-14 09:59 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)