「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ベランダごはん ( 18 ) タグの人気記事


2015年 10月 05日

トゲナシウチワサボテンとバーバンク

先日、義母や友だちからクリや落花生が宅急便で送られてきた。

その中に、怪しい茶封筒がひとつ。触るとなんだかゴツゴツしている。

何だろうと思って開封してみると、ウチワサボテンが4枚入っていた。

f0160063_17140192.jpg
送り主はただいま入稿中の本の編集さんだった。

実は原稿に「ウチワサボテンは食用となるサボテンの代表的なものとして知られ、

日本でもステーキサボテンなどの商品名で売られている」と書いたら、

「?」が10個くらいの怪訝な顔をされたのだ。


で、編集さんは本当かどうかを確認するため、

わざわざ「ステーキサボテン」をネットで検索して、

実際に買ってみた、ということらしい。

そして、その一部がわが家に送られてきたのである。


一筆戔には「とりあえず生で齧ってみたところ、

さわやかでネバネバしたキュウリのような食感で、

意外にもちゃんと美味な野菜(?)でした」と書いてある。


そもそも、ステーキサボテンとはアメリカの育種家ルーサー・バーバンクが、

食用に品種改良したサボテンのことで、

正式にはOpuntia ficus-indicaBurbank Spineless’という。


このルーサー・バーバンクなる人物をご存じの方は、あまりいないと思うが、

アメリカでは植物界の発明王と呼ばれ、

エジソンやフォードと同じくらいに有名なようだ。


ちなみに、バーバンクが品種改良して世に送りだした植物は3000種以上。

なかでも「ラセット・バーバンク」という品種のジャガイモは、

今でもアメリカでNO1の生産量を誇っている。


大人の握り拳ふたつ分くらいの大きさがあり、

でこぼこが少なくて、厨房や工場で扱いやすいこのジャガイモは、

日本では環境の違いから収量が得られず生産していないけど、

実はマックにいくと食べることができる。


マックはラセット・バーバンクを原料としたフライドポテトを、

アメリカから冷凍で輸入しているからだ。

マックのフライドポテトがおそろしく長いのは、

マッシュして作っているんじゃなくて、

でかいジャガイモを原料としているからなのだ。


さぁて、ずいぶんと話が横道にそれた。

本題に戻ろう。トゲナシウチワサボテンのことである。


いただいた4枚のうち、1枚はステーキで、1枚はサイの目に切ってサラダで、

残りの2枚は食べてしまうのが忍びないので、挿し木にした。

f0160063_17140115.jpg
f0160063_17140191.jpg
で、お味の方は酸味やネバネバがあって、

おもっていたよりもずっと美味だった。

とくにハラぺーニョを加えたサルサソースでサラダにすると、

カーッときて汗が噴きだし、いっきにメキシコにワープできる感じだ。

サボテンステーキもこのサラダと一緒に食べると、うんまいです。

f0160063_17140158.jpg
挿し木にした2枚が大きくなったら、

ベランダでサボテンパーティーやりまひょか !?



[PR]

by novou | 2015-10-05 17:39 | 番外編
2012年 06月 03日

今週のハイライト

2012/06/03(日)
くもり/22℃

月曜日
hontoランキングをみるとオサルさんの『魔法のびん詰め』がNo.1にランキングされていました。
「基本の料理・節約レシピ」というせま〜いカテゴリーではありますが、オサルさんは大喜びでした。
なんたってオサルさんの人生最初のNo.1ですからね。(ボクにとって、オサルさんはいつでもNo.1だけどね。ナ〜ンチッテ…照)。
ちなみに料理レシピ全体では9位(6/3現在)。
応援していただいたみなさまのおかげです。
ありがとうございました。これからもよろしくです(^O^)。


火曜日
56歳になりました。
ジジイの階段をまた一歩のぼってしまいましたが、気持ち的には28歳ぐらいの感じです。
厚かましくてスイマセン(^O^)。
これからの人生は好きなことやって、この唄のようにご機嫌さんで「イェイ イェイ イェイエエ〜♬」で生きていこうと思います。
そういえばウチのオヤジは55歳で定年になって、そのあとは園芸三昧で、ご近所に‘花咲かじいさん’といわれて暮らしていました。血は争えないもんです。

夜、オサルさんとご近所の「オステリア ダ バッボ」で誕生日ディナー。
前菜からフォアグラ食べて、パスタはサマートリュフのタリアテッレ、メインはステーキ。まだまだ、育ち盛り(^O^)。ご機嫌な夜でした。
f0160063_23303649.jpg

f0160063_23305591.jpg
f0160063_2331371.jpg
f0160063_2331145.jpg
f0160063_013260.jpg



水曜日
K談社で次の本の打ち合わせ。
会社のそばのイタリアンで、おいしいランチをいただきました。
ごっつぁんです。


木曜日
誕生日ディナーに食べたフォアグラがおいしかったので、バッボにリピート。
火曜日の倍の量のフォアグラを食べて大満足! サマートリュフのタリアテッレもパスタが見えなくなるくらいシュッシュと削っていただいて、大サービスでした。ごっつぁんです。


土曜日
代々木公園のeco life fairをのぞいてきました。
面白かったのは太陽の光で料理が作れるパラボラ型のソーラークッカー。
写真の薬罐なら10分でお湯が沸くそうです。
f0160063_644010.jpg

また、赤外線加熱なので、表面を焦がさずに、中まで火(熱)が通ります。
ただし、太陽の動きに合わせて15分に1回、パラボラを動かさなければならないのがちょっと難。
でも、キャンプや小学校のイベントに使えば面白いかも…。
4時から野外ステージでハーベスト・ガーデンのライブ。
福岡出身の藤原聡子のヴォーカルはイイネ×5。

夜はオクさんが青山ファーマーズマーケットでみつけてきたツタンカーメン豆やベビーコーンでベランダごはん。
f0160063_2334086.jpg
f0160063_235583.jpg

f0160063_23334352.jpg
f0160063_23335128.jpg
f0160063_23341297.jpg

ツタンカーメン豆はエジプトで発掘された豆を植えたら発芽したエンドウ豆のことだそうです。パンチェッタとリゾットにしたらウマウマッハでした。


日曜日
朝、色づいたグミの実を収穫しました。
f0160063_23351763.jpg
f0160063_23352120.jpg
f0160063_23353024.jpg

ことしは寒かったせいか、例年に比べて収量が少ないみたい。でも、ジャムならひと瓶は作れそう。ビワも熟してきたので味見してみました。甘くて、濃厚でぜんぜん水っぽくありません。ほんとにおいしいっす。
屋上にはすでにカラスが盗み食いしたビワのタネが3つほど転がっていました。( ̄^ ̄)凸。


f0160063_23353336.jpg
今夜は14番目の月。ニッポンがオマーンに勝ちました。いい夜です。来週もご機嫌さんでいきましょう!
[PR]

by novou | 2012-06-03 23:40 | 日々の暮らし
2011年 11月 05日

スタッフドチキンとイサキのアクアパッツァ

2011/11/05(土)
曇りのち雨/22℃
f0160063_20241247.jpg
風もなく穏やかな夜。

炭を熾して、
f0160063_20243537.jpg


ダッジオーブンをグリルに載せる。
f0160063_20244295.jpg


待つこと45分。スタッフドチキンの完成。
f0160063_202608.jpg


イサキのアクアパッツァも完成。
f0160063_20253987.jpg


ランタンをビオトープにおいて、夜のベランダを撮影してみる。
f0160063_2027284.jpg



ヤモリがサルビアの横でピクリと動いた。
[PR]

by novou | 2011-11-05 20:30 | ベランダごはん
2011年 10月 11日

サンマのパエリア

2011/10/11(火)
晴れ時々曇り/24℃

f0160063_3411875.jpg
連休最後の夜もベランダで遊んだ。ボクたちの生活の中で、ベランダで過ごすことは、特別なことじゃなくて、普通のことだ。春や秋の天気がいい日は、家の中に居るより、ベランダで過ごす時間の方が長いぐらいだ。

植物の手入れをしたり、お茶をしたり、本を読んだり、ごはんを食べたり…。

ベランダにはストーブがわりのスモーカーやランタンが出しっぱなしだし、ハンモックを吊れば、昼寝だってできる。

炭もすぐに熾せる。

灯油は遠くのガソリンスタンドまで、クルマにポリタンクを積んで買いに行かなければいけないけど、炭は恵比寿にある炭屋さんが、備長炭でも薪でも、電話1本で配達してくれる。東京には焼き鳥屋さんや薪窯で焼いたピザを食べさせる店が多いので、炭屋さんはとても繁盛しているようだ。

ベランダで食べるごはんは、楽しくておいしい。
それは二人で一緒に作るからだ。
ボクは炭を熾し、ランタンにホワイトガソリンを入れてポンピングする。
その間、オクさんは料理の下ごしらえ。
焼いたり炒めたりの調理は、二人の共同作業だ。

f0160063_3415157.jpg
そして、なにより大切なのは、火を囲むということ。
キャンプファイヤーと同じで、火を囲むことは、絆を深めることだ。
炭がはぜる音に耳を傾け、におい、ゆれる炎、煙の流れを楽しんでいると、
やがて気持ちもほぐれて、心は和み、優しい気持ちになれるのだ。

さて、連休最後の夜は、サンマのパエリアだった。
先日のパエリアがあまりにもおいしかったので、ボクがリクエストした。
f0160063_3421572.jpg
f0160063_3424772.jpg
f0160063_343207.jpg
アサリやきのこのおだしを吸ったごはんに、サンマのワタの苦みが絡んで、おとなのお味。たまらんうまさです。
f0160063_3434094.jpg
一緒に作ったきのこのスープもバカウマでした。

おいしかったです。ごちそうさまでした。
[PR]

by novou | 2011-10-11 03:47 | ベランダごはん
2011年 10月 10日

スタッフドチキン

2011/10/10(月)
曇りのち晴れ/25℃

きのうもベランダごはんだった。
もうキャンプでもしている気分だ。

ちょっと寒かったので、ダウンを着込み、ブッシュハットをかぶる。
ヘッドライトも装着した。
アウトドア気分を盛り上げるには、スタイルから入るのが肝要だw。

f0160063_1294329.jpg
きのうはダッジオーブンをベランダに持ち出した。
スッタッフドチキンを作ったのだ。
アウトドア料理といえば、やっぱこれでしょ。
とはいっても、丸鶏を用意していなかったので、大きめの鶏胸肉に栗や舞茸を包んで、
タコ糸で縛った。
これを付け合わせのジャガイモと一緒に、蒸し焼きにするのだ。
f0160063_1295886.jpg
火にかけてしばらくすると、ダッジオーブンからジュッ、ジュッといい音がしてくる。
食材の水分が水蒸気となって鍋蓋につき、それが一定の周期で鍋底に滴るのだ。
なんともうまそうな音だ。

この音を聞き、うまそうな匂いを嗅ぎながら、ワインを飲んで出来上がりを待つ。
これがアウトドア料理の醍醐味だ。

f0160063_12101961.jpg
ホラ、いい感じに焼けたでしょ。
f0160063_12111077.jpg
うまかったです。ごちそうさまでした。
[PR]

by novou | 2011-10-10 12:13 | ベランダごはん
2011年 10月 08日

ベランダ・デ・パエリア

2011/10/08(土)
晴れ時々曇り/23℃

「晩ごはん、なんにしようか?」とオクさん。
「そーだなぁ、ずぅ〜っと食べてないものがいいなぁ」とボク。
「ずぅ〜っとって、どのくらい?」
「5年以上かな…」
「たとえば、なによ?」
「うーん…、クリームシチューとか石狩鍋とかパエリアとかさ…」
「そんじゃ、パエリアにしよっか」
「おお〜っ、5年どころか10年ぶりくらいだね」
「ベランダでやらない?」
「賛成〜っ!!」

ってなわけで、渋谷の魚耕に買い出しに行って、
f0160063_20473456.jpg
今夜はベランダでパエリア、なのです。
f0160063_20475820.jpg
さて、①アサリやムール貝やヤリイカを炒め、

f0160063_20481092.jpg
②野菜やきのこを炒め、

f0160063_20482560.jpg
③タマネギとドライトマトとお米も炒め、

③にスープを加えたら、①と②を加えて、じっくりと火を通します。
f0160063_20484843.jpg
ごはんに具材で蓋をするようにするのが、おいしく作るコツです。

そして、スープがなくなって、香ばしい匂いがしてきたら、パエリアのできあがり。

f0160063_20492090.jpg
他にもソパ・デ・アフォ(スペインのニンニクスープ)や、アスパラとヤリイカのレモンコンフィ炒めも作ります。

ごはんにアサリやきのこのおだしがしみ込んで、うんまいですねぇ。
f0160063_20495130.jpg
なんで、こんなに簡単でおいしいものを、10年以上も作らなかったんだろう…。

なんか、人生ちょっと損した気分になるほど、おいしかったです。
二人でペロリ、でした。


ごちそうさまでした。
[PR]

by novou | 2011-10-08 20:52 | ベランダごはん
2011年 10月 06日

秋の味覚

2011/10/06(木)
晴れ時々曇り/26℃

f0160063_20283244.jpg

風もなく、穏やかな夜です。
絶好のベランダ日和です。
f0160063_2030057.jpg

f0160063_20285160.jpg
ってなわけで、炭を熾して、きのこを焼きました。
f0160063_2029137.jpg
f0160063_20292175.jpg
なめたけと大根が入った鍋もグツグツいってます。
f0160063_20293555.jpg
〆は今朝がた、京都から送られてきた栗で栗ごはん。

f0160063_20315376.jpg
いい夜です。

秋の味覚を満喫しました。
ごちそうさまでした。
[PR]

by novou | 2011-10-06 20:33 | ベランダごはん
2011年 09月 19日

ベランダごはん

2011/09/19(月)
くもりのち一時雨/31℃

ただいまベランダの気温は22℃。
今夜は風もあって、涼しいですね。
あいにく曇り空でお月さんは見えませんが、気持ちのよい夜です。

連休最後の夜はベランダごはんです。
実はきのうもご近所のノビーのベランダでBBQでした。

この季節は毎日BBQでもいいぐらい (^o^)!

今日は先日メンテした鋳鉄のバーベキューグリルで、サーモンとお肉を焼きますw。
f0160063_1954407.jpg
付け合わせはペコロス、エリンギ、ナガイモ、レンコン、それに、ニンニクのオイル焼きです。

ペコロスは皮のまま丸焼きにします。
f0160063_19501857.jpg

じっくり焼いて、皮を剥き、お塩でいただきます。
f0160063_19503371.jpg
甘くてたまらんおいしさです。主役を喰っちゃう存在感ですねぇ。うんまいです。

お肉は軽く塩胡椒して、わさび醤油で…。
f0160063_19494890.jpg
f0160063_1950631.jpg
(肝心の焼いているところを撮り忘れました(^_^;) )

デザートはシャービック。
f0160063_1951093.jpg
子どもの頃の夏のおやつは、フルーチェか、このシャービックでした。
40年ぶりくらいで食べました。うんまいです。



静かな、静かな夜です。
f0160063_2012769.jpg




夜のバラをロウソクの灯で撮ってみました。
f0160063_19493110.jpg
妖艶な美しさに惑わされそうです。


それでは、おやすみなさい。
[PR]

by novou | 2011-09-19 20:05 | ベランダごはん
2011年 08月 17日

ベランダごはん その1

2011/08/17(水)
晴れ時々くもり/33℃

昨晩は「たまには、おいしいステーキが食べたいゾ!!」とボクがいったもんで、
いそいそと馴染みの肉屋まで二人で買い出しに…。

ランプのおいしそうなところを2cmの厚さに切ってもらい、
家に帰って、早速、炭を熾した。

せっかく炭を熾すんだから、トウモロコシも食べたいし、粗びきウインナも食べたいし、焼き豚も薩摩揚げも、ニンニクと砂肝のオイル煮も食べた〜い、って事になり、それらも抜かりなく仕込んだ。(オクさんがね…)
f0160063_17265227.jpg
ついでに、「ナンも食べたいなぁ」といったら、オクさんはいつの間にか粉を捏ね、
炭が起こる頃には焼きあげていた。(デキた嫁である!)
f0160063_17262791.jpg
その焼き立てのナンがうまいのなんのって、あなた…、ウインナを挟んでもよし、焼き豚を挟んでもよしで、2枚ペロリと食べてしまったのでありました。
なんかもう、それで満腹って感じ…。

ビールも進み、缶チューハイもすすみ、
ボクはすっかり酔っぱらって、ソファにごろり。

「あんたぁ! あんなに高いステーキ買ったのに食べへんのぉ〜」
ベランダからオクさんの不満げな声。

「……む・む・無理っっ…」

てなわけで、今夜もベランダごはんの続きです。

きょうは真っ先にステーキを焼こうと思います(^o^)。

では、また後で…。
[PR]

by novou | 2011-08-17 17:33 | ベランダごはん
2011年 08月 17日

ベランダごはん その2

2011/08/17(水)
晴れ時々くもり/33℃

続きです。

でね、そんなわけで、今夜もベランダごはん、なのです。

きょうは飲み物にもちょっとこだわって、モヒートを作ります。

モヒートはダイキリと同様、ヘミングウェイが大好きだったカクテルですねぇ。

標準的なレシピは、潰したミントに砂糖を少々、ライムを搾り、ソーダとホワイトラムを注いで、できあがり。
f0160063_207237.jpg
ただ、我が家のモヒートはベランダで栽培している3種のミントを使った、
ちょっと贅沢な大人のモヒートです。
f0160063_2025264.jpg
まず、ミントを摘みます。
香りの上品なスペアミントをメインに、オレンジミント、ブラックミントを少々。
このへんはお好みで…。
f0160063_2081487.jpg

ただ、ミントはあまり潰すと苦みが出るので気をつけましょう。

あとはライムをちょっと多めにするくらいかな…。
f0160063_2083939.jpg
ちなみに、モヒートとは「魔法をかける」という意味もあるようです。
f0160063_2091592.jpg
f0160063_2010251.jpg
ラムのアルコール度数が強いので、爽やか〜なんていいながら、ぐびぐび飲むと、すぐに魔法にかかって眠くなります。

さあ、炭も熾ったので、酔っぱらう前にステーキを焼きましょう。
f0160063_20113137.jpg
と、その前に、前座のウルメイワシと薩摩揚げ…w。

このウルメイワシ、いただき物なのですが、豊後水道産の上物でめちゃ美味いです。
食べ出したら止まりません。

でも、モヒートにはあわないので、きょうはすぐにステーキを焼きました。
f0160063_20115967.jpg

肉屋で2フィンガーに切ってもらった300g超のランプです。
炭で焼く時はサシが入りすぎていると、脂が落ちて炎が上がり、真っ黒になってしまうので、赤身のランプやイチボがオススメです。
f0160063_20123246.jpg
前にも書きましたが、肉は焼き上がったら、まな板の上で少々寝かせます。
すぐにカットすると、せっかくの肉汁が逃げ出してしまいます。
寝かせることで、肉汁は繊維の中に戻っていくのです。

さて、きょうのステーキはわさび辛子醤油でいただきました。
いつもはわさび醤油なのですが、わさび辛子の方が酸味があっておいしいです。
f0160063_2013195.jpg
f0160063_20134224.jpg
肉を寝かしている間に、Novou特製のガーリックライスも作りました。ステーキと一緒にいただきます。

もう、満腹! 夏休みでボクが2kg、オクさんが3kg太りました。
来週からはふたりでダイエットします。
[PR]

by novou | 2011-08-17 16:59 | ベランダごはん